入口が立派になっていた
入口が立派になっていた

今回の旅ではバンコクでの滞在に余裕があったので、ひさびさにプラナコーンノーンレンに泊まってみた。

10ヶ月近くぶりだったのだが、ちょこちょこと改修を重ねていたみたいで、アップグレードされていた。屋上は気持ちよかったなあ。

ホアヒンからバンコクの戦勝記念塔に戻ってきて、そこからタクシーをつかまえてホテルまで。

ホテルの場所は分かりづらく、だいたいタクシーの運転手は迷うので、地図を印刷しておくなどしておいた方がいい。通りからはセブンイレブンのある路地に入っていくというのが目印になる。

共有エリアもかわいい。ここが一番好きな場所。
共有エリアもかわいい。ここが一番好きな場所。
冷蔵庫などは共有
冷蔵庫などは共有

予約については、ホテルのサイトから申込みをして、オンラインの決済システムで完了させるという流れ。

Paypalのアカウントが利用できたはず。

チェックインのときにどの部屋になるかっていう楽しみをもつこともできるけれど、事前にサイトなどで部屋をみて指定してみるのもいいかもしれない。

ホテルのサイトに細かい情報はあるので、チェックしてみて欲しい。

今回は308号室に滞在。カーテンがかわいい。
今回は308号室に滞在。カーテンがかわいい。
水回りはいまいち
水回りはいまいち

部屋の設備としては値段に比べるとかなりイマイチで、本当に泊まる人を選ぶホテルだなって思う。水回りは、お湯の出もいまいちだし、トイレも少し下水の匂いがしてくるし・・・。

そして、値段のわりに部屋が狭いのでスーツケースあけるのも一苦労。

それでも、毎回ここに泊まってよかったな感じるのは、とかわいい部屋のインテリアはもちろんのこと、ホテルのまわりの風景や、スタッフの優しさがあるからだなって思う。

前回の滞在から一番変わっていて、居心地がよかったのは屋上のバーがリノベーションされて、レストラン&バーになっていたこと。リストランテ風なところも作られていたけれど、やはりテラス席がおすすめ。

屋上のバーで眺める夕暮れ
屋上のバーで眺める夕暮れ

20140320-1819-55-714820140320-1801-44-7115Wat Intrarawihanの仏様をながめながら迎える夕暮れはきれいで、ここは何度でも来たいって思う。

タイ人のスタッフはテラスに入ってきたときと、帰るときにそれぞれ仏様に手をあわせている姿が印象的だった。

ここでのんびりやっていると夏休みだなあって感じになって、いつの間にか時間が夜に変わっている。

新たに加える注意点としては、屋上もそうだけど、とくに一階のカフェでは蚊が増えたなって思う。ちょっと朝食を食べたり、カフェでシェイク飲んでいる間にもバシバシ蚊にさされてしまった。虫除けスプレーは必携のアイテムだと思う。ものすごい刺されるので、これは本当につらい・・。

一階のカフェも気持ちいい場所なのだが、蚊が多い。
一階のカフェも気持ちいい場所なのだが、蚊が多い。

周囲の下町的な風景も含めて、とてもいいホテルだと思うので、バンコクに何度か来たっていう方にはおすすめのホテルです。

20140319-2145-20-6929

予約などはこちらから
プラナコーンノーンレン Phranakorn-Nornlen Boutique Hotel (โรงแรมพระนคร-นอนเล่น)
住所:46 Thewet soi 1, Phranakorn, Bangkhunprom, Krungkasem, Bangkok, Thailand

Related Post

シェムリアップ オールドマーケット散歩... こういうブラックジョークな光景がわりと好き いまじゃまったく信じられない話だが、シェムリアップで買い物といえば、2000年代初頭くらいまではオールドマーケット、ただ一択だった。 ここにある肉や野菜を屋台で食べ、スイーツを食べ、明日着る地雷柄のTシャツを買って・・といった具合。お土産物も...
ひさびさのワット ポー参拝をしてきた... 今回のタイ旅行はウドンタニ郊外の赤い睡蓮の海に行く以外はなにも考えていなかった。ホテルで本を読んでいるのも悪いアイディアではないとも考えていた。 しかし、そういえばバンコクでは最近は普通の観光地を全然みていないなと思い、改めて訪れてみることにした。 プラナコーン ノーンレンからはテーウェ...
バンコクホテル泊まり歩き旅 バンコクの醍醐味はグルメ、ショッピングとホテルライフじゃないかと思う。 ということで、今回のバンコク旅では少し長めの滞在だったのと、ひさびさにプラナコーン ノーンレンに泊まりたかったので、ちょっとホテルライフを楽しむべく泊まり歩いてみた。 泊まったのはドゥシット地区のプラナコーン ノーン...
The Deck – ワットアルンを眺めながら優雅に食事を楽しめる... チャオプラヤ川沿いにあるバンコクでも人気のレストラン。夜はかなり雰囲気がある予約必須のレストランなのだけど、ランチタイムは比較的余裕があるので訪れてみるのもおすすめ。予約をするのであれば、日本語でオンラインで予約することも可能。予約はこちら。 ワットポーからも近く、ター・ティアン桟橋からすぐの...
BCTION Tokyoをみてきた もう終わっちゃって、きっと今頃はもうこの世界に存在しないアートなのだと思うけれど、2014年9月に麹町でやっていたBCTIONというアートイベントを見てきた。 BCTION ≒ ハクション 取り壊し寸前のビルを、ストリートなどで活躍している様々なジャンルのアーティストたちが1棟丸ごと美...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.