ラーン・タイランド
ラーン・タイランド

あまりに定番のショッピングスポットであり、どのガイドブックにも載っているし、僕も何度も行っているのだけど、毎度の週末に買い物へ繰り出してしまうのがウィークエンドマーケット。

泊まっているホテルがあるアソークからはMRTで30分もあれば行けるので、手軽な感じで行くことができる。これがプラナコーン ノーンレンとかだと結構面倒なんだよね・・。

マーケットにはできれば午前中のうちに行った方が涼しいし、値切りやすいし、比較的空いているので買い物しやすい。

僕はもう行くところが比較的決まってきていて、革製品ならばグアテ(GUATTE)に行くし、Tシャツならラーン・タイランド(LINE THAILAND)という感じ。それ以外に配り土産を買ったりするけれど、自分用に買うにはちょっと質が低いものが多いので選別が必要だなってところ。

グアテで買った革製品
グアテで買った革製品

グアテは最近になって、アウトレットコーナーが出来たので、そこら辺も要チェック。Terminal21内にも出店がされているけれど、アウトレットがあるのはウィークエンドマーケットのみなので行く価値はあると思う。

ラーン・タイランドのシャツはアラン・チャンっぽいオリエンタルなデザインでタイでは洗練されたものを売っている。屋台で買うものに比べたら割高感はあるのだけど、普段着として着られるものということで考えれば断然こっちだよなって思う。

ラーン・タイランドのシャツあれこれ
ラーン・タイランドのシャツあれこれ

なので、今回も結構買い込んでしまった。それ以外に、どうでもいい情報かもしれないが、ここにある屋台だと規定時間外でもいつでもビールが飲めるというのは意外にいいよなって思う。

朝からビール飲んで食べる鶏料理は美味い。

20140322-1202-52-1783

Related Post

小布施 味麓庵の福栗焼きを食べる 小布施堂本店の斜め向かい側、小布施の町並みの中心地にある「小布施 味麓庵」。お昼時から夕方まで行列がたえないお店で、なにか鯛焼きみたいなものを作っているっぽい印象だったのだが、行列がすごすぎてよくわからなかった。 今回、小布施堂の朱雀を食べて朝イチの開店にぴったりあったので、行列もなくお店に入...
バンコク~ホアヒンの移動について 今回のホアヒンへの旅は、行きはスワンナプームから向かって、戻りはバンコクの市街地に向かう移動をしたのだけど、紆余曲折あって、行きはタクシー、帰りはロットゥーというミニバスを利用した。 ということで、今回の移動で検討していたものも含めてバンコク(スワンナプーム)とホアヒン間の移動についてのまとめ...
盛園絲瓜小籠湯包のヘチマ小籠包は必食のおいしさ... 杭州小籠湯包のすぐ近くにあって、中正記念堂と東門の間あたりにある小籠包のレストラン。 お店の名前にもなっている「絲瓜(ヘチマ)」の小籠包は、独特の風味がすごい美味しい。 いままで、ヘチマの小籠包ってなんかこうえぐみを感じるところがあったのだけど、ここの小籠包はえぐみすらも風味といえるんじ...
和紙の中條(小布施) – 文具好きにはたまらない土産屋... 小布施の古い街並みのなかを歩いていて発見したお店。軒先に出ている真っ白な暖簾が印象的。そして近くによってびっくり。なんと、和紙でできている暖簾だった。 ロケーションは桝一客殿や北斎ミュージアムのすぐ近くで前を通りかかることが多いと思う。お店の外観は周囲に馴染んでいてしっくり来る。 ...
垂水漁協直営の桜勘で新鮮なカンパチづくしのランチを食べる... 垂水といえば穏やかな海で行われているカンパチの養殖。その料理を漁協直営の食堂で食べることが出来るお店が垂水漁港のそばにある。 お昼時だけの営業なので行く時間には注意が必要だけど、産地直送ならぬ漁場直送の料理は贅沢な味だなって思う。 桜勘へのアクセス 垂水漁港の横にある倉庫のような建...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください