結構前のことに成るのだが、台東区の根岸にある老舗の洋食屋「香味屋」に行ってきた。

洋食というと、一品の量が多くて高いこともあり、美味しいのだけどなかなかバリエーションがある食事をできないなという悩みがあったのだが(たとえば、オムライスだけとかさ・・)、今回知り合いがアレンジしてくれて、みんなでちょっとずつ食べる会というのを開催してくれた。

ちょうど牡蠣の季節だったので、牡蠣づくしのメニューになったのだけど、これがもうどれも美味しかった。洋食で牡蠣といえば!の定番牡蠣フライから、クラムチャウダーという最初の牡蠣でもう目の前に虹が出るかのようなうまさなのだが、そのあと出てきたこれまた定番のメンチカツもしっかりとしていて美味くて感動する。

牡蠣グラタン
牡蠣グラタン
クラムチャウダー
クラムチャウダー
牡蠣フライ
牡蠣フライ
メンチカツ
メンチカツ

香味屋の売りであるタマゴサンドも食べられて大満足。締めのデザートまで手抜かりなくあっという間の2時間だった。

タマゴサンドは確かにおいしかったけれど、定番のメンチカツはすごかったなあ・・あれきっと高いのだろうが値段だけの価値はあると思う。

タマゴサンド
タマゴサンド
デザート
デザート

お酒のバリエーションが少ないのは、まあ多少仕方がないところだが、今度はまた季節を変えて来てみようかと思った。

難点なのはお店のロケーションが駅から遠くて、最寄りのJR駅が鶯谷駅ということだな。。

香味屋
住所: 東京都台東区根岸3−18−18
時間:11:30 – 22:00

Related Post

奥丹の湯豆腐を食べる ちょっとベタな感じの観光と食事をしてきた。 一澤帆布から知恩院の門をとおって清水寺の方へ。二寧坂かをあがって産寧坂と交差するところに料亭みたいな趣の建物があって、それが湯豆腐の老舗である奥丹である。 ランチタイムに行ったのだが、お店は予約は必須。かなり混雑する。 入口の受付で名前を...
ただの焼き鳥屋じゃなかった「俺の焼き鳥」... 圧倒的なコストパフォーマンスを誇る「俺のシリーズ」のなかで、焼き鳥屋バージョンの予約が取れたのでちょっと行ってみることに。 90分制で入れ替えとなっているので時間通りに行かないとちょっと面倒。でもまあ、コストパフォーマンス至上主義を楽しむためには仕方のないことだな。 銀座九丁目となってい...
リブハウス のび – 佐賀まちなかバル5軒目... 佐賀まちなかバル5軒目。いよいよラストのお店。駅からもっとも遠くて、最初は全然行く気なかったのだが、他のお店で「リブハウス のび」はオススメだといわれてしまったからには行かなくてはならない。 場所はかなり分かりづらく奥まったところにあり、佐賀では有名店なのに行った人はあまりいないというようなと...
リオ セナリウム(Rio Scenarium)でナイトライフを楽しむ... ラパ地区 リオデジャネイロのセントロの端っこにあるカリオカ駅から水道橋のあたりはラパ地区(Lapa)と呼ばれていて、ここはライブハウスやレストランなどが軒を連ねていて、表通りは比較的治安がよく深夜までナイトライフが楽しめるエリアになっている。ホテルに関しても安宿はこの辺りに集中している。 ...
お腹いっぱいでも食べられてしまう絶品餃子。立石の蘭州で最高にうまい水餃子を堪能する。... せんべろな飲んべえの聖地である立石において、蘭州の餃子も外すことができない人気店だ。ランチ営業はしていなくて、夜しかやっていない中華料理店なのだけど、平日でも混雑していてお店の前に待つことになる。大人数で行っても入れないと思うので、立石めぐりをするときは少数精鋭でのぞみたい。 お店の場所は立石...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください