20140304-0747-01-74472014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくことにする。

上総牛久駅で鑑賞パスポートをゲットして、まず向かったのは「内田未来楽校」というスポット。

廃校をリノベーションして作品の展示施設にしている。中之条でみたビエンナーレを思い出すような小さな小学校で、千葉にこんな施設がまだ残っていたのか・・と思うくらいかわいい学校。

ここでは、古着のTシャツを樹脂で固めた色とりどりのランプシェードが展示されていて、これって越後妻有の会場でもみてきれいだなと思っていたものだったので再会できて嬉しい。さまざまな彩りで幻想的な空間をつくりだしている。

古着のTシャツを樹脂で固めた色とりどりのランプシェード
古着のTシャツを樹脂で固めた色とりどりのランプシェード

そして面白かったのは学校の裏庭。地面にたくさんの竹とんぼが刺さっていて、よくよくみてみるとなにか書いてある。・・・人生相談みたいなのとか。

20140304-0801-40-7489

中島らもの明るい悩み相談みたいなのとかあって、読み込んでしまった。これって、裏側に回答を書いてコミュニケーションするものらしかったのだが、普通に読んでしまったよ。。

ここは小さいながらも作品の質としては印象に残るところだった。こういうのがあるのがアートフェスティバルのいいところだなという感じ。

Related Post

いちはらアート×ミックス2014「IAAES(旧里見小学校)」編... カフェでのご飯うまかった 2014年の春にみてきた「いちはらアート×ミックス」。駐車場が有料な施設だったので当初はスルーしようと思っていたのだが、「指輪ホテル」を観に行ったついでに近所だったこともあり行ってみた。 廃校となった小学校を再利用した施設で、IAAESとは「市原芸術・スポーツ...
リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... 遠くからみるとピラミッドのよう リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな...
「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」を体験してきた... 今回の信州旅行において、サイトウキネンと並ぶハイライト。信濃大町で毎秋に開催されている三蔵呑み歩きというイベントに行ってきた。 信濃大町の商店街を中心に半径500mくらいのところに日本酒の酒蔵が三軒あって、イベントの日には参加証を兼ねた専用のおちょこを購入して、各酒蔵を巡りながら、日本酒を飲ん...
さすけ食堂の黄金あじのフライは神がかり的な美味しさ... 千葉の浜金谷へ行ってきた。この町の港からは横須賀との間を結ぶフェリーが出ているのだけど、火力発電所があったりする横須賀の風景と比べて、浜金谷のひなびた雰囲気はそのコントラストがすごいある。 その浜金谷の港からほど近いところにある食堂。本当に小さな食堂なのだけど、駐車場からは車があふれるばかりに...
六本木でやっていたスヌーピー展をみてきた... ふるいチャーリー・ブラウンの人形 2013年10月12日(土)~ 2014年1月5日(日)の期間、六本木の森アーツセンターで開催されていた、「スヌーピー展 しあわせはきみをもっと知ること」というピーナッツのコミック原画展をみてきた。 このブログがアップされる頃にはとっくに終...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です