20140304-1008-18-76572014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくよ。ということで、高滝湖に浮かぶ巨大な飛行機「湖の飛行機(うみのひこうき)」という作品をみてきた。

ここは駐車場が無料だったのでアクセスしやすいのが便利。そして、今回のアートミックスで一番面白かった作品。

高滝湖について、湖で釣りしているおっちゃんの目の前に、でーんと飛行機が浮かんでいて、遠くには花見客がボートを漕いでいたりする・・ちょっと不思議な光景。

20140304-0949-36-7642

人間ルアーのスタイル
人間ルアーのスタイル

湖の端から飛行機までは手漕ぎボートをきこきこいわせながら向かう。なので、ボートに慣れていない人は作品に行くのも一苦労そうだった。女の子ひとりとかは大変そう。

この作品のテーマとしては、ちょうどここが成田空港に向かう飛行機の航路になっていて、かつてここが村だったときは空をゆく飛行機を眺めていた。

いまは湖に沈んでしまったが、湖の上に飛行機を浮かべることによってその風景を再現しているということ。

それと同時に湖の底の世界や、現実の世界でも釣りしていたり、アート作品を鑑賞したり、花見をしたり・・・あまり交わらない価値観が平行して存在していて、この飛行機に乗っている派手な格好した人はその水先案愛人なんです!ということだった。

僕としては、この派手な格好がルアーをイメージしているときいて、たしかに!と思うとともに、こんなにさまざまな色や素材を組み合わせているのに着ている姿は破綻していなくてむしろなんか似合っているというのがびっくりした。

湖に浮かぶ飛行機の上でのんびりと、空を飛んでいる飛行機を眺めているというのがとても面白かったな。

20140304-0951-58-7645

 

Related Post

田園のなかの不思議なレストラン「ライステラス」(香取)... 看板出てても心配になる田舎道のさきにある とある夏の休日、千葉の成田空港よりさらに先の田舎の方にあるレストランに行ってみた。 前にどこかの雑誌で写真をみかけて田んぼのなかのレストランというロケーションが気になっていたので、ランチに予約していったのだが、標識あっても心配になるような田舎道...
小布施六斎市で秋の小布施の収穫を堪能... 小布施堂で朱雀を食べたタイミングでちょうど秋祭りをしていたので、ちょっとのぞいてみた。小布施の中心街の大日通りで農産物の直売をしていたり、骨董市が開催されたり、なんか地元のステージがあったりと盛りだくさん。 とりあえず、僕としては収穫物が気になる。 とりあえず歩いていて、まず気になったの...
アジアソサイエティーセンター香港で写真展をみてきた... 旅先でみる現代アートってその国がもっている感性の一端がみえるようでなんだか楽しい。同じものを扱っていても情報のまとめ方なんかが違っていて、ちょっと新鮮な感覚がある。それが全てなわけではないけれど、少しその国に対して理解が深まったような感じがする。 今回の旅では金鐘にあるアジアソサイエティセンタ...
「PARIS オートクチュール展」をみてきた... 三菱一号館美術館で開催されていた「PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服」を観てきた。 このイベントを観に行く前に成実弘至の「20世紀ファッションの文化史」を読んでいたこともあり、予習に対してそれを実物をもってして確認するというような驚きというか楽しさがあった。 このイベントで...
棚田の夜祭り(鴨川)をみてきた 会場で食べる地元の味も楽しみのひとつ 去年訪れてすごく寒かったけれど、すごく美しい風景が心に残った棚田の夜祭りを今年もみてきた(去年のイベントはこちら)。 去年は台風で順延となってしまったので11月のもう寒い時期に行われたのだけど、今年は例年通り10月末に行われた。 場所は千葉の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください