20140304-1008-18-76572014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくよ。ということで、高滝湖に浮かぶ巨大な飛行機「湖の飛行機(うみのひこうき)」という作品をみてきた。

ここは駐車場が無料だったのでアクセスしやすいのが便利。そして、今回のアートミックスで一番面白かった作品。

高滝湖について、湖で釣りしているおっちゃんの目の前に、でーんと飛行機が浮かんでいて、遠くには花見客がボートを漕いでいたりする・・ちょっと不思議な光景。

20140304-0949-36-7642

人間ルアーのスタイル
人間ルアーのスタイル

湖の端から飛行機までは手漕ぎボートをきこきこいわせながら向かう。なので、ボートに慣れていない人は作品に行くのも一苦労そうだった。女の子ひとりとかは大変そう。

この作品のテーマとしては、ちょうどここが成田空港に向かう飛行機の航路になっていて、かつてここが村だったときは空をゆく飛行機を眺めていた。

いまは湖に沈んでしまったが、湖の上に飛行機を浮かべることによってその風景を再現しているということ。

それと同時に湖の底の世界や、現実の世界でも釣りしていたり、アート作品を鑑賞したり、花見をしたり・・・あまり交わらない価値観が平行して存在していて、この飛行機に乗っている派手な格好した人はその水先案愛人なんです!ということだった。

僕としては、この派手な格好がルアーをイメージしているときいて、たしかに!と思うとともに、こんなにさまざまな色や素材を組み合わせているのに着ている姿は破綻していなくてむしろなんか似合っているというのがびっくりした。

湖に浮かぶ飛行機の上でのんびりと、空を飛んでいる飛行機を眺めているというのがとても面白かったな。

20140304-0951-58-7645

 

Related Post

瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の直島編)... 前回の開催から3年、来てみたかった瀬戸内国際芸術祭をみてきた。宇野から直島までフェリーで移動してきた。直島ではベネッセハウスに宿泊するという優雅な感じの旅となった。 瀬戸内国際芸術祭はすでに夏編が終了しているのだが、2013年10月5日から開催される秋編に向けての参考になればいいなと思う。 ...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の豊島編)... 直島~犬島と移動してきて、さらに豊島への船旅。犬島から豊島の家浦港までは高速艇で30分ほどの航路となる。 豊島では家浦港から歩いて数分のところにある横尾美術館みてから、町内バスで豊島美術館へ移動。そこから唐櫃港までは徒歩で10分くらい山を下っていった。小豆島へ渡るフェリーの時間まで時間があった...
花生食堂(船橋)はいい意味で常連さんのための食堂って感じ。... 船橋って不思議なところで、郊外型の町の感じで駅前には大きなデパートがあったりするのだが、その裏側には昔ながらの下町っぽい雰囲気が残っていたりする。駅から裏通りに入ってすぐのところにある花生食堂もそんなところにある。 昔はこの近くに大きな市場があって、そこに来る人たちを相手に食堂をはじめたみたい...
船橋の吉光で寿司の原点を体験する 千葉って港が多いこともあって美味しい寿司に巡り会える確率が高いのだけど、そんななかで圧倒的なコストパフォーマンスがあると思うのが船橋駅の北口にある吉光というお店。 本店は駅から離れたところにある料亭みたいなところらしいが、北口店は立ち食い蕎麦屋みたいな見た目で普通に考えると寿司屋さんの風体じゃ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください