2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。

ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影禁止だったけれど、すごい印象に残る作品だった。

暗闇でじーっと眺めていると、時間を忘れてしまう感じ。繰り返しの楽しさと、ちょっとずつ違うものの楽しさが混ざって雰囲気を醸し出している。不思議な体験だったなあ。

そして、ここには山覚俵家というレストランがあって、ここでは地元の食材を使った混ぜご飯を提供している。これはもう・・見た目もきれいだし、なによりすごい美味しかった。

千葉の食材のバリエーションの豊富さと美味しさを存分に味わえるいいご飯だったなあ。これ、家でもつくってみたいのだが、生の落花生とかなかなか手に入らないんだよね。

車を停めるところはないものの、養老渓谷からの散歩がてらに来るにはいいところだと思う。

山覚俵家
山覚俵家

Related Post

マンゴーの時期に訪れたい!台南のフルーツ店4選... 小吃もいいけれど、食後(または食間)のデザートにはフルーツを食べるのもおすすめしたい。いつ行っても季節のフルーツがあって楽しめるのだが、なんといっても5月から10月にかけて、台湾で採れるマンゴーの季節に行ってみるのがいいと思う。本当に美味しいフルーツを食べることができる。 ここで紹介するのは台...
上尾にある一凛珈琲のモーニングは豪華でお得だった... どういうわけなのか、埼玉県の郊外にある町のコーヒー店で朝食を食べることになる。 毎年11月に埼玉県の東側にある首都圏外郭放水路(通常:地下神殿)の特別見学会があり、それを観にいくために埼玉へ向かった。途中の上尾あたりで先に朝食でも食べるかと思い行ってみたのは一凛珈琲というお店。 JR上尾...
小布施堂で究極のモンブラン「朱雀」をいただく... 前から気になっていたんだけど、なかなかタイミングがあわずに逃していた小布施堂の朱雀。2週間の期間限定とか短い。 今回、意を決して、このためだけに行ってみよう!と小布施へ行ってみた。深夜に家を出発して、関越道から上信越道へと抜けていく。小布施サービスエリアのETC出口から小布施堂までは車で5分く...
新橋のランチで人気の稲庭うどんを食す... 新橋でランチといえば、駅前ビルにすいこまれてしまうのだが、そのなかでぶっちぎりに行列しているお店が二階にある「稲庭うどん 七蔵」。エスカレーターをあがっていつもこの行列をみては「おれの空腹はこの並びに耐えられぬ」と、すぐ近くで比較的空いている「ビーフン東」へと行ってしまう。 しかし、先日ちょっ...
近江町市場の大松水産で朝から立ち飲み... 近江町市場でいきいき亭の朝食とセットで行きたいのが市場のなかにある魚屋の軒先で楽しむ海鮮とお酒だ。ここはすごく楽しいし、お得感がある。なにより、朝からやっているのがいい。鉄道旅だとお酒を気軽に楽しめるのがいいなと思う。 大松水産は近江町市場のなかほどにあって、わりと大きな鮮魚店なので目立つと思...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください