2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。

ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影禁止だったけれど、すごい印象に残る作品だった。

暗闇でじーっと眺めていると、時間を忘れてしまう感じ。繰り返しの楽しさと、ちょっとずつ違うものの楽しさが混ざって雰囲気を醸し出している。不思議な体験だったなあ。

そして、ここには山覚俵家というレストランがあって、ここでは地元の食材を使った混ぜご飯を提供している。これはもう・・見た目もきれいだし、なによりすごい美味しかった。

千葉の食材のバリエーションの豊富さと美味しさを存分に味わえるいいご飯だったなあ。これ、家でもつくってみたいのだが、生の落花生とかなかなか手に入らないんだよね。

車を停めるところはないものの、養老渓谷からの散歩がてらに来るにはいいところだと思う。

山覚俵家
山覚俵家

Related Post

恵比寿の松玄で肉蕎麦ランチ 恵比寿の松玄でランチをしてきた。ここは、夜に蕎麦を食べるというスタイルを流行らせたらしいお店で、たまにメディアにも登場している人気店ということ。 僕は夜に蕎麦を食べるという流行を知らなかったし、メディアに登場したところも見たことはない。でも、面白そうなところだなという感じはあったので訪問してみ...
下町の名店、日暮里の馬賊で担担麺と手打ち餃子を食べる... 山手線の駅を地味な方から数えた方が早そうな日暮里駅。とはいえ、最近は谷中銀座商店街とか観光地化されてきていて、立ち寄ることもあると思う。 でも、今回紹介するのは谷中銀座とか観光地化されている方とは逆側、日暮里駅のバスロータリーの端っこにある中華料理店となる。友人からおすすめされていて前から気に...
一平(船橋) – 古きよき庶民的な居酒屋... 千葉にある船橋は、いまもむかしも料理待ち的なところがあって、昔の海岸線である国道14号線の近くは路地が迷路みたいに入り組んでいたり昔の名残が残っている地区がある。 整理された状態よりもこういう混沌とした状態の方が好きな僕としては、好きな街のひとつなのだけど駅前からちょっと外れたところに一平とい...
第29回ガタリンピックに出場してきた ちょっとご縁があって佐賀の干潟で毎年やっているガタリンピックに出場してきた。毎年テレビでみていて「なんか変わったことやっているなあ・・」と思っていたのだけど、まさか自分が出ることになるとは人生わからないものです。 で、実際に出場してみてわかったのは、これすっごい楽しい。でも、かなり疲れるので出...
国立新美術館でやっている「草間彌生展 わが永遠の魂」をみてきた... ひさびさに行われた草間彌生の個展をみてきた。何年か前に松本市美術館で行われていた「永遠の永遠の永遠」の個展がさらにスケールアップしていて、圧倒的な迫力だ。同時期にやっているミュシャ展も気になってはいるのだが、同時にふたつをみる体力はなかった。 とりあえず、草間彌生本人のインタビューとか歌まで入...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください