2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。

ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影禁止だったけれど、すごい印象に残る作品だった。

暗闇でじーっと眺めていると、時間を忘れてしまう感じ。繰り返しの楽しさと、ちょっとずつ違うものの楽しさが混ざって雰囲気を醸し出している。不思議な体験だったなあ。

そして、ここには山覚俵家というレストランがあって、ここでは地元の食材を使った混ぜご飯を提供している。これはもう・・見た目もきれいだし、なによりすごい美味しかった。

千葉の食材のバリエーションの豊富さと美味しさを存分に味わえるいいご飯だったなあ。これ、家でもつくってみたいのだが、生の落花生とかなかなか手に入らないんだよね。

車を停めるところはないものの、養老渓谷からの散歩がてらに来るにはいいところだと思う。

山覚俵家
山覚俵家

Related Post

越後しなのがわバルで土産土法で地産地消なランチ... ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。 キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面...
台北でおすすめの場所、Paper St. Coffee Companyでコーヒー飲んでひとやすみ... 7月の台北はもう真夏の暑さ。迪化街のASW Tea Houseでクラフトビール飲んだり、台湾の紅茶を飲んだりしていたのだけど、崋山1914のあたりを散歩していたらすっかり暑さにやられてしまった。 ということで、ランチタイムまでの時間をつぶす休憩にPaper St. Coffee Company...
ブイヨン (Bouillon) – 伊万里の地産地消フレンチでランチ... 知り合いに伊万里でランチするおすすめを訊いたところ、ここを紹介されたので訪問してみた。場所は伊万里駅から徒歩1分くらいと近いのだけど、伊万里の繁華街らしきところからは逆側なので、ちょっと離れている印象をうける。 お店のロケーションとしては、ロードサイドの商店街っぽいところで、ここにレストランが...
チェンマイのロイクラトン祭りに行ってきた... 今回のチェンマイ旅行のハイライトである、メージョー大学の敷地で行われるロイクラトン祭りに行ってきた。 ここで、このお祭りに関わる用語の分類を僕なりにしておこうかと思う。ややこしいというか、ちょっと分かりづらいというか、混同している人も多いみたい。 クラトン:灯籠 ロイクラトン:...
横浜トリエンナーレ2014をみてきた 2014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。 とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。 見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃない...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください