2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。

比較的行きやすいエリアだったこともあり、期間中に何回か来てみたのだが、春といっても菜の花の季節から、初夏にかけていろいろな色合いのなかでみられたのは面白かった。

桜の季節はその花のすごさに圧倒される
桜の季節はその花のすごさに圧倒される
菜の花をすすむローカル線
菜の花をすすむローカル線
与市郎桜
与市郎桜

とくに、桜の季節は与市郎桜の作品もきれいだったし、その前の週にみた普通の桜も美しかった。本当にいいところだと思う。

春の季節にこのイベントを開催したってことで、もう成功が約束されたようなものだと思うくらい、この時期の房総半島は美しいと思う。

ちょっとしたところにある桜の樹や、菜の花のなかをすすむ小さな列車をみているだけで、心弾む物があるな。

今回は全ての場所を訪れることはできず、このほか内田未来学校飯給駅湖上の飛行機旧里見小学校指輪ホテルの舞台といったところを観ることができた。指輪ホテルの舞台は圧倒されたなあ・・あれはすごかった。本当に。

食事については期間中に限定オープンしていた、山登里食堂あそうばらの谷にあった山覚俵家で食べた地産地消の料理はこれ自体が作品のように目にも鮮やかで楽しかったし、食べても美味しかった。

小湊鐵道での移動は本数少ないので注意が必要
小湊鐵道での移動は本数少ないので注意が必要

ここではアートミックス全般について書いておこうかと。

会場へのアクセスについては、アートミックスの会場は千葉県の市原市になり、拠点としては小湊鐵道の上総牛久駅になる。

運営者としては鉄道でのアクセスをしてみてもらいたい(というのが容易に想像つく)のだが、いかんせん列車の本数が少なかったりするので、車で行った方が便利ではある。

現地での移動は列車かバス
現地での移動は列車かバス

現地での移動は、車での移動が便利なのだが、湖畔美術館や旧里見小学校といった大きめの会場では1日1,000円という駐車料金をとられる。

なので、今回湖畔美術館への訪問はパスした。美術館の駐車場はガラガラだったのだが・・・関係者専用で一般客は停められないらしい。そんな混でもいないのに、そこまでしていくほどのものじゃないなと思ってパスしてしまった。

こういうのって、作品を作っているアーティストとしては不幸じゃないかって思うが・・みんな1,000円払ったり、バスを乗り継ぎいっているんですかね・・・。

アートミックスの拠点になる上総牛久駅
アートミックスの拠点になる上総牛久駅

なお、パスポートチケットは小湊鐵道及びバスの1日乗車券がついていることもあり、かなり高額。有料会場をいくつか巡るだけならこのチケットを買うまでもなく、都度会場で入場料を払った方が断然お得だと思う。

初めての開催だったし、やっている方もみている方も試行錯誤って感じが強かった印象ではあるけれど、それでも楽しかったし何度もいうようだけど、指輪ホテルの舞台はすごかった。

次の開催があるのかとか、あるとしたらいつなのかっていうのは分からないのだが、またやってくれたらいいなと思う。

アートミックス最終日の飯給駅。菜の花の季節から田植えの季節にかわっていた。これはこれで美しい。
アートミックス最終日の飯給駅。菜の花の季節から田植えの季節にかわっていた。これはこれで美しい。

この旅の記録:いちはらアート×ミックスに行ってきた – 2014年4月

Related Post

ちょこっと台北への小旅行 復興航空のフライト いってみれば修学旅行みたいな旅だった。 友人たち10人くらいと台北を旅行したのだが、結果どういうわけか僕がだいぶ部分をアテンドすることになった。あんまそういうタイプじゃないんだけれど。 僕の偏りのある旅のスタイルによる旅行は、まあ面白いところもあったが、ひどい...
初夏の山形、庄内への旅。2017年6月編。... 2015年に行った旅行に近いのだが、初夏の天童でさくらんぼ狩りをして、そのあと酒田へ移動して寿司を食べる旅をしてきた。翌日は遊佐まで行ったり、米沢へ立ち寄ったりするのが少し違うところ。2015年の旅:初夏の山形/庄内の旅 この時期の山形/庄内地方は暑すぎもせず、寒くもなくちょうどいい感じがする...
山形/庄内への小旅行 週末を利用して、山形でさくらんぼ狩りをして、そのあと庄内への小旅行という旅に出てきた。 今回旅をしてみて感じたのだが、同じ山形県のなかでも内陸の山形と海沿いの庄内は別の文化圏だなと思うくらいに違うところだったので、あえてわけてみている。 つつましやかな山形と、自然の恵みが豊かな庄内という...
伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
一平(船橋) – 古きよき庶民的な居酒屋... 千葉にある船橋は、いまもむかしも料理待ち的なところがあって、昔の海岸線である国道14号線の近くは路地が迷路みたいに入り組んでいたり昔の名残が残っている地区がある。 整理された状態よりもこういう混沌とした状態の方が好きな僕としては、好きな街のひとつなのだけど駅前からちょっと外れたところに一平とい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください