台北に着いてバスで市内に向かい、ホテルに荷物置いてからまず最初に向かったのは西門にある蜂大珈琲(前回の訪問はこちら)。

今回はカフェとして楽しむのではなく、阿里山珈琲の豆が欲しくて訪れた。ここでは、世界中の豆を取り扱っているのだけど、なかでも阿里山珈琲はこの店でぶっちぎりの高級豆で、前日までに予約しておかないと豆を焙煎してないっていわれていて、なかなか買うことができなかったのです。

で、満を持して初日に予約しておけばいいだろうと思って行ってみたら、たまたま今日豆を焙煎したところらしく在庫あるよっていう返事。なんと運命的な出会い。旅の初日からコーヒー豆持って歩くのはどうか・・と迷うこともなく気がついたら大人買いしてしまっていた。

250gで1500円くらいしただろうか・・ハワイコナまでいわないけれど、それでもやはり希少種だけに高いなというところ。

ただし、味については本当においしい。同じように爐鍋珈琲でも阿里山の豆を買ってきたことあるけれど、焙煎の仕方なのか蜂大珈琲の方が香りが強くて、僕としてはこちらの方が好きだなってところ。

夜遅くまでやっていて利便性も高いし、阿里山珈琲を飲んで、豆を買うということであればこちらのお店を推薦したい。

西門の蜂大珈琲

蜂大咖啡
住所:台北市成都路42号(西門駅から徒歩3分くらい)
時間:8:00~22:00

保存

保存

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください