蜂大珈琲で阿里山珈琲の豆を買うために西門まで来たのだが、夕食がてらになに食べようかと思ったら、やはり阿宗麵線は外せないよなあってことで食べてきた。

立ち食いスタイルなので落ち着かないのだが、そんなこと構わないってくらいうまいのだからしょうがないよね。深みのある鰹だしのスープは絶品だし、少し黒酢を入れて味を濃くしてみるのもまたうまい。

ホルモンが入っているのだが、臭みはないので気にならないんじゃないかと思う。食べる度に思うのだが、B1世界グランプリみたいなものがあれば、阿宗麵線はトップクラスで優勝狙えるんじゃないかと思っている。

これを食べる度に台北に来たんだなあ・・としみじみしながら夕食代わりに食べた。ここの行列はときとしてどん引きするくらい長いこともあるが、それでも手際がいいので、それほど長時間待つことはないと思う。

営業時間も長いのでおすすめ。

阿宗麺線
住所:台北市峨嵋街8號之1
時間:(平日)09:30-22:30、(日・祝日)09:30-23:00

Related Post

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットに行ってきた... グアテ バンコクは旅の始まりと終わりにいることが多く、だいたい週末に重なることが多い。このため、自然とチャトゥチャックでやっているウィークエンドマーケットへ足が向いてしまうこととなる。 どのガイドブックにも書いてあるし、実際観光客もかなりいるのだけど、地元バンコクっ子もかなり訪れていて...
香港B級グルメの王道、茶餐廳での朝食... ガイドブックなどには出てこないけれど、一部マニアックな人気がある香港の茶餐廳。ファミレスと喫茶店と定食を出す食堂があわさったような雑多な事業形態で朝から晩までずうっとやっている。 でも、店内に入ると観光客とかはまずいない。料金はかなり安くてお得なのだけど、なんだか不思議な料理のラインナップだか...
恵比寿でチャーハンといえば「ちょろり」がおすすめ... 店の外観 恵比寿界隈で炒飯が食べたくなると行っているのが「ちょろり」。 駅からは少し離れていて、ガーデンプレイスの方にあるのだが、そんな立地でも結構混み合っている人気店。 夜遅くまでやっているのも利点が大きい。 なにより、ラーメンも炒飯もベーシックで優しい味なので、なんかこ...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
築地で朝からホルモンでお酒を飲みたくなる。「きつねや」でホルモン丼。... いまでは築地場外は世界的に有名な東京の観光地になっていて、表通りは時間によっては歩くのもままならないくらい。で、表通りで営業している「きつねや」はそのなかの人気店で昔ながらの頑固なスタイルをまもっているお店。仲良くなればいいお店、空気読まないと厳しく扱われるお店。そんな感じ。 クチコミなんかを...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください