台南でラオス産のコーヒーを楽しんできた。結論からいうと、とてもうまい。

ラオスに行ったことは何度かあるのだが、まさかこんなちゃんとしたコーヒー作っていたとはね。でもまあ、フランス領だったこともあるし、食事に対しては感度が高いエリアではあった。コーヒーがあっても不思議じゃない。

しかしまあ、台南でラオスとふたたび巡り会うとはというところ。お店は合成帆布からさらに市街地を離れる方向へ進むこと数分といったところ。裏通りにあるコーヒースタンドいった感じで、結構ひっきりなしに人がやってきてちょっとコーヒー飲んだりしている。

なんていうか、こういう風に街になじんだコーヒーのお店があって、チェーン店がいないというのはなんと鮮やかな印象があるのだろうとわくわくしてしまう。

お店の人はまったく英語を解さないけれど、まあなんとかオーダーができたりするのは、とても人懐こくて親切な人たちだからだろうなって思う。台南は本当に好きな街だ。

出てきたラオスコーヒーは阿里山コーヒーのようにさっぱりしつつも薫り高く暑い日に楽しむにはうってつけのものだった。

ちょっとした一休みに立ち寄ってみるのがいいと思う。

寮國咖啡
住所:台南市中山路79巷60號
時間:9:00~17:30
休み:日曜日

Related Post

爐鍋珈琲(LuguoCafe) – 迪化街で一休みできる台湾風カフェ... もし台北において、限られた時間のなかでどこか一軒でも台湾風なカフェにいってみたいというのであれば、こちらの爐鍋珈琲(LuguoCafe)がおすすめできると思う。僕も5月に訪問してからリピートしてみたくらい。 なぜ、限られた時間のなかで訪問するカフェとしておすすめなのかというと・・・ 迪...
銅鑼湾で美味しいコーヒーを楽しむならば、食事もいけるThe Coffee Academicsの旗艦店... 美味しいコーヒーを出すカフェが香港にも増えてきていて、中国茶だけじゃない楽しみが増えてきている。銅鑼湾(Causeway Bay)のエリアではThe Coffee Academicsの旗艦店があり、朝から深夜までさまざまな種類のコーヒーのほか、イタリア料理を中心とした食事も充実していて楽しむことがで...
「十八卯茶屋」古い食堂をリノベーションした日本家屋で本格的な中国茶をたのしめる。... 台南の街中にあるオアシスみたいな台南公会堂の敷地の裏手側にある本格的な中国茶を楽しめる茶藝館。 台湾茶で有名な泰茶が経営しているお店で、1929年に作られた「柳屋」という食堂の建物をリノベーションしている。「十八卯茶屋」というちょっと変わった店名はもともとの店名である「柳」の文字をわけて「十八...
台北地下鉄の乗り方 悠遊カード もういまさら書くこともないかもしれないが、どうもこのブログへは台北情報へのアクセスが多いので、自分用のメモ書き的なところもあるけれど書いておく。 まず、台北で公共交通機関を利用するのであれば迷わず「悠遊カード」を持ってのがおすすめ。 カードの購入はお金かかるけれど、こ...
逢甲夜市は懐かしい感じで好きな夜市... 台中で泊まった文華道會館 In One City Innホテルは夜市の近くにあったので、晩ごはんがてらに散策してみた。 ここの夜市は逢甲大学という学校を中心にして広がっている夜市で学生街ならではの活気とか、ユルい雰囲気があって、なかなか楽しい。 学校の入口にとめられている沢山の自転車とか...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください