千葉を旅することと南房総を旅することはわけて考えた方がいい。それは東京観光に奥多摩を含めないのと同じことだ。

南房総とは、それくらいに十分遠い場所であり特別な場所だと思う。気候は温暖だし(本当に2月でも晴れていると春のように暖かい)、海は青いし、砂浜は白い。そして食事もうまい。エッジの効いたセレブなんかが南房総方面に来ているのも分かる気がする。

外観

そんななかで、ランチもしくはランチ後、チルアウトの時間など・・まったりとした時間を過ごすのにうってつけの場所はこちら。僕のなかでは正直なところ、ちょっとここのことを書くのがもったいないくらいなのだが、まあ南房総まで来て旅をしてもらえるのであればここは外せないと思っている。

建物はかなり古い雑居ビルを手作りでリノベーションしていて、水回りなどはちょっといまいちなところはあるのだが、ひなびた外観やさっぱりとして明るく開放感のある店内はとても居心地がよくて、かかっている気持ちいいハウスと風の音を感じていると、ちょっとどこか違う世界にいっちゃいそうだ。

お店はセルフサービスで、カウンターでメニューみて先払いでお願いする。今日はコーヒーとさつまいものベイクドチーズケーキを頼んでみた。これで650円だったかな。どちらも美味しくて、ランチタイムあとのまったりとした幸せな時間を過ごした。夕方とかにここで海を眺めながらビール飲んだりしたら最高に気持ちよさそうだなあ・・。

煙草は外のテラスでのみ大丈夫そうだが要確認(ただ、灰皿はそこにしかなかった)。

また、シラハマアパートにはカフェのほかにも雑貨店やゲストハウスもあるので、南房総旅行をがっつりやる場合の拠点にも利用価値はあると思います。ただ、カフェのトイレを利用した分にはここの水回りは期待できないのと、近所にはコンビニがないので、ちょっと不自由なのだけど、建物の目の前に広がる海はただで楽しめる、そしてこの場所の最高の贅沢です。

南房総を旅するのであれば、メジャーな観光地の合間にちょっとここならではのカフェを楽しんでみてください。

シラハマアパートメント

千葉県南房総市白浜町滝口6734−2

and on cafeカフェ / 南房総市その他)

昼総合点★★★★ 4.0

Related Post

安平老街のカフェでクマと和む 安平老街を散歩しているときに見つけた小さなカフェ。目印はこの常連客のクマ。 最初、お店の外からみかけたときは、ずんぐりしたおじさんがカフェのテーブルで落ち込んでいるのかと思った。。 本当に小さなカフェで趣味でやっているのか?くらいなので食事をするまでもないし、ドリンクの種類もあまりないの...
日本橋ブルワリーは新しいクラフトビールの名所になりそう... 2016年11月末にオープンした新しいクラフトビールのお店。自前の醸造は2017年からということだけど、東日本橋界隈にも雰囲気のいいところでビール飲めるところが出来てくれてうれしい。さっそく行ってきた。 NIHONBASHI BREWERY (日本橋ブルワリー)へのアクセス メトロの人形...
清澄白河のブルーボトルコーヒー訪問... 日本にオープンすると知ってから、そして清澄白河!というところから気になっていたブルーボトル。オープン時の喧噪もそろそろ落ち着いたんじゃないだろうかと訪れてみることにした。 はじめて行ってみたのは平日の朝イチ。つぎに訪れたのは休日のやはり朝イチ。朝の時間帯だと、曜日に関わらずお店はのんびりとして...
Hachi Cafe – 越後妻有の地産地消カフェ... 絵本と木の実の美術館の1階に併設されているカフェ。学校のなかで職員室だったのかな、そんな感じなのだけど、ウッディなインテリアと明るく開放的な店内、そして開け放たれた窓から外の空気が入ってきて、すごく気持ちがいい雰囲気。Hachi というのはこの地区が鉢地区と呼ばれていることからつけられたネーミングみ...
Yummy corner of Sea Harmony Guesthouse – オーガ... Sea Harmony Guesthouseが経営しているカフェで、ホテルの宿泊者はこちらで朝食をとることができる。 しかし、このカフェの居心地は宿泊者だけじゃなくても味わえるので、ホアヒンに来たときには来るだけの価値があるかなって思う。 場所はSea Harmony Guesthous...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.