千葉を旅することと南房総を旅することはわけて考えた方がいい。それは東京観光に奥多摩を含めないのと同じことだ。

南房総とは、それくらいに十分遠い場所であり特別な場所だと思う。気候は温暖だし(本当に2月でも晴れていると春のように暖かい)、海は青いし、砂浜は白い。そして食事もうまい。エッジの効いたセレブなんかが南房総方面に来ているのも分かる気がする。

外観

そんななかで、ランチもしくはランチ後、チルアウトの時間など・・まったりとした時間を過ごすのにうってつけの場所はこちら。僕のなかでは正直なところ、ちょっとここのことを書くのがもったいないくらいなのだが、まあ南房総まで来て旅をしてもらえるのであればここは外せないと思っている。

建物はかなり古い雑居ビルを手作りでリノベーションしていて、水回りなどはちょっといまいちなところはあるのだが、ひなびた外観やさっぱりとして明るく開放感のある店内はとても居心地がよくて、かかっている気持ちいいハウスと風の音を感じていると、ちょっとどこか違う世界にいっちゃいそうだ。

お店はセルフサービスで、カウンターでメニューみて先払いでお願いする。今日はコーヒーとさつまいものベイクドチーズケーキを頼んでみた。これで650円だったかな。どちらも美味しくて、ランチタイムあとのまったりとした幸せな時間を過ごした。夕方とかにここで海を眺めながらビール飲んだりしたら最高に気持ちよさそうだなあ・・。

煙草は外のテラスでのみ大丈夫そうだが要確認(ただ、灰皿はそこにしかなかった)。

また、シラハマアパートにはカフェのほかにも雑貨店やゲストハウスもあるので、南房総旅行をがっつりやる場合の拠点にも利用価値はあると思います。ただ、カフェのトイレを利用した分にはここの水回りは期待できないのと、近所にはコンビニがないので、ちょっと不自由なのだけど、建物の目の前に広がる海はただで楽しめる、そしてこの場所の最高の贅沢です。

南房総を旅するのであれば、メジャーな観光地の合間にちょっとここならではのカフェを楽しんでみてください。

シラハマアパートメント

千葉県南房総市白浜町滝口6734−2

and on cafeカフェ / 南房総市その他)

昼総合点★★★★ 4.0

Related Post

老舗のタイ料理、バーンクンメー(Ban Khun Mae)でタイ料理を堪能する... オーソドックスなタイ料理を食べられる老舗の名店。サイアムスクエアの繁華街にあって便利なところでもあるので、ランチでもディナーでもおすすめ。 バーンクンメー(Ban Khun Mae)へのアクセス BTSのサイアム駅4番出口、またはラマ1世通りをすすみSoi5の路地を南側へ入る。300メー...
Tangorはルアンパバンでおしゃれな食事楽しめるレストラン... お店の雰囲気 ルアンパバンの旧市街のメインストリートにあるレストラン。昼は普通のレストラン、夜のバータイムになると雰囲気がいいのでおすすめ。 オーナーはフランス人みたいで、センスのいいインテリアが素敵で、出てくる料理も洗練されている。 セビーチェが美味しいのだけど、オーダーしたら...
ラマ島のBebe Vはゆっくりできるカフェ... 天虹海鮮酒家でのんびりと料理を楽しんでいたのだけど、お店が出している中環までのフェリーの乗り場がわからず乗り遅れてしまった。お店から一番手前の桟橋から出ている船だったとは。 レストランに戻って新たに船の券をもらう。しかし、次の出航まで1時間あるという。再び料理食べるほどの余力もないし、周囲をみ...
へぎそば「由屋」 – 十日町では小嶋屋を凌ぐ人気店... 「へぎそば」とはこの地方特有の蕎麦で、つなぎに「ふのり」を使っていて独特の強いコシがあるのが特徴の蕎麦。 有名なのは長岡にもお店がある小嶋屋なのだけど、僕がよく訪れるのは国道沿いにある由屋というお店。こちらも、小嶋屋ほどではないにせよ人気のお店で、店の入口にあるウルトラマンの人形が目印。 ...
川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください