台南から台中へ移動。

新幹線の窓からみえる台中は、高層ビルがどんよりとした空の下に乱立していて、なんだか近寄る気にはならない街という印象があった。

周囲は公園みたいに整備されている
周囲は公園みたいに整備されている

でも、今回この街に来たのは、彩虹眷村という場所に描かれている前衛的なアートが気になったから。

台湾の旅行は毎回あまり考えずになんとなく現地で情報収集しながら旅するスタイルなのだが、彩虹眷村に関しては、事前に結構しらべてからの訪問。

詳しい話はここで書くまでもないと思うので割愛するけれど、絵画を描く経験がなかった高齢のおじいさんが、取り壊し予定の自宅とその周辺にどうせ壊しちゃうならと絵を描き始めたのがきっかけ。

20140504-1624-52-06815

これはひょっとして・・ドラえもん?
これはひょっとして・・ドラえもん?

そして、その絵が岡本太郎ばりにパワーがあって鮮やかなものだったので話題を呼び、いまでは絵が描かれた住宅は取り壊しを免れ、隣には観光バスの駐車場と公園まである台中きっての観光地になった。

ということで、訪れたのだが日曜日に訪れたこともありものすごい賑わい。

夏祭り会場とフリーマーケットがあわったようだ。これは食べ物の露天がでてくるのも時間の問題だなというところ。

観光バスで乗り付けたおばちゃんたちが酒臭い勢いですごい騒々しい。まあ、この絵じたいも騒々しいのであってるといえばそうなんだけど、それでもなんかもうぐったりしてしまった。

20140504-1630-37-06845

 

大混雑
大混雑

肝心の絵といえば、これはもうすごい迫力だった。

なんだかよくわからないけれど、子供が書いたような老成しているような・・前衛的。これきっと1万年くらいたつと古代人の勢いを感じる壁画遺跡とかいわれて、それはそれで観光地となっているんだろうなと思う。

しかしまあ・・騒々しい。おばちゃんが金切り声をあげて歌をうたっている。

台南では観光地にいくには週末がいいとか書いたけれど、ここ彩虹眷村に関してはきっと平日に来た方がゆっくりと見られていいと思う。。

20140504-1621-02-0679020140504-1618-31-06774

彩虹眷村
住所:台中市南屯区春安路56巷

Related Post

泰成水果行でフルーツざんまい 台南で今回泊まっている正興珈琲館の斜め向かいにあって、夜になると営業をはじめている果実店がある。 前に来たときは夜は疲れちゃっていたのだが、気になっていたので今回は寄ってみた。どうも、台湾の人たちって締めに甘いものとかスイーツ系を嗜むんじゃないかと思うのだが、ここもそうしたお店のひとつで、店先...
點水樓(SOGO復興店)でのランチはおすすめできる... 青田七六で肩すかしをくらった感じになり、おなかもすいていたので近くのお店を探してたどり着いたのがこちら。 SOGOのなかにあって、ちょっと高級な雰囲気もあるレストランだったが、わりと手頃な値段感で点心とか飲茶が楽しめるいいレストランだった。 お店に入って席に案内され、まずなんのお茶を飲む...
秋の鎌倉、円覚寺の紅葉を観にいく 鎌倉を代表する寺院のひとつで北鎌倉駅を降りると、そこがもう寺院の敷地のなかになっているという広大な場所。 春は桜、秋は紅葉と季節による美しさが際立っている。今回は秋の紅葉シーズンに来てみたのだが、少し時期遅れにも関わらず賑わっていて、そして美しい庭園が印象的。京都にいるかのような感じがあった。...
安平古堡へふたたびきてみた 四草綠色隧道碼頭で楽しんだあと、どうやって街まで戻ろうかなと思ったら、道路脇から捨て犬が近寄ってくるかのように1台の車が近づいてくる。あ、さっき乗ってきたタクシーじゃん。 ということで、タクシーなので自由な行動できるなと安平古堡へ行ってみることにした。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散...
台湾新幹線の旅(台北~台中~台南)... 台北駅にて 去年にひきつづき台湾新幹線の旅をしてきた。新幹線の旅は旅情がなくて味気ない・・という声もあるけれど、快適さと利便性においては変えがたい。 というか楽ちんで本数も多くて便利だとくれば他を選択する理由もないと思ってしまう。 今回乗ったのは以下の区間。 台北~台南 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください