20140504-2012-12-2148台中で泊まった文華道會館 In One City Innホテルは夜市の近くにあったので、晩ごはんがてらに散策してみた。

ここの夜市は逢甲大学という学校を中心にして広がっている夜市で学生街ならではの活気とか、ユルい雰囲気があって、なかなか楽しい。

学校の入口にとめられている沢山の自転車とか、夜に研究室から少し抜け出してきて晩ごはんをつついている学生とか、なんだか懐かしいなあ・・・と思ってしまう。もう過ぎてしまった学生時代の夜を再体験しているかのようだ。

20140504-2010-39-06954

夜市自体は結構広いのだが、歩いていて楽しいのはやはり大学の近くのあたり。

泊まったホテルからも歩いて数分といったところだし、学生街だけあって安くて美味しそうなお店が並んでいる。

取り立ててすごい見所があるような夜市じゃないんだけど、僕としてはなんだか懐かしい気分になる好きな夜市だなというところ。こういうところもあるんだなって思った。

20140504-2013-47-2151

逢甲夜市

Related Post

茶湯會 Teapateaで手軽に中国茶 台湾の人ってよく大きめの容器に入ったお茶を飲んでいるイメージがあって、あれいいなと思っていたのです。で、福州胡椒餅を買ってホテルへの帰り道にちょっとシックな雰囲気のお茶スタンド的なものがあったので買ってみた。 あとで知ったのだが春水堂の系列で、ここはなんていうか廉価版でカジュアルスタイルといっ...
たんばらラベンダーパークでラベンダーざんまい... 日本でラベンダーというと思い浮かぶのは北海道の富良野の風景。もしくは、関東近辺ということであれば河口湖のラベンダーといったところなのだが、群馬にもかなり大きなラベンダーファームがあるということで行ってきた。 冬場はスキー場になる「たんばらラベンダーパーク」というところ。関東からだと関越道使って...
胡椒餅といえば定番「福州世祖胡椒餅」... 台北初日は夜に到着して、西門のあたりを散歩して阿宗麵線を食べたあと、ホテルまで歩いて戻るなかで台北駅近くの福州世祖胡椒餅で胡椒餅を買ってみた。今回泊まった台北駅すぐ近くの新驛旅店(台北車站一館) からは徒歩ほんの数分といったところ。 台北の夜の街ってなんてことないけれど、こういう風に手軽におい...
田植え前の結東の石垣田は遺跡のような風景だった... 秋山郷のトレッキングというか散歩はシューズブランドのイベントだったのだけど、ランチを食べたあとは近くにある結東の石垣田を観に行くことになった。 秋山郷は山に囲まれていたり、気候の厳しさから水田はなかったのだが、明治に入ってから飢饉対策として棚田を作り始めたみたいだ。雪解け直後で手入れをしていな...
阿宗麵線はやはり何度食べてもうまい... 蜂大珈琲で阿里山珈琲の豆を買うために西門まで来たのだが、夕食がてらになに食べようかと思ったら、やはり阿宗麵線は外せないよなあってことで食べてきた。 立ち食いスタイルなので落ち着かないのだが、そんなこと構わないってくらいうまいのだからしょうがないよね。深みのある鰹だしのスープは絶品だし、少し黒酢...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください