寿司というものは手軽に食べられるファーストフードような存在だと思っている。ちなみに寿司1貫どれでも100円!とかいうところのは寿司じゃなくて、小さいおにぎりなので、あれはまた違うジャンルである。

もちろん、白木のカウンターの前にすわって「腐敗寸前のトロが一番うまい」とかい蘊蓄とともに食べる寿司も、きっとおいしいのかもしれないけれどちょっと疲れそうだな・・という気もする。

僕の望みとしては、ヘンな自称回転寿司での悲しいものと腐敗寸前トロの高級店とのあいだにある層、つまり結構おいしくて、そこそこ安い。気軽に食べられるというところなのだが、それに合致するのがこのお店だと思う。

ということでランチに訪問してきた。週末の13:00前後だったのだが、それほど混んでなくて並ぶことなく店内へ。

お店は備え付けのiPod Touchで注文すると、自分の席まで寿司がベルトコンベアに乗ってやってくるという斬新なスタイル。それでスーパー回転寿司なのか・・。回転した寿司をだらだら眺めるわけじゃないのだが、握りたてがやってくるというこのシステムはいいと思う。

ネタはその日に近くの漁港で採れたものなどもあって、そりゃ南房総まできたら地の魚食べたいよなっていう要望にもしっかり応えてくれている。それ以外にも、初夏であればカツオなどもおすすめだし、写真の中トロも絶品だった。腐敗寸前じゃなくてもいいよ、ぜんぜん。

それでいて値段はまあちょっと高いランチ食べたかな・・くらいの価格帯。旅行先で手軽に地元のネタを使った寿司を食べるということであれば、これ以上のお店はないと思う。

千葉県館山市北条1321-12

スーパー回転寿司やまと 館山店回転寿司 / 館山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

Related Post

旬の蔵パセリ(佐賀) – 佐賀の日本酒を楽しむならここ... 佐賀の夜は「花たろう」でしっかり食べきって、さらに二次会へ。やはり、地元の日本酒を楽しみたい!ということで行ったのは「旬の蔵パセリ」という、小洒落た居酒屋。 ここでは、佐賀の日本酒を一通りそろえているので、この前、日本酒品評会で優勝した伊万里の「前」(さき)というお酒もきちんと用意してある。そ...
タップルーム 中目黒でベアードビールを堪能する... すっかりクラフトビール好きなこの頃。中目黒にあるベアードビールの直営店に行ってきた。 直営店だけあり、種類がすごい多くて26のタップと4つのハンドポンプで定番と季節のベアードビールを提供している。 ビールの雰囲気としては全体的にアメリカのクラフトビールっていう感じで僕が好きなタイプが多い...
恵比寿の超隠れ家的存在「吉柳 文化倶楽部」の昼カレー... 恵比寿にいると知ってる人も多いけれど、そうじゃない人はほとんど知ることがない吉柳という居酒屋。そこのランチで出しているカレーのテイクアウト専門店というか、イートインもあるよっていう場所が恵比寿の住宅街のなかにある。 見た目はごく普通の住宅の一部を店舗にしていて、ものすごい隠れ家っぽい。でも、そ...
シンプルで定番「広尾のカレー」のカレーライス... インドカレーとかではなく、家で作るような普通のカレーライスを無性に食べたくなることがある。自分で作るには面倒くさい、多く作りすぎてそのあとしばらくカレーざんまいになる。ということを考えてしまい、自分で作るには躊躇してしまうことがある。 そんなときに行ってしまうのが広尾商店街のはずれにある「広尾...
六品小館 – シンプルで優しい家庭の中華料理が食べられる... 今回宿泊していて、大安エリアから歩いて行ける金華街にある中華料理店。 お店の前にびっくりするくらいの高級車がとまっていて、見た目と違う高級店なのかと思って入ったのだが、見た目通りの大衆店でごく普通の中華料理店みたいな感じだった。 日本でも田舎にありそうなごく普通の中華料理店の雰囲気。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください