客室。奥にみえるのはバスルーム。微妙。。
客室。奥にみえるのはバスルーム。微妙。。

台中で泊まったホテル。台中の駅からは遠いし、市街地からも若干離れていて、なんでこんなところにホテルがあるんだろう?って思うとともに、いくらこの土地に不案内でもここ選んだ自分が不思議なのだが、結果としては結構おもしろいホテルだった。

まず、逢甲夜市や逢甲大学に近いこともあって、全体的に学生街のユルい雰囲気があり、夜中までのんびりとした若者がそこらへん歩いているので、治安が悪い印象はうけない。

むしろなんだか僕としては安心できる感じ。この逢甲大学ってなんだか地味だけどいい大学なんじゃ・・という印象をうけた。

ホテルはフロントと共有スペースはおしゃれなのだが、客室に関しては機能的過ぎるほどに狭くて味気ないが、必要最低限のものは揃っている。

20140504-1552-58-06764

朝食については、あまり印象に残っていないのだが、ひどくはなかった。普通に美味しかったんだと思う。

チェックアウト後にも荷物をきちんと預かってくれたし、ビジネスホテルとしては普通にちゃんとしている。

ホテルから高鉄の台中駅とか彩虹眷村にはタクシーで行ったのだけど、それ以外に市街地へ行ったりするときはバスを利用していた。台中駅周辺市街地とホテルのある逢甲エリアはバス路線が豊富なので、結構便利だと思う。

そうそう、台北で買っていた遊遊カードが台中のバスでも使えたのは便利だったので、もっておいて損はない。

正直なところ、あまり印象に残らないビジネスホテルといったところで、自信をもっておすすめしていいのか微妙なところではあるけれど、僕としては結構いいかなって思っている。

文華道會館(In One City Inn)
住所:台中市西屯區文華路138巷31號

Related Post

青田七六は台北っ子に人気の古民家カフェ... 前から気になっていたカフェにようやく行くことができた。 台北の人たちにはすごく人気の古民家カフェあるというのは前から知っていて気になっていたのだが、ちょっと遠いな・・と思っていたところ、今回泊まった丹迪旅店の大安店からはすごく近かったので、予約して行ってみた。 場所は永康街にあっ...
台南来たら度小月担仔麺に来るべし ガイドブックでもサイトでも、とりあえず台南に来たら度小月の担仔麺を食べるべし。みたいなことが書いてあって、日本人も多く訪れる台南の名店。僕も前回の訪問から再訪。 ここの料理は台北でも食べることができるようになったけれど、それでもやはり本店の雰囲気で食べる方がいいなあ・・と思う。 というこ...
JRイン帯広に泊まった 外観 中札内のフェーリエンドルフには一泊しかできず、ちょっと離れた帯広に宿泊。今回の旅は毎日泊まるところが変わる流浪の旅行だな。 帯広は街中でごはん食べるのも美味しいよっていう話しを聞いていたので、今回は街中のホテルにしてみた。帯広駅から歩いて30秒くらいのJRイン。 帯広駅って...
蜷尾家甘味処(台南)のソフトクリーム... 台南で泊まっていた宿の斜め前にあって、11時の開店から夜に閉店するまで行列が絶えない店がある。なんの店なのだろうと思っていたのだが、どうもソフトクリーム屋さんみたいで、日本式であることが売りらしい。 前回来たときはあまりの行列に面倒くさくなりパスしていたのだが、今回はちょうど宿について荷物おい...
胡椒餅といえば定番「福州世祖胡椒餅」... 台北初日は夜に到着して、西門のあたりを散歩して阿宗麵線を食べたあと、ホテルまで歩いて戻るなかで台北駅近くの福州世祖胡椒餅で胡椒餅を買ってみた。今回泊まった台北駅すぐ近くの新驛旅店(台北車站一館) からは徒歩ほんの数分といったところ。 台北の夜の街ってなんてことないけれど、こういう風に手軽におい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください