客室。奥にみえるのはバスルーム。微妙。。
客室。奥にみえるのはバスルーム。微妙。。

台中で泊まったホテル。台中の駅からは遠いし、市街地からも若干離れていて、なんでこんなところにホテルがあるんだろう?って思うとともに、いくらこの土地に不案内でもここ選んだ自分が不思議なのだが、結果としては結構おもしろいホテルだった。

まず、逢甲夜市や逢甲大学に近いこともあって、全体的に学生街のユルい雰囲気があり、夜中までのんびりとした若者がそこらへん歩いているので、治安が悪い印象はうけない。

むしろなんだか僕としては安心できる感じ。この逢甲大学ってなんだか地味だけどいい大学なんじゃ・・という印象をうけた。

ホテルはフロントと共有スペースはおしゃれなのだが、客室に関しては機能的過ぎるほどに狭くて味気ないが、必要最低限のものは揃っている。

20140504-1552-58-06764

朝食については、あまり印象に残っていないのだが、ひどくはなかった。普通に美味しかったんだと思う。

チェックアウト後にも荷物をきちんと預かってくれたし、ビジネスホテルとしては普通にちゃんとしている。

ホテルから高鉄の台中駅とか彩虹眷村にはタクシーで行ったのだけど、それ以外に市街地へ行ったりするときはバスを利用していた。台中駅周辺市街地とホテルのある逢甲エリアはバス路線が豊富なので、結構便利だと思う。

そうそう、台北で買っていた遊遊カードが台中のバスでも使えたのは便利だったので、もっておいて損はない。

正直なところ、あまり印象に残らないビジネスホテルといったところで、自信をもっておすすめしていいのか微妙なところではあるけれど、僕としては結構いいかなって思っている。

文華道會館(In One City Inn)
住所:台中市西屯區文華路138巷31號

Related Post

台中への小旅行 台中って遠くからみているとすごい殺風景だけれど、街のなかに入ると下町の風景があったり、美しい緑あふれる場所があったり、すごく鮮やかな体験がある。 なんかこう、外見にまどわされちゃいけないツンデレな街なのだなとかしょうもないことを考えたりする。 今回は彩虹眷村を目当てにこの街を訪れ、丸1日...
ホテルアルファーワン鶴岡 – 意外にもオススメしたくなるホテル... ホテル外観 今回の旅において、酒田に泊まって鈴政で食事をするというのが目的のひとつとしてあった。で、そのためには酒田駅前のホテルにでも泊まって・・と思って予約したのだが、僕がなにを間違えたのか隣町にある鶴岡駅前のホテルを予約してしまい、このホテルに泊まることとなってしまった。 鶴岡と酒...
台北地下鉄の乗り方 悠遊カード もういまさら書くこともないかもしれないが、どうもこのブログへは台北情報へのアクセスが多いので、自分用のメモ書き的なところもあるけれど書いておく。 まず、台北で公共交通機関を利用するのであれば迷わず「悠遊カード」を持ってのがおすすめ。 カードの購入はお金かかるけれど、こ...
やはり永盛帆布行の帆布バッグが好きなのである... 台南で度小月本店のすぐ隣くらいにある永盛帆布行という帆布バッグの工房兼ショップ。 ちょっとした自転車屋さんくらいの本当に小さなお店で、ミシンや帆布のロールが並んでいて全然オシャレな感じとかないのだが、ここで出来上がるバッグたちがどうにも好きなのです。 ということで、こちらも前回につづいて再訪...
Ibis Bangkok Siamは無難なビジネスホテル どう考えてもホテルが供給過多すぎるバンコクでは、他の都市のホテル料金高騰なんてどこふく風っていう感じで、相変わらず手頃な料金で泊まることができる。 今回の旅行では、わりと面白い宿に泊まってきたけれど、帰国前の一泊は便利なところにしようかと、サイアムにあるイビスホテルを選んでみた。ここのところ気...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください