客室。奥にみえるのはバスルーム。微妙。。
客室。奥にみえるのはバスルーム。微妙。。

台中で泊まったホテル。台中の駅からは遠いし、市街地からも若干離れていて、なんでこんなところにホテルがあるんだろう?って思うとともに、いくらこの土地に不案内でもここ選んだ自分が不思議なのだが、結果としては結構おもしろいホテルだった。

まず、逢甲夜市や逢甲大学に近いこともあって、全体的に学生街のユルい雰囲気があり、夜中までのんびりとした若者がそこらへん歩いているので、治安が悪い印象はうけない。

むしろなんだか僕としては安心できる感じ。この逢甲大学ってなんだか地味だけどいい大学なんじゃ・・という印象をうけた。

ホテルはフロントと共有スペースはおしゃれなのだが、客室に関しては機能的過ぎるほどに狭くて味気ないが、必要最低限のものは揃っている。

20140504-1552-58-06764

朝食については、あまり印象に残っていないのだが、ひどくはなかった。普通に美味しかったんだと思う。

チェックアウト後にも荷物をきちんと預かってくれたし、ビジネスホテルとしては普通にちゃんとしている。

ホテルから高鉄の台中駅とか彩虹眷村にはタクシーで行ったのだけど、それ以外に市街地へ行ったりするときはバスを利用していた。台中駅周辺市街地とホテルのある逢甲エリアはバス路線が豊富なので、結構便利だと思う。

そうそう、台北で買っていた遊遊カードが台中のバスでも使えたのは便利だったので、もっておいて損はない。

正直なところ、あまり印象に残らないビジネスホテルといったところで、自信をもっておすすめしていいのか微妙なところではあるけれど、僕としては結構いいかなって思っている。

文華道會館(In One City Inn)
住所:台中市西屯區文華路138巷31號

Related Post

パノラマ ホテル ヤンゴンは立地のいいビジネスホテルという感じ... パノラマホテル外観 ヤンゴンで宿泊したホテル。設備的には普通のビジネスホテルなのだが、ヤンゴン中央駅の裏手で街の中心地にあり、利便性の高いホテルだった。 宿泊料金は2014年2月時点で、一泊100USDドル前後となっており、現時点ではヤンゴンの市街地で泊まるホテルとしては手頃なところ。...
ヂェン先生の日常着をもとめに台北郊外まで... 青木由香さんのガイドブックを読んでいたら、すごい鮮やかな色合いの服飾のアトリエをみつけたので西門からバスに乗って向かってみた。 ショップではないので、あらかじめ電話で訪問の旨の予約が必要なので結構ハードルが高いのだが・・・。 アトリエというか工房は台北郊外の板橋というエリアになり、ここへ...
la yoo(來喲)のMade in Taiwanのかわいいバッグ屋さん... 台南のバッグのなかではデザイン的にかわいくて、こういうのもいいなと思っているところ。la yooにいってみた。 基本的にはマザーバッグとか子供用のバッグがメインなのだけど、普段使いにも便利なものがあったり、デザインがかわいかったりするのでまずは行ってみるのがいいかも。 この看板を目指し...
彩虹眷村はカオスで騒々しかった 台南から台中へ移動。 新幹線の窓からみえる台中は、高層ビルがどんよりとした空の下に乱立していて、なんだか近寄る気にはならない街という印象があった。 周囲は公園みたいに整備されている でも、今回この街に来たのは、彩虹眷村という場所に描かれている前衛的なアートが気になったから。 ...
ホテル ヤダナボン(マンダレー)に宿泊... ホテルはマンダレー駅そば(写真は派手なマンダレー駅) ミャンマー旅行で最後に泊まったホテル。チェックインが夜で、翌朝にはチェックアウトしてしまったため、あまり印象はないのだが悪くないホテルだとは思う。 場所はマンダレー駅近くで歩いて5~6分のところにある。下町のような雰囲気のところで、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください