20140505-1045-47-06994台中の市街地にあって、ひときわ巨大な建物の国立台湾美術館。

台湾アートの中心地であり、なにより驚いたのは入場料が無料であるということ。日本なんて、安くはあるけれど無料なことなんて、特別な日以外にはあり得ないよな。。

アートがもっている影響力を認識していて、それを重要なことだと思っているからこその無料なのだと思うが、こういうのはとても素敵。

僕が行ったときはとくに特別展みたいなものはなくて、がらんとしていたのだが、それでも新しいアートにふれた感じがあり楽しかった。

20140505-1049-07-06999

でも、一番印象に残ったのは建物外側で、吹き抜けみたいなところにいると、外はもう太陽がうんざりするような暑さを作り出しているのに、その場所は風が通り抜けてちょっと寒いと思ってしまうくらいだったこと。自然もまたアートだよね。

2014年は秋から台北でもビエンナーレが開催されるみたいだし、新しいアートにふれる旅というのもいいものだなと思う。

國立台灣美術館
住所:台中市西區五權西路一段

Related Post

「YÔKAÏNOSHIMA」 シャルル・フレジェ展をみてきた... 銀座のメゾンエルメスでやっているシャルル・フレジェの写真展をみてきた。 去年に表参道のルイ・ヴィトンでみた「フォンダシオン ルイ・ヴィトン 建築展」もそうだけど、高級ブランドが店舗内にギャラリーを設けてアートを支援していくというのはすごくよい仕組みだと思う。 銀座エルメスのギャラリーも天...
「たくさんの失われた窓のために」越後妻有、大地の芸術祭... 越後妻有で3年に一度行われるトリエンナーレとは別に毎年夏に小規模ながら大地の芸術祭を開催している。そして、この夏で「再構築」という僕の好きな作品が公開終了するということもあり、この夏も越後妻有へと行ってきた。 早朝に家をでて、まずやってきたのは「たくさんの失われた窓のために」という作品。越後湯...
やはり永盛帆布行の帆布バッグが好きなのである... 台南で度小月本店のすぐ隣くらいにある永盛帆布行という帆布バッグの工房兼ショップ。 ちょっとした自転車屋さんくらいの本当に小さなお店で、ミシンや帆布のロールが並んでいて全然オシャレな感じとかないのだが、ここで出来上がるバッグたちがどうにも好きなのです。 ということで、こちらも前回につづいて再訪...
市原湖畔美術館で「ロマネコンティ・ピクニック」をみてきた... 市原湖畔美術館 市原湖畔美術館で開催されているEAT&ART TAROの「ロマネコンティ・ピクニック-美味しいの探し方-」という展覧会をみに行ってきた。 市原湖畔美術館といえば、去年の「いちはらアートミックス」の会場だったのだけど、駐車場が高くてスルーしたところ。 しかし...
レアンドロ・エルリッヒ「Lost Winter」をみてきた。... 今回の越後妻有への旅で、「再構築」とともに気になっていたレアンドロ・エルリッヒの新作を観に行くことができた。三省ハウスという廃校をリノベーションしたドミトリーの宿泊施設があるのだが、そこの共有スペースに作られた「Lost Winter」という常設の作品となる。レアンドロ・エルリッヒらしい、さっかくや...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください