20140505-1045-47-06994台中の市街地にあって、ひときわ巨大な建物の国立台湾美術館。

台湾アートの中心地であり、なにより驚いたのは入場料が無料であるということ。日本なんて、安くはあるけれど無料なことなんて、特別な日以外にはあり得ないよな。。

アートがもっている影響力を認識していて、それを重要なことだと思っているからこその無料なのだと思うが、こういうのはとても素敵。

僕が行ったときはとくに特別展みたいなものはなくて、がらんとしていたのだが、それでも新しいアートにふれた感じがあり楽しかった。

20140505-1049-07-06999

でも、一番印象に残ったのは建物外側で、吹き抜けみたいなところにいると、外はもう太陽がうんざりするような暑さを作り出しているのに、その場所は風が通り抜けてちょっと寒いと思ってしまうくらいだったこと。自然もまたアートだよね。

2014年は秋から台北でもビエンナーレが開催されるみたいだし、新しいアートにふれる旅というのもいいものだなと思う。

國立台灣美術館
住所:台中市西區五權西路一段

Related Post

台南週末旅2014 街中にあった郵便箱 別に週末を利用してというわけじゃないけれど、2014年のゴールデンウィーク後半を利用して台湾を旅してきた記録の台南編。 ちょうど台南を旅していたタイミングが週末にかさなっていて、賑わう台南を旅してくることになった。 週末の台南は混雑という感じじゃなくて、活気が...
地元感あふれる福榮意麵(台南) 正興街にあって、今回泊まった正興珈琲館のすぐ横にあるに西門市場のなかにある屋台的なお店。 ものすごい地元感があって、なんでこんな楽しそうなところがあったのに前回来なかったんだろう・・と思ってしまった。 お店は入り口から少し奥に入っていったところにあり、小さな看板に店名が書いてある。 ...
中之条ビエンナーレ2015 – 伊参エリア編... 中之条ビエンナーレで巡る里山の旅。四万温泉の東側にある伊参エリア編。この辺りは、伊参スタジオが有名なところだけど、今回は新たな廃校が増えていたのが、ビエンナーレとしてはいいのだろうけれど、地域としてはどうなんだろうって思うところ。 旧伊参小学校 旧伊参小学校にあった作品。なんかぞわぞ...
大地の芸術祭への旅 2015年 この夏にもっとも長い旅。新潟の越後妻有で3年に一度開催されている大地の芸術祭へ行ってきた。なんだかんだと毎年のように来ているので、だんたんなじみ深い地域になっているのだが、それでもこのトリエンナーレの時期は特別な雰囲気。 今回の旅ではいつも泊まっているベルナティオを拠点に2泊3日まるまる全部、...
台湾最大の夜市な花園夜市に行ってきた... 台湾で夜市は前もっての期待と実際の落胆のはざまで揺れ動くことになるから、あまり積極的に行かないのだが、新農街ですっかり楽しくなっちゃってたし、台湾最大級の規模だときいたのでちょっくら行ってみることに。 新農街からは3〜4キロは離れていてタクシーを利用。 新農街でタクシーを拾うのはちょっと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です