20140505-1045-47-06994台中の市街地にあって、ひときわ巨大な建物の国立台湾美術館。

台湾アートの中心地であり、なにより驚いたのは入場料が無料であるということ。日本なんて、安くはあるけれど無料なことなんて、特別な日以外にはあり得ないよな。。

アートがもっている影響力を認識していて、それを重要なことだと思っているからこその無料なのだと思うが、こういうのはとても素敵。

僕が行ったときはとくに特別展みたいなものはなくて、がらんとしていたのだが、それでも新しいアートにふれた感じがあり楽しかった。

20140505-1049-07-06999

でも、一番印象に残ったのは建物外側で、吹き抜けみたいなところにいると、外はもう太陽がうんざりするような暑さを作り出しているのに、その場所は風が通り抜けてちょっと寒いと思ってしまうくらいだったこと。自然もまたアートだよね。

2014年は秋から台北でもビエンナーレが開催されるみたいだし、新しいアートにふれる旅というのもいいものだなと思う。

國立台灣美術館
住所:台中市西區五權西路一段

Related Post

la yoo(來喲)のMade in Taiwanのかわいいバッグ屋さん... 台南のバッグのなかではデザイン的にかわいくて、こういうのもいいなと思っているところ。la yooにいってみた。 基本的にはマザーバッグとか子供用のバッグがメインなのだけど、普段使いにも便利なものがあったり、デザインがかわいかったりするのでまずは行ってみるのがいいかも。 この看板を目指し...
まつだい農舞台と里山食堂のカフェ 越後妻有に来るとだいたい立ち寄るのが松代駅のすぐ横にある農舞台という施設。正式名称は「まつだい雪国農耕文化村センター」というところで、なかにはお土産物屋さんとか小さな美術館、カフェレストランなどがある。 農舞台のまわりにも見所が多く、草間彌生の屋外展示作品「花咲ける妻有」もここにあるの...
川村記念美術館の大賀蓮と睡蓮の庭 いつの間にか梅雨もあけて、そういえばすっかり夏の装いになってしまった。 今年も千葉県佐倉市にある川村記念美術館の庭園に行ってきた。目当ては大賀蓮と睡蓮。 世界的なインク企業の研究所に併設しているだけあって、四季折々さまざまな色であふれている庭園はいつ行ってもわくわくする。 今回は蓮...
VVG Something ふたたび 世界でもっとも美しい書店のひとつに選ばれた好樣本事の近くまできたので、ひさびさに立ち寄ってみた。 ここって来るたびに新しい発見があって、洗練されているなあって思う。 細部まで手抜かりなく世界観が作られていて、全体としても調和がとれている。 このグループが経営しているほかの施設と比べ...
正興珈琲館カフェ編 今回も正興咖啡館に宿泊したのだけど、ここは宿としてだけではなくカフェとしてもとても居心地のいい場所なので、泊まってなくてもおすすめできる場所だと思う。 そして、正興街はここ以外にもおもしろいところが多く、若者が集まるエリアになっているので、過ごしていて楽しい。 正興珈琲館はブルーの扉が目...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください