20140505-1045-47-06994台中の市街地にあって、ひときわ巨大な建物の国立台湾美術館。

台湾アートの中心地であり、なにより驚いたのは入場料が無料であるということ。日本なんて、安くはあるけれど無料なことなんて、特別な日以外にはあり得ないよな。。

アートがもっている影響力を認識していて、それを重要なことだと思っているからこその無料なのだと思うが、こういうのはとても素敵。

僕が行ったときはとくに特別展みたいなものはなくて、がらんとしていたのだが、それでも新しいアートにふれた感じがあり楽しかった。

20140505-1049-07-06999

でも、一番印象に残ったのは建物外側で、吹き抜けみたいなところにいると、外はもう太陽がうんざりするような暑さを作り出しているのに、その場所は風が通り抜けてちょっと寒いと思ってしまうくらいだったこと。自然もまたアートだよね。

2014年は秋から台北でもビエンナーレが開催されるみたいだし、新しいアートにふれる旅というのもいいものだなと思う。

國立台灣美術館
住所:台中市西區五權西路一段

Related Post

台北ふたたびの旅 Dandy Hotelのロビー いつもよりちょっと長めの台湾旅。最後は台北にやってきた。 今回はいつものリビエラホテルではなくて、新しくMRTの路線が開通した駅のそばにある丹迪旅店(Dandy Hotel)に宿泊。 大安森林公園に面したこのホテルはとにかく気持ちがよくて、新しい台...
フランク・ゲーリー パリ – フォンダシオン ルイ・ヴィトン 建築展をみてきた... 21_21 design sightで開催しているフランク・ゲーリー展(“I Have an Idea”)にあわせて、表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催されていたイベント。 ミッドタウンのゲーリー展でも入口に模型が展示されていた、フォンダシオン ルイ・ヴィトンの部分を切り出して展示して...
BCTION Tokyoをみてきた もう終わっちゃって、きっと今頃はもうこの世界に存在しないアートなのだと思うけれど、2014年9月に麹町でやっていたBCTIONというアートイベントを見てきた。 BCTION ≒ ハクション 取り壊し寸前のビルを、ストリートなどで活躍している様々なジャンルのアーティストたちが1棟丸ごと美...
台北バスとスマホ旅 愛用しているSIMフリーのNexus4 むかし(といっても10年くらい前)は旅に出るとなると地図を買って、街中で迷いさまよい、疲れてタクシーに乗ってしまう・・とかだった。列車での移動もしっかり何度も時刻表を確認したり、駅の窓口で尋ねたりしていたり。 それが8年くらい前になるとGPSが搭...
宮原眼科で楽しむスイーツ 台中でどこか一カ所だけ訪れることができるというのであれば、僕としては彩虹眷村よりもこちらの宮原眼科を推薦したい。お店の雰囲気も店内の豪華な装いも必見。 ちなみに、眼科というのは名前だけで、お店の業態としてはスイーツ店とカフェが併設されている。ものすごい昔は眼科だったらしいのだが、こんな日本橋三...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください