20140505-1152-13-07029国立台湾美術館の敷地内ににある喫茶室で、かなりおしゃれ。

春水堂があるところと同じ建物内には秋山堂では中国茶を本格的なスタイルで楽しむことができる。

春は水で、秋は山ってこと?なんだかそういうところもセンスを感じる。

20140505-1124-09-07025春水堂は代官山にもあるしな・・ということで秋山堂にしたのだけど、すごい手頃な金額でこんなにゆったりとした空間で過ごす時間とお茶の楽しみを、かなり手頃な値段で味わえるというのは本当に幸せなことなんじゃないかと思う。

お店の人は英語はできないけれど、まあなんとかコミュニケーションとれるし、なにより所作が美しくて、最初にお茶をいれてくれるスタイルとかもう、うっとりしてしまう。こういうのが手際よくできる人っていいな・・とか。

20140505-1116-56-07012

20140505-1118-52-2159京都にある一保堂の喫茶室みたいな感じかなというところで、お茶とちょっとしたお菓子がついてくる。お湯は適宜追加してくれる。

中国茶をきちんとしたスタイルで楽しみたいというのであれば間違いなくここはおすすめ。

もし訪れるとしたら迷いなく、間違えがないここをおすすめしたい。店内には中国茶の茶器なども取りそろえてあり、旅先でお猪口を買うことが数少ないコレクションである僕は小さな茶器を買ってしまった。

20140505-1124-17-07026

秋山堂
住所:台中市五權西路一段2号B1
時間:11:00 – 22:00

Related Post

竹風堂の喫茶室で栗のかき氷(栗みぞれ)。... 小布施まできたら、竹風堂で栗おこわ買って帰らない理由はない。なので、栗おこわを買うためにお店に行くのだが、今回は前から気になっていた本店の二階にある喫茶室に行ってみることにした。休日の夕方なのだが、すごく空いていてびっくりした。 この喫茶室でも栗おこわを食べることができるみたいなのだが、僕の目...
一保堂茶舗と喫茶室嘉木 煙草以外の合法的な嗜好品にはめっぽう弱い僕なのです。 ということで、嗜好品としての歴史も古いお茶について。台湾のお茶も好きだけれど、日本茶も大好き。 いままでは一保堂のほうじ茶を飲んでいましたが、このお店に併設されている喫茶室嘉木で緑茶のすごさを実感してからは好みが変化した。なにがすごい...
カフェ えどもんずでワインのようなブルーマウンテンコーヒーを味わう... アジフライで有名なさすけ食堂のほぼ向かい側にある古民家カフェの「カフェ えどもんず」。さすけ食堂の待ち時間に訪れる人も多いのだけど、美味しいコーヒーとゆっくりした時間を過ごすのであればやはり食後に訪れたいところ。挽き立てのブルーマウンテンコーヒーはワインのように深い味わいだった。 カフェ えど...
台北的定番朝食の「周記肉粥店」 台北での定番朝食としてガイドブックとかサイトで紹介されている「周記肉粥店」に行ってきた。 歩いて行ったのだけどお店の前には、つぎつぎに地元人らしきおっさんが自転車で乗り付けたり、出て行ったりしていて賑やかなのですぐにわかると思う。 勝手がわからず入口で呆然としていると、声をかけられて日本...
台北バスとスマホ旅 愛用しているSIMフリーのNexus4 むかし(といっても10年くらい前)は旅に出るとなると地図を買って、街中で迷いさまよい、疲れてタクシーに乗ってしまう・・とかだった。列車での移動もしっかり何度も時刻表を確認したり、駅の窓口で尋ねたりしていたり。 それが8年くらい前になるとGPSが搭...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください