せっかく南房総まで来たのならばということで、初夏の大山千枚田を観てきた。水がはられて田植えが済んだばかりの田んぼは、空の色を映し出していて美しいし、谷間を吹いている風は気持ちがいい。

これがブータンだと、同じ棚田でも水がはられていなくて寂しいのだけれど、中国や日本の棚田は小さい鏡を貼り合わせたような雰囲気があって、きらきらと輝く田んぼは本当に本当に美しいと思うと同時に、ここまでして食料を確保するという人間が生きていくことの大変さを感じてしまう。

初夏の大山千枚田

それはさておき、大山千枚田は関東に残る数少ない大規模な棚田で駐車場と展望台と雰囲気のいいカフェまである、ちゃんとした観光地になっている。アクセスは最後の5キロくらいはちょっと細い山道を通ることになるけれど、それ以外はわりと田舎の県道を走る感じなので車の運転には問題ないと思う。

付近には農家民宿もあったりするので、初夏から秋にかけてはそういったところに泊まって夜や早朝の風景を楽しんでみるのもいいかもしれない。

Related Post

小布施の葛飾北斎巡り(岩松寺、北斎ミュージアム)... 葛飾北斎は晩年の頃、小布施にパトロンがいたということで、定期的に訪れていては作品を残していた。小布施って長野にしてはすごく垢抜けている印象をもっているのだが、こうした文化が背景にあるからなのかもしれない。 その、北斎の作品がみられるのが小布施郊外にある岩松寺と、町の中心部にある北斎ミュ...
花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル... 千鳥ヶ淵の桜を観に行ったら、まだあまり咲いていなかった。しかし、九段下のインド大使館では「さくらフェスティバル2016」をやっていたので、これはいかなくては!と訪問。 これってまさに花より団子みたいな状態。とはいえ、インド大使館のこのイベントは面白いので外せない。都内のインド料理の名店が大使館...
台湾の古きよき雰囲気が残る四四南村... おしゃれで近代的な信義エリアの台北101ふもとに残る古い街並み。もともとは中国本土からやってきた人たちが定住して暮らしていたエリアだったのだが、再開発で移住して建物と街並みだけが残った場所。 いまでは、展示館とか「好丘 Good Cho’s」みたいなお店が入っていたりしていて、古さと新しさが混...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
クリスマスイブの夜に 今年は、本当に旅の合間のクリスマスイブの夜。東京駅前にあるKITTEではWHITE KITTE 2014ということで、イベントスペースの吹き抜けエリアに巨大なクリスマスツリーを飾っていて、そこでイルミネーションのショーをやっている。 正直なところ、イルミネーションとかあまり興味ないのだけど、こ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です