台中って遠くからみているとすごい殺風景だけれど、街のなかに入ると下町の風景があったり、美しい緑あふれる場所があったり、すごく鮮やかな体験がある。

なんかこう、外見にまどわされちゃいけないツンデレな街なのだなとかしょうもないことを考えたりする。

今回は彩虹眷村を目当てにこの街を訪れ、丸1日24時間くらいの滞在でしかなく、結局のところ印象に残ったのは、壮麗な宮原眼科の建物だったり、なつかしい雰囲気の夜市とか、秋山堂での中国茶体験だったりして旅というのは最初の計画通りにしなくて、途中で楽しみ方を変えていくというのもいいよなと改めて思った。

国立台湾美術館は必見

宮原眼科

台中をみてまわるとして、僕としてはなにがおすすめだろう・・というときに、マストなのは宮原眼科秋山堂かも。

ついでに時間があれば国立台湾美術館をみてまわるのもいいし、ランチに田楽でハンバーガーを食べるのもおすすめできる。 彩虹眷村に関してはここにしかないものなので、来てみるのは必須かもしれないけれど、人によってはただ騒がしい観光地に思えるだけかもしれないし、ちょっと評価が分かれてしまうかもしれないなあ・・とも思った。でも、おもしろいんだけどね。

田楽のハンバーガー
逢甲夜市

ホテルについては、市街地が国鉄台中駅近くに集まっていて、宮原眼科などもあったりするので、駅の近くがいいのかもしれない。

僕はちょっと離れた逢甲夜市の近くにしたのだが、ここは市街地までバスで移動することになるので、若干不便に感じるかもしれないが、なんだかちょっとこの街に暮らしているみたいな気分にもなれて、それはそれで楽しい体験。 そうそう、バスの移動では台北で利用している悠遊カードで支払いができて、かつ料金がちょっとお得みたいなのでカードは持ってきた方がお得。

台中の街の遠景

台中は台北からも近いし、高速鉄道を利用すれば日帰りもできると思うので、ちょっと目先をかえた目的地ということであれば、この街を訪れるのもまた楽しいと思う。

この旅の記録:台中への小旅行

Related Post

秋の信州、サイトウ・キネン・フェスティバルと北アルプス三蔵呑み歩き... この夏、僕にとってはフジロックにも行かず、サマソニにも参戦せず、サイトウキネンにフォーカスを絞ってチケットを確保していた。 小澤征爾と大西順子の共演は、僕にとってCUREやミスチルよりも大事な欠かせないものだったのである。ということでチケットを握りしめて松本へ。 途中で、東山魁夷の作品で...
台南一泊二日で帆布バッグ屋巡りの旅... 2013年はやたらと台湾に来ていて、今回これで4回目。正直なところ、実家に帰っているより台湾来ている回数の方が多いくらいだ。 で、毎回台北とその周辺だけ来るのもなんだかなと思って今回来てみたのは台南。新幹線で台北(桃園)から2時間弱といったところで、福岡から鹿児島に来たような感覚というかそのく...
papabubble taipeiは台北土産のおすすめ 台湾のお土産ってパイナップルケーキとかくらいしか思い浮かばなかったのだが、パパバブレの台北店があると知って訪れてみた。 パパバブレ自体はバルセロナにあるキャンディ屋さんで、日本だと中野にあるところ。すごく細工のこまかいアートな金太郎飴をつくるという感じで、台北限定のキャンディがあると知りきてみ...
羽越線に乗ってみた、ローカル線の旅... 今回の旅では、夕食に酒田の鈴政で食事をとるに予定があったのに、僕が間違って鶴岡のホテルを予約してしまうという、ものすごい微妙なミスをしてしまった。 なので、酒田までは列車を使っての移動なのだが、これが思いのほか旅情があったというか、印象に残る旅になった。 鶴岡と酒田の間は週末の夕...
篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください