愛用しているSIMフリーのNexus4

むかし(といっても10年くらい前)は旅に出るとなると地図を買って、街中で迷いさまよい、疲れてタクシーに乗ってしまう・・とかだった。列車での移動もしっかり何度も時刻表を確認したり、駅の窓口で尋ねたりしていたり。

それが8年くらい前になるとGPSが搭載された携帯とGoogle Mapが携帯で使えるようになっていることに気がつき、タイで中古のソニーエリクソンの携帯を手に入れて旅のスタイルがずいぶん変わった。携帯の地図見ながらタクシーの運転数に道案内したりとか・・・。

そして、さらに画面の大きなスマートフォンの登場で僕はいままでなにを頼りに旅していたのだろう・・とふと思ってしまうくらいだ。もちろん、古き良きスタイルこそが旅の醍醐味という人もいるし、その気持ちもわかるんだけど、僕は新しいテクノロジーの可能性を信じているので率先して旅に導入している。

台湾のバスは日本のににていて、安全で乗りやすい

ということで、スマートフォンを利用した旅は劇的に行動範囲を広げてくれるのでおすすめしたい。最近では、目的地に対して地下鉄とバス路線を組み合わせたりするルート検索まできたりするので、あのわけのわからない台北の路線バスにも何の苦もなく乗れてしまう。

ガイドブックではMRTでいってそこから徒歩20分・・とか書いてあっても、じつはバスでもっと楽に行けたりするのですごく便利。てか、これがないと台北をバスで移動するなんて思いもよらなかったと思う。

バスに関しては遊遊カードをもっていれば乗るときと降りるときに運転席横の箱にタッチすればOKなのでわかりやすい。地図を確認しながらであれば、自分がどのあたりにいるかも確認しながら乗れるので安心。

タクシーを活用する旅もいいけれど、なんだか地元で暮らしているかのような路線バスで巡る旅というのもまた情緒があって楽しい。スマートフォンが広げてくれる新しい旅の可能性だと思うので、ちょっとチャレンジしてみてもらいたい。

Related Post

GlocalMe G2は普段使いもできる世界対応のWiFiルーター... 僕が使っている携帯はSIMフリーなので、だいたいの国では空港でSIMを手に入れて通信をすることができる。 しかし、一部国ではSIMが手に入りづらかったりすることもある。そして、旅の同行者がいたりするとその人たちの通信手段を確保しておいた方が便利なことは多々ある。毎回、空港でWiFiをレンタルす...
點水樓(SOGO復興店)でのランチはおすすめできる... 青田七六で肩すかしをくらった感じになり、おなかもすいていたので近くのお店を探してたどり着いたのがこちら。 SOGOのなかにあって、ちょっと高級な雰囲気もあるレストランだったが、わりと手頃な値段感で点心とか飲茶が楽しめるいいレストランだった。 お店に入って席に案内され、まずなんのお茶を飲む...
やはり永盛帆布行の帆布バッグが好きなのである... 台南で度小月本店のすぐ隣くらいにある永盛帆布行という帆布バッグの工房兼ショップ。 ちょっとした自転車屋さんくらいの本当に小さなお店で、ミシンや帆布のロールが並んでいて全然オシャレな感じとかないのだが、ここで出来上がるバッグたちがどうにも好きなのです。 ということで、こちらも前回につづいて再訪...
窄門咖啡 Narrow Door Cafeはフォトジェニックで時間を忘れて過ごせるカフェ... 前回の台南訪問のときに来てみたかったなあ・・と思いつつ来られなかったところ。 今回は満を持してやってきた。お昼過ぎだったのだが、週末だったこともあり店内は結構な賑わい。 それでもちょうどいい具合に席があいていたので座ることができた。 ここはお店の名前が示している通り、やたらと狭い路...
香港でSIMを購入(今回は4G LTE) 空港内のセブンイレブンでSIMカードを購入 前回の旅では、出国する出口のすぐ側にある両替所でSIMが売っていたので(詳しくはこちら)、それを購入したのだけど、今回の香港エクスプレスのフライトは時間が早く到着しすぎてそのお店すらあいていない状況。 なので、空港内のセブンイレブンまでいって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください