愛用しているSIMフリーのNexus4

むかし(といっても10年くらい前)は旅に出るとなると地図を買って、街中で迷いさまよい、疲れてタクシーに乗ってしまう・・とかだった。列車での移動もしっかり何度も時刻表を確認したり、駅の窓口で尋ねたりしていたり。

それが8年くらい前になるとGPSが搭載された携帯とGoogle Mapが携帯で使えるようになっていることに気がつき、タイで中古のソニーエリクソンの携帯を手に入れて旅のスタイルがずいぶん変わった。携帯の地図見ながらタクシーの運転数に道案内したりとか・・・。

そして、さらに画面の大きなスマートフォンの登場で僕はいままでなにを頼りに旅していたのだろう・・とふと思ってしまうくらいだ。もちろん、古き良きスタイルこそが旅の醍醐味という人もいるし、その気持ちもわかるんだけど、僕は新しいテクノロジーの可能性を信じているので率先して旅に導入している。

台湾のバスは日本のににていて、安全で乗りやすい

ということで、スマートフォンを利用した旅は劇的に行動範囲を広げてくれるのでおすすめしたい。最近では、目的地に対して地下鉄とバス路線を組み合わせたりするルート検索まできたりするので、あのわけのわからない台北の路線バスにも何の苦もなく乗れてしまう。

ガイドブックではMRTでいってそこから徒歩20分・・とか書いてあっても、じつはバスでもっと楽に行けたりするのですごく便利。てか、これがないと台北をバスで移動するなんて思いもよらなかったと思う。

バスに関しては遊遊カードをもっていれば乗るときと降りるときに運転席横の箱にタッチすればOKなのでわかりやすい。地図を確認しながらであれば、自分がどのあたりにいるかも確認しながら乗れるので安心。

タクシーを活用する旅もいいけれど、なんだか地元で暮らしているかのような路線バスで巡る旅というのもまた情緒があって楽しい。スマートフォンが広げてくれる新しい旅の可能性だと思うので、ちょっとチャレンジしてみてもらいたい。

Related Post

klia2(クアラルンプール国際空港)でツーリストSIMを買う... マレーシアは街中では携帯ショップはあまり見かけなかったのだが、クアラルンプールのklia2では出口すぐのところに並んでいて、通信事情の確保という点においてはすごい便利だった。 マレーシアの通信事情はよくわかっていないのだが、おそらく最大手はHOT LINKという会社だと思われる。 今回は...
ホーチミンの空港(タンソンニャット)でSIMカードを購入、通信事情など... ホーチミンの街中はどこのお店行っても、どんな安宿行ってもFree Wi-Fiのサービスがあるので、データローミングしなくてもそれなりに利便性が高い街になっている。空港とはえらい違いだ。 とはいえ、SIMフリーの携帯もっていればSIMをかなり安く購入することができるし、通信速度もそれなりに速いの...
ドンムアン空港でツーリストSIMを手に入れる... ひさびさのドンムアン空港入りで、こんなしょぼい空港でツーリスト向けのSIMカード売っているのかなあとちょっと不安もあった。 でも、ここはどこでもSIMを買うことが出来るタイならでは。ちゃんと売っていたので一安心。 とはいえ、2016年6月の時点では通信会社の直営店らしきものは存在しておら...
スワンナプーム空港でツーリストSIMを購入する... ユナイテッド便でバンコクに到着して入国後に最初にやるのはプリペイドSIMを購入すること。SIM自体はコンビニや、バンコク市内のMBKといったショッピングモールでも販売されているが、設定など確実に利用できるようにするには空港で買っておいた方が確実だと思う。 タイの通信会社はメジャーどころでは、A...
papabubble taipeiは台北土産のおすすめ 台湾のお土産ってパイナップルケーキとかくらいしか思い浮かばなかったのだが、パパバブレの台北店があると知って訪れてみた。 パパバブレ自体はバルセロナにあるキャンディ屋さんで、日本だと中野にあるところ。すごく細工のこまかいアートな金太郎飴をつくるという感じで、台北限定のキャンディがあると知りきてみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です