台北の代表的存在のレストランというだけでなく、世界的にも有名な鼎泰豐の小籠包。お店の外はいつも大賑わいでよやくせずにお店にいくと30分くらいは待つことになる。

でも、便利にできてる感じで調剤薬局の順番待ちみたいに受付で名前と引き替えに予約番号をもらって、そこらへん一通り散歩してお店にもどってお店の店先にある電光掲示板に自分の番号があればお店に入れるというシステム。なので、苦難の末に・・という感じはあまりなくて、待ち時間でそれこそ台湾マッサージでもしているとかでもいいんじゃないかと。

店内はすごい活気があって、店員さんが半ばやけくそ気味なんじゃないかっていうくらいに元気がいい。日本語が飛び交っていて日本みたいだ。でも、お客さんのなかにはガイドブックをもったアメリカ人などもいたりするので、ここが本当に人気店なんだと実感する。

日本にもあって人気の鼎泰豐の小籠包を食べるのだが、たしかに結構手頃な金額ですごい美味しい小籠包が楽しめるというのはすごいと思う。お店の雰囲気がカレーのココイチみたいだとか、情緒がないというところもあるかもしれないが、美味しいものを適正な価格で提供するということレストランの信念を感じる。

ただ、僕の結論からするとやはり来てみたものの並んでまで来ることではなかったなというところ。バランスのいい美味しい料理の数々なんだけど、あまり記憶に残らないのだよな。

僕としては台北においては済南小籠包をおすすめしたい。

鼎泰豐(信義店)
台北市大安區信義路二段194號
10:00-21:00(土日祝は9:00から)

Related Post

恋する豚研究所 – ブランディングの勝利、結構おいしい豚肉カフェ... 場所的にいうと、香取から成田空港へ抜ける道すがらにあって、千葉の米所で知られている多古のあたりにある豚肉の製造販売所とカフェ。 本道から少し入ったところにあるのだけど、結構目立つ外観なのでだいたいのところまで行けば迷わないと思う。かなり代わった外観で、豚肉の製造販売というよりかはデザイン事務所...
寮國咖啡で楽しむラオスコーヒー 台南でラオス産のコーヒーを楽しんできた。結論からいうと、とてもうまい。 ラオスに行ったことは何度かあるのだが、まさかこんなちゃんとしたコーヒー作っていたとはね。でもまあ、フランス領だったこともあるし、食事に対しては感度が高いエリアではあった。コーヒーがあっても不思議じゃない。 しかしまあ...
丸林魯肉飯(台北)にて屋台料理をレストランで食べる... 台北について、いつものホテル・リビエラ(欧華酒店) にチェックインして、それがお昼過ぎの中途半端な時間だった場合、おやつ代わりにちょっと行くのがこちらの丸林魯肉飯。 魯肉飯(ルーローファン)というと屋台料理というイメージだけれど、ここではちょっとオシャレなレストランな感じのところで食べることが...
茶湯會 Teapateaで手軽に中国茶 台湾の人ってよく大きめの容器に入ったお茶を飲んでいるイメージがあって、あれいいなと思っていたのです。で、福州胡椒餅を買ってホテルへの帰り道にちょっとシックな雰囲気のお茶スタンド的なものがあったので買ってみた。 あとで知ったのだが春水堂の系列で、ここはなんていうか廉価版でカジュアルスタイルといっ...
「鼎泰豐」でのディナー、結局ここが一番美味しい。... 今回の旅では台北でも友人と合流したこともあり、どこかでディナーをしようかと鼎泰豊に行ってみることにした。本店は混みすぎているだろうと、台北101の方に行ってみたのだがこちらもやはり混雑していた。 しかし、台北101の入っているフロアはスーパーマーケットや色んなお店があり、さらには鼎泰豊のアプリ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください