青田七六に予約していて、ちょっと時間が中途半端にできてしまったので、カフェはしごじゃないけれど、近所にあったLibero Coffeeにきてみた。

外のテラスがすごい気持ちよさそうだったのだけど、どうやらそこは喫煙エリアだったみたいなので慌てて店内に避難する(僕はたばことは無縁の生活で嫌煙というより、もはや絶煙に近い状況)。

店内はちょっとおもしろい作りになっていて、入口はバーカウンターがあってパブっぽいのだが、奥はクラシックな喫茶室みたいなエリアがあったり、モダンな雰囲気のカフェスペースがあったりする。ちょっとおもしろい。

コーヒーにブランデーをいれたものがあったので頼んでみたのだが、結構きつく入っていて、飲んだときにアルコールが胃にはいっていくのがわかるくらい。うまい!でも酔っ払う。。普通のにすればよかった・・と思いつつ、ほろ酔い気分になってしまった。。

ここはパブエリアも結構広くて楽しそうだったのでカフェだけじゃなくて、夜にお酒を飲みに来ても楽しいかもしれない。裏通りにある隠れ家カフェといった感じのところだった。

咖啡小自由 Libero Coffee & Bar
住所:台北市金華街243巷1号
時間:12:00-24:00(日曜日は18:00まで)

Related Post

CHE MY 2(チェー ミー ハイ)でベトナムスイーツ... 外観 日が暮れたベトナムで食後のカフェ的な存在といえば、僕のなかではChe(チェー)という、ぜんざいのようなスイーツを食べること。 いまは昔、ベトナムをうろうろと旅行をしていたとき、現地の女の子につれられて薄暗い街角で一緒にチェーを食べていたことがある。 そのときはなに食べている...
真心珈琲 – 金瓜石老街にあるまったりカフェ... 金瓜石を散歩していて、階段をくだったところにあった一軒のカフェが、この旅において最も印象に残るカフェとの出会いだった。 場所は金瓜石の老街と呼ばれる、観光地からちょっと外れた古い街並みのなかにあります。入り口にはハートマークの看板があるから行けばすぐわかると思う。 店内はそれほど...
神楽坂の「la kagu(ラカグ)」は、かなり楽しい... 神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。 場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポッ...
salo cafe(サロカフェ) – 新宿での喧噪を逃れた癒やしカフェ... フィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。 森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もあ...
合成帆布行はお土産に最適 永盛帆布から合成帆布まではものの10分も歩かずについてしまう。友人へのお土産を調達しにやってきた(前回の訪問はこちら)。 ここはショップのノベルティなども作っているところで、やはり永盛帆布と同じように工房兼ショップという感じ。 店先にはAmoとかいうロゴが入ったバッグがうずたかく積み上げ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.