20140506-1848-42-07301世界でもっとも美しい書店のひとつに選ばれた好樣本事の近くまできたので、ひさびさに立ち寄ってみた。

ここって来るたびに新しい発見があって、洗練されているなあって思う。

細部まで手抜かりなく世界観が作られていて、全体としても調和がとれている。

このグループが経営しているほかの施設と比べても、この書店の洗練さは抜きんでている。

台北にあっても、つい通ってしまうような書店なのに、これが近所にあれば入り浸ってしまいそうだ。

今回も雑貨をみてまわったり、奥のカフェスペースでまったりしてみたり。夕暮れ時のひとときを過ごしていて、ひとしきり満足して外にでたらすでに日が暮れていた。

ここは台北に来たら新しい発見を求めに、とりあえず行ってみる価値がある場所だと思う。

20140506-1843-38-07295

20140506-1848-10-07298

VVG Something 好様本事

Related Post

一保堂茶舗と喫茶室嘉木 煙草以外の合法的な嗜好品にはめっぽう弱い僕なのです。 ということで、嗜好品としての歴史も古いお茶について。台湾のお茶も好きだけれど、日本茶も大好き。 いままでは一保堂のほうじ茶を飲んでいましたが、このお店に併設されている喫茶室嘉木で緑茶のすごさを実感してからは好みが変化した。なにがすごい...
絶景が望める、大山千枚田の棚田倶楽部のカフェ... 和田浦港から和田浦の浜で遊んだあと、春の大山千枚田を訪れてみた。 田植え前の水をはった田んぼは、谷間に小さな鏡が敷き詰められているみたいで、明るく光っていて美しい。 これが夏には稲が育って、秋には刈り取られてまた大山千枚田の夜祭りが行われるのかと思うと、時間のながれと景色の移り変わりに不...
岡山媽媽雜貨舖でまた買い物 台北に来ると立ち寄っているお店で、クオリティが高い製品がそろっているし、訪れるたびに新しい発見とか新しい製品があって見逃せない存在。(前回の訪問はこちら) 今回の訪問では、台湾とは関係ないけれどモリスコレクションのテキスタイルを使ったものが出来てきていて、これがどれも圧倒的な存在感があった。...
The 240はプノンペンで定番のオーガニックカフェ... プノンペンでは定番のスポットである240通りにある有名な老舗カフェ。240通りは東京でいうと表参道みたいな感じでギャラリーとかがあったりする。 最近では、大きな通りがあって車でアクセスしやすいボンケンコンエリアに流行が移ってきているけれど、古きよき整備されたプノンペンの街並みが残っている通りは...
かもめブックスに併設されている「WEEKENDERS COFFEE All Right」(神楽坂)で... 「美味しい珈琲さえあれば、BOOKS ARE ALL RIGHT!!」というキャッチフレーズで、神楽坂のかもめブックス内にあるカフェ。京都にあるロースターカフェ「WEEKENDERS COFFEE」の豆を使ったコーヒーが味わえて、テイクアウトをすることもできる。かもめブックスに来たら、ぜひここでコー...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です