なにかを自分用にオーダーメイドするという行為は、たいそう贅沢なもので自分には縁のないもののように感じることもあるのではないかと思う。

しかし、別にそんなこともなくて、そりゃファストファッションで買うシャツよりかは高いけれど、980円で買うシャツにはない愛情(それは単に高いから・・ということではなくて)を持てる商品を着るというのもいいんじゃないかと思う。

誰だって、街中で同じシャツ着た人にあうのはちょっと気がひけるでしょ。オーダーメイドならばそんな心配は無用なのです。まあ、一緒の人がいたら、そりゃもう運命だから告白とかした方がいい。

ということで、オーダーメイドシャツを台北で作ってみようということで、訪れたのはPO_Iというお店。Google Mapにも存在しない小さいお店で僕が店内に入ったときにはみんな一生懸命にシャツを作っていた。

店員さんは日本語はできず、英語でコミュニケーションをすることになるが、簡単な言葉のやりとりだけなので、それほど苦労はないと思う。シャツの価格帯はカスタマイズの程度にもよるけれど、1枚あたりだいたい 7,000~8,000円くらいかなあというところ。オーダーしてから約2週間くらいで発送されてきた。送料はEMSで200NTD(約600円くらい)と安いので気軽に作れます。

オーダーのシミュレーションはPO_IのWEBサイトで出来るので、事前にあれこれアレンジしてみておくのも楽しい。雰囲気としてはカジュアルシャツなのだけど、選ぶ要素によってはドレスシャツっぽいのもいけそう。

シャツの生地だけでなく、身幅などのフィット感も結構細かくオーダーできるので、自分にあうシャツがない・・と悲観にくれるところがないのがまたスバラシイ。ということで、台北で作るオーダーメイドシャツ、かなりおすすめです。

http://www.poi.tw/

Related Post

ヂェン先生の日常着をもとめに台北郊外まで... 青木由香さんのガイドブックを読んでいたら、すごい鮮やかな色合いの服飾のアトリエをみつけたので西門からバスに乗って向かってみた。 ショップではないので、あらかじめ電話で訪問の旨の予約が必要なので結構ハードルが高いのだが・・・。 アトリエというか工房は台北郊外の板橋というエリアになり、ここへ...
GALOOP – Made in Taiwanにこだわるファッションスタイル... Made in Taiwan(MITとも略されるらしい)のスタイルにこだわって展開しているファッションブランドのGALOOPに行ってみた。 お店のラインナップ的にはそうだなあ・・20代をターゲットにしているような感じがする。少なくとも10代ではない。ファッション業界には全く疎いので的外れかもし...
言葉で尽くせない猫パラダイス、台北の猫村を散歩... 猫を売りにした町って、日本では宮城の田代島とか広島の尾道とか、世界に目をむけるとギリシアのサントリーニ島とか・・いろいろあるのだけれど、ここ台北郊外の侯硐の猫パラダイス度合いっていうのは、これはもう世界で戦えるレベルだと思う。 もともとは炭鉱の町で古い寂れた町だったのだけど、きっとたま...
王瑞珍茶業 – こだわりの台湾銘茶... 迪化街のなかでもちょっと外れたエリアにあって、路線バスのルートからも徒歩5分くらいというところにあるお店。見た目はどうってことない普通の茶葉店なのだけど、なかなかどうしてこだわりのお店だった。 お茶は自分のところの窯でで作っているとのことで、入口には茶葉が積み上げられている。 店主の方も...
神楽坂の「la kagu(ラカグ)」は、かなり楽しい... 神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。 場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポッ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください