常義山は仙台から山奥へ進んだところにある
常義山は仙台から山奥へ進んだところにある

今年のさくらんぼ狩り旅は、仙台方面へと向かうことにした。

道の駅村山でひと休みしたあと向かったのは、仙台と山形の境近くにある定義山。

ここは仙台市であることが嘘のような山深いところにあるのだが、ずっと昔、地元の友人に連れてきてもらって以来お気に入りの場所のひとつ。

宮城県内では有名な場所らしいのだが・・県外の人には全然知られていないようだ。

僕がこの定義山が好きなのは、いかにも山の中のお寺というひっそりした雰囲気と古きよき門前町があるところ。すごく規模は小さいけれど、休日ともなれば縁日のような賑わいがあって楽しい。

山門と門前町
山門と門前町
細かいレリーフも必見
細かいレリーフも必見

なんと仙台駅からバス路線があるというのもすごいことだが、一般的には車で行くことになると思う。

バス停近くの駐車場に車をとめて、まずは参拝するのが定石なルート。

小さいお寺だが風格ある山門やその奥にある貞能堂は昭和初期に修復されたとはいえ趣がある。

貞能堂から逆に山門とその先に広がる門前町を眺める風景も箱庭みたいな雰囲気があって結構好き。境内の細かいレリーフも細工が細かくて、寺に興味なくても結構楽しめるんじゃないかと思う。

貞能堂から眺める風景も好き
貞能堂から眺める風景も好き

そしてもう一つ見逃せない・・というか食べ逃せないのは定義とうふ店のあぶらあげ。

ここの油揚げは三角になっていて、三角あげともいわれているのだが、なんだか来る度にお店が立派になっていく・・。最近になって建て替えたみたいで、イートイン的なコーナーが拡充されているのはありがたい。

常義とうふ店
常義とうふ店

三角あげは仙台市街の百貨店でも買えるし、居酒屋などでも出しているけれど、この場所で食べる雰囲気は格別だなと思ってしまう。油揚げのほかにおぼろ豆腐もあってそれも食べてみてもらいたい。

これ以外には・・とくになにもない観光地なのだが、山奥へのドライブの風景の楽しさもふくめておすすめできる場所だと思う。

三角あげ
三角あげ
おぼろ豆腐
おぼろ豆腐

定義如来西方寺
住所:宮城県仙台市青葉区大倉上下1

定義とうふ店
住所:宮城県仙台市青葉区大倉下道1−2
時間:(平日)8:00 – 17:00 , (土・日・祝)7:00 – 17:00

Related Post

恵比寿のこづちでは定食よりもアラカルトがおすすめ... 最近ではすっかりおしゃれな街として認識されている恵比寿だけど、夏には駅前で大々的に盆踊りのお祭りがあったり、小さいお店が肩を寄せ合うようにあったり下町っぽいところが残っている。 そんな恵比寿の街中で昭和が真空パックされたかのような雰囲気がある食堂があり、午前中からやたらと並ぶ人気のお店が「こづ...
ひさびさの合成帆布行へ行ってきた ひさびさの台南ということもあり、合成帆布行へ行ってみることにした。台南には帆布バッグのお店がいくつかあるのだけれど、合成帆布行がもっとも手頃で使い勝手のセンスもよく手頃だと思う。 以前の訪問 合成帆布行 – 手頃な帆布バッグならここ 合成帆布行はお土産に最適 アクセス 国鉄...
芋けんぴを名古屋土産に買ってみるのはおすすめ... 名古屋土産はなににしようかなあって悩んで結局買ってみたのは、名鉄百貨店の地下に入っている覚王山 吉芋の芋けんぴ。 パックに入っていてあまり日持ちしないので、お土産にはどうかと思ったのだが、あまりの美味しさにあっという間になくなってしまいお土産には最適だった。 この芋けんぴは、商品...
一保堂茶舗で麦茶を買ってみたらすごい美味しかった... 京都に行くと立ち寄る一保堂茶舗。東京にもお店は出ているけれど、京都のお店の雰囲気が好き。きっと江戸時代からこんな感じに店頭で用をきいたり、すこし世間話したりみたいな感じでやってきたのかなあとか思ったりする。 今回は併設されている喫茶室には行っていないのだが、お店で買い物だけしてきた。 ...
地雷也で食べる仙台の味 お店の外観。提灯が目印。 仙台ではかなり有名な居酒屋さんで、店内はいつも満席。予約必須の人気店。 居酒屋にしてはちょっと高いと思われるかもしれないが、行ってみて損はないと思う。 僕も友人の推薦があって行ってみたのだが大満足のお店だった。 お店のロケーションは国分町の中心街に...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です