かわな(鯛めし)かわなで食べる季節の旬の味の最終編。

飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。

このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのです。季節を変えて訪れていて、1年がかりで食べに来ていたのだけど、今回がラストの鯛めし編。

3~6月くらいは鯛めしを提供していて(詳しい日程はお店のサイトを確認ください)、以前から好きなお店で来ていたのだけど、春の鯛めしはまだ来たことなかったので、ようやく訪れることができた。

お店の雰囲気はわりと普通の小料理屋さんって感じで、まずは瓶ビールを頼んで本でも読みながら料理を待ったりしている。鯛めしって自分でも作るのだけど、結構面倒だし大変なんだよな。

かわな(鯛めし)

かわな(鯛めし)ということで、鯛めしと季節の野菜天ぷらなのだが、鯛めしはふっくらとしていて美味い。

でも、前に鞆の浦の「千とせ」で食べた鯛めしほどの衝撃はなかったのだが(あれはいま思い出してもすごい美味かった)。

ただし天ぷらは絶品。これはうまい(本来の天ぷらじゃないのだが)。

鯛めしについては前もっての期待感が大きすぎたせいか肩すかしを食らってしまったなあ・・というところなのだが、都内で食べる鯛めしということであればここは美味しいと思う。

かわな(鯛めし)

 

かわな
住所:東京都千代田区飯田橋1-5-5

Related Post

番所の中之屋さんに再訪してみた 冬は雪深い 今回の松本旅行のなかでわりと楽しみにしていたのは、冬の乗鞍高原に行ってみること。ノーマルタイヤな自分の車ではいけないので、知り合いに連れて行ってもらった。 乗鞍高原の車でいけるところにある湯けむり館という日帰り温泉と、ここ番所の中之屋の蕎麦は冬でも人気で結構な賑わいだった。...
【移転】魚栄(いわき)で珠玉の鰻を食べる... ひと言いわせていただきたい。 安い鰻を5回食べるより、ここの鰻を1回食べた方が値段も満足度も全然違うと思う。例えが悪いが、駄菓子のカツと本物のとんかつくらいの違いがある。それくらい魚栄の鰻は本物の鰻だった。 前から気になっていたので、朝ごはん食べたら仙台を出発して、魚栄のあるいわきについ...
いがらし(恵比寿)の親子丼ランチ 恵比寿のランチで屈指の人気店「いがらし」のランチ。大人数で行くとまず入れないので、1~2人で行けるときに訪れている。それでもちょっと待つことがほとんどだけど。 場所は恵比寿駅からそんなに近いところじゃないし、そんなに大きなお店でもないのだけど、凜とした料理人の仕事ぶりを見ながら食事をとれるとい...
ル・パルク(恵比寿)でおしゃれ中華ランチ... 恵比寿で手頃な金額でランチに予約できる、そして大人数にも対応できるとなると、ル・パルクがおすすめ。 中華料理というよりビストロみたいなアンティーク調の店内の雰囲気もふくめて女性受けもいいし、料理もちゃんと美味しいので満足度が高い。 と思ったら、コルドンブルー経営のレストランだったのか。そ...
市川一茶庵 – 古民家な佇まいのお店で老舗の蕎麦を楽しむ... 東京から20キロくらい離れた郊外の住宅地である総武線の本八幡駅近くにあって、旅行で来ることもあまりない立地なのだが、全国各地にある一茶庵直系の蕎麦屋で、蕎麦職人が集っている禅味会グループの中心的な存在でもある有名店。僕の蕎麦基準では、ここの市川一茶庵の蕎麦が基準になっている。 ということで、久...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください