かわな(鯛めし)かわなで食べる季節の旬の味の最終編。

飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。

このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのです。季節を変えて訪れていて、1年がかりで食べに来ていたのだけど、今回がラストの鯛めし編。

3~6月くらいは鯛めしを提供していて(詳しい日程はお店のサイトを確認ください)、以前から好きなお店で来ていたのだけど、春の鯛めしはまだ来たことなかったので、ようやく訪れることができた。

お店の雰囲気はわりと普通の小料理屋さんって感じで、まずは瓶ビールを頼んで本でも読みながら料理を待ったりしている。鯛めしって自分でも作るのだけど、結構面倒だし大変なんだよな。

かわな(鯛めし)

かわな(鯛めし)ということで、鯛めしと季節の野菜天ぷらなのだが、鯛めしはふっくらとしていて美味い。

でも、前に鞆の浦の「千とせ」で食べた鯛めしほどの衝撃はなかったのだが(あれはいま思い出してもすごい美味かった)。

ただし天ぷらは絶品。これはうまい(本来の天ぷらじゃないのだが)。

鯛めしについては前もっての期待感が大きすぎたせいか肩すかしを食らってしまったなあ・・というところなのだが、都内で食べる鯛めしということであればここは美味しいと思う。

かわな(鯛めし)

 

かわな
住所:東京都千代田区飯田橋1-5-5

Related Post

広尾の街のお寿司屋さん「阿部」でちらし寿司ランチはお得過ぎる... どこの街にもお寿司屋さんがあって、広尾駅横にある福寿司なんかはその代表格なのだけど、僕としては手軽で活気があって美味しい!って思えるのは商店街のはずれにある「阿部」さんの寿司だなって思う。 コストパフォーマンスのいいランチも人気で、そして美味しい。正式名称は「意気な寿し処 阿部」という店名通り...
度小月担仔麺(台南本店)で食べる老舗の味... もう超老舗かつ超有名店。台南だけじゃなくて台北にもお店がある度小月なんだけど、今回泊まった正興咖啡館から近かった本店に行ってきました。 創業100年越えの老舗で、台南といえば度小月の担仔麺というくらいの知名度。台南市内にも何店舗もあるのだが、古風なインテリアや昔ながらの作り方を垣間見ることがで...
広尾のビストロガストロスはエリアを考えてもコストパフォーマンスに難あるランチ... 広尾でランチするかって思って向かってみたものの、行きたいお店は満席だったりして入ることができず。 看板をみて、なんとなく惰性で入ったレストラン。入口のショーケースでは肉をエイジングさせていたりするし、店名の29とか肉なんでしょ?というところで期待が高まる。 しかし、店内はほかには全くお客...
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(丸の内)に行ってみた... 店内、ちょっとIKEAっぽい感じもある。。 丸の内に行く用事があって、ひと休みがてらに少しお茶をしに立ち寄った。丸の内のブリックスクエアにあって、いつも混雑している印象なのだが、僕が訪れたときは運良く比較的空いていたので待たずにカフェに入ることができた。 店員さんが「いまなら待たずに入...
花生食堂(船橋)はいい意味で常連さんのための食堂って感じ。... 船橋って不思議なところで、郊外型の町の感じで駅前には大きなデパートがあったりするのだが、その裏側には昔ながらの下町っぽい雰囲気が残っていたりする。駅から裏通りに入ってすぐのところにある花生食堂もそんなところにある。 昔はこの近くに大きな市場があって、そこに来る人たちを相手に食堂をはじめたみたい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください