外観
外観

シェムリアップで朝食を食べる定番に加えてもいいんじゃないかって思える素敵なレストラン。宿泊者でなくても朝食を食べることは可能なので、一度は行ってみてもらいたいところ。

僕としてはシェムリアップで朝食といえば、ローカルフードならばミーケウ・シェムリアップでクイトゥーを食べる。またはスープ・ドラゴンで本格的なベトナムスタイルのフォーを食べる。または、手軽なところだとタ・プロームホテル裏手の屋台でフランスパンのサンドウィッチといったところなのだが、優雅に朝食を食べるということであればシンタマニの朝食を超えるものはない(2014年夏の自分比)。

それでも10ドルくらいで食べられるのだから、シェムリアップの基準ではすごい高いけれど、質に対する対価としては全然惜しくないと思う。

レストランは開放的な雰囲気が気持ちいい
レストランは開放的な雰囲気が気持ちいい

20140718-1119-34-07730シンタマニホテルのロケーションとしては市街地の端にあって郵便局とかあるあたり。市内のゲストハウスからだと徒歩でも行けるし、自転車借りて行ってもいいかも。

受付で宿泊者じゃないけど朝食食べたいって伝えてから席に案内してもらう。朝食はブュッフェスタイルなのだが、メインとなる料理については別途オーダーをする。

ここで外せないのは朝食の定番であるエッグベネディクト。感動するほど美味しいわけじゃないけれど、それでもセレブ感みたいなテンションがあがって楽しい。あとは朝からスパークリングワイン飲み放題なのもリゾートの朝食としては優雅さが増す感じで幸せ。

エッグベネディクト
エッグベネディクト

ブュッフェの内容としてはパンは普通に美味しいし、少しだけあるクメールスタイルの朝食についても結構ちゃんとしているのでお腹に余裕あれば試してみるのもいいかも。ハムやサラミなどもシェムリアップでイタリア人が作っているものを使っているので本格的で、これだけ食べられればむしろお得な感じもする朝食を楽しめる。

20140718-1041-15-07728

食後のコーヒーもきちんと淹れていてシェムリアップで普通にコーヒー飲めるところとしても貴重な存在。スタッフの対応もいい感じなので、アンコールワット巡りではない優雅な朝食ということであれば是非ともシンタマニだなって思える。

宿泊するにはちょっと高すぎる印象はあるものの、それでもシェムリアップらしい滞在ができるので資金に余裕があれば宿泊を検討するに値する。少なくともラッフルズとかアマンに泊まるよりシンタマニの方がいいんじゃないかなって思っている。

Shinta Mani Siem Reap

Related Post

ラーメンの祖先はウイグル料理なのか?西新宿の「シルクロード・タリム」で確かめてきた... ウイグル料理にある「ラグメン」という料理はラーメンの祖先らしいっていう話しを聞いて、友人たちと食べに行ってみることにした。 ウイグルといえば中国にあるイスラム圏でありシルクロードの要所であった地域。 いつか行ってみたいと思っているが、まずは料理を楽しんでみることにする。それにしても、ラー...
【閉店】クリスマスのCafe Junkies、地下鉄が開通してアクセスが便利に!... 台北でもっともお気に入りのカフェのひとつであるCafe Junkiesにふたたび。(前回の訪問、その前の訪問) 2014年11月に台北のMRT新線(松山線)が開通して、その台北小巨蛋站(Taipei Arena Station)から歩いてほんの数分の位置にあるので、地下鉄開通に伴ってアクセスが...
台南の西門市場にある鄭記魠魚羹で食べるサワラのスープもまた美味い... え、ここって廃墟じゃないの?という台南の西市場なかにある小吃店。阿川紅燒魚土魠魚羹で食べた鰆のスープが抜群に美味しかったので、もうひとつ有名な西市場の鄭記魠魚羹にもやってきた。 鄭記魠魚羹へのアクセス 正興街のすぐ横にある廃墟みたいな西市場にある。それほど奥まで行くことなく入り口に近い。台湾式か...
浅草の老舗喫茶店「銀座ブラジル」でモーニングを楽しんできた... 浅草にあるけど銀座。支店というけど銀座にある本店はつぶれてしまったのでいまではここが実質本店。 銀座だけどブラジル、いやむしろ「銀座×ブラジル」ということなのだろうか。 店名はもはや「浅草ブラジル」でもいいような気がしてしまうが、それだとサンバカーニバルと勘違いされそうだからやはり「銀座...
度小月担仔麺(台南本店)で食べる老舗の味... もう超老舗かつ超有名店。台南だけじゃなくて台北にもお店がある度小月なんだけど、今回泊まった正興咖啡館から近かった本店に行ってきました。 創業100年越えの老舗で、台南といえば度小月の担仔麺というくらいの知名度。台南市内にも何店舗もあるのだが、古風なインテリアや昔ながらの作り方を垣間見ることがで...

Feature

2 Comments

  1. Mas ito

    わたしもスープドラゴンのフォー(早朝割引あり)とタプローム横のバゲットサンドをよくいただくので、ドンドン読んでしまいました。最近はお見えになっていないようですが、落ち着いたレストランとして、プノンペンのマリスが今年開店して、”フリーフロー”(all you can eat)の朝食をやっています。偶然知りました。フランク料理では白人御用達のようなL’Annexeがアバカスよりカジュアルで良いです。専ら早めの時間に寄って貸し切り状態です。雨季なのに今年のシェムリアップはごった返してます。

    • Mas itoさん
      はじめまして!あのバケットを知っているなんて、それだけで無条件で親近感があります。
      この6月にプノンペンに旅行行っていて、マリス行こうか悩んでトパーズ(系列店)行っちゃったんですよねえ・・(僕は基本的スタンスとして現代クメール料理を信じていない)。
      アバカスは僕の中で信頼に値するフレンチなのですが、マリスもシェムリアップではフレンチやっているのですね。

      シェムリアップは全ての時期にいったけれど、いまよりちょっと前、7月くらいの雨季がもっとも美しいなって思いました。これから先の雨季は洪水と蚊との戦いですよね。
      とか書いていたら、ひさびさにシェムリアップに行きたい気分です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください