「ちょっと朝陽と夕陽を観るためにタイの田舎の島まで行ってきた」。という理由がぴったりなんじゃないかっていう場所へ旅してきた。

写真はリペ島の夕陽。毎日、夕陽を観るために地元の人たちも含めてビーチに出てきてみんなで夕陽を眺めているのだけど、こんな贅沢ってないんじゃないかと思う。

ちょっと残念なのは、旅の写真のデータを失ったことなのだが、なくなってみて気がついたが写真のデータはそれほど重要なものではなかったということだ。

一番大事なのは、僕がそこに行って体験すること。そして、その写真を伝えたい人に送ることであって、送ってしまえばあとはもう僕にとって写真はただの記録でしかなかった。

僕にとって写真はコミュニケーションなんですって適当なこといってたが、まさにそういうことなのか!と今さらながらに実感した。そして、僕はこんなんだからどうにもプロの写真家にはなれそうもない。

この旅の記録はこちら。

Related Post

AirAsiaのIsland Transferを利用してリペ島へ... バンコクからどこへ行こうかと検討しているときに知ったIsland Transferサービスなるものを利用してみました。 これは、エアアジアのフライトに加えて、島までの交通機関の手配もまとめてやってくれるというサービスでして、「フライト+港までのバスの送迎+ボート移動」を一気に手配できます。 ...
コパカバーナビーチを散歩 はじめてこのビーチについたとき「ついにやって来たー」っていう感慨と、時差ボケの眠さとの戦いだった。 コパカバーナの海岸は4キロに渡って続いていて、東端はレメ・ビーチといわれている。 なんとここも世界遺産「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」に含まれているらしい。 海岸...
2015年はコパカバーナで迎えた 2014年の年明けは日本で迎えて、コルコヴァードの丘でしめた。わりかしドラマチックな一年だったな。 そして2015年のはじめはコパカバーナで迎えた。正確には年明けの瞬間はバビロニアのベランダバーだったのだけど。ファベーラで迎える新年もかなり楽しい。花火をみたあと、ファベーラの宿へ行って友人とば...
バガンの夕暮れを船で過ごすサンセットクルーズのすすめ... バガンに来ると、朝陽と夕陽をどこでみようかというのは悩ましい問題である。で、夕陽のポイントとして僕がすごいよかったのはこの船旅で船から眺める夕陽の風景。 別に船からみたって・・と思ったのだが、これがすごいきれいでのんびりしてしまった。 エーヤワディー川(イラワジ川)のサンセットクルーズ船...
にゃおしま cat cafe と直島の猫たち 直島の本村地区で南寺をみるために整理券をもらったのだが、待ち時間をつぶすために近くにあった雰囲気のいい古民家カフェに入ってみたら、それが猫カフェだった。 店内は普通の民家のダイニング部分をカフェにしたような感じでかなりアットホーム。猫たちは間仕切りされたリビングエリアにいて、彼らとたわむれるた...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください