「ちょっと朝陽と夕陽を観るためにタイの田舎の島まで行ってきた」。という理由がぴったりなんじゃないかっていう場所へ旅してきた。

写真はリペ島の夕陽。毎日、夕陽を観るために地元の人たちも含めてビーチに出てきてみんなで夕陽を眺めているのだけど、こんな贅沢ってないんじゃないかと思う。

ちょっと残念なのは、旅の写真のデータを失ったことなのだが、なくなってみて気がついたが写真のデータはそれほど重要なものではなかったということだ。

一番大事なのは、僕がそこに行って体験すること。そして、その写真を伝えたい人に送ることであって、送ってしまえばあとはもう僕にとって写真はただの記録でしかなかった。

僕にとって写真はコミュニケーションなんですって適当なこといってたが、まさにそういうことなのか!と今さらながらに実感した。そして、僕はこんなんだからどうにもプロの写真家にはなれそうもない。

この旅の記録はこちら。

Related Post

バガンの夕暮れを船で過ごすサンセットクルーズのすすめ... バガンに来ると、朝陽と夕陽をどこでみようかというのは悩ましい問題である。で、夕陽のポイントとして僕がすごいよかったのはこの船旅で船から眺める夕陽の風景。 別に船からみたって・・と思ったのだが、これがすごいきれいでのんびりしてしまった。 エーヤワディー川(イラワジ川)のサンセットクルーズ船...
江の島を散歩 新江ノ島水族館の前のビーチサイドを散歩してみる。恐ろしく澄んだ秋の空が気持ちいい。都内から眺めるよりちょっと大きめな富士山が湘南に来ているんだなあって思う。 そのまま江の島の方へ向かって行き、橋を渡って江ノ島へ行ってみることにした。新江ノ島水族館や江ノ電の駅からは歩いて10分くらいで江の島へと...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の豊島編)... 直島~犬島と移動してきて、さらに豊島への船旅。犬島から豊島の家浦港までは高速艇で30分ほどの航路となる。 豊島では家浦港から歩いて数分のところにある横尾美術館みてから、町内バスで豊島美術館へ移動。そこから唐櫃港までは徒歩で10分くらい山を下っていった。小豆島へ渡るフェリーの時間まで時間があった...
和田浦海岸 – 隠れ家的ビーチ 「春の海 ひねもすのたり のたりかな」 という句がぴったりくる和田浦海岸のビーチ。 学生時代を過ぎてだんだんと感じるのは、何もしないことに時間を費やすことが少なくなっているということなのだが、和田浦海岸のほとんど人のいない護岸に腰掛けて、青い海と白い砂浜、のんびり打ち寄せている波をのんび...
フォス・ド・イグアスを散歩 僕にとって旅とは散歩の延長。ということで、新しい街を散歩しているのが好き。 散歩をして街の規模や人との距離感、なんてことのない風景を感じながら歩いていると、だんだんとその街が自分に馴染んでくるような感覚があって、僕はそれが好きなのだと思う。 今回のブラジル旅で心残りがあるとすれば、このフ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください