「ちょっと朝陽と夕陽を観るためにタイの田舎の島まで行ってきた」。という理由がぴったりなんじゃないかっていう場所へ旅してきた。

写真はリペ島の夕陽。毎日、夕陽を観るために地元の人たちも含めてビーチに出てきてみんなで夕陽を眺めているのだけど、こんな贅沢ってないんじゃないかと思う。

ちょっと残念なのは、旅の写真のデータを失ったことなのだが、なくなってみて気がついたが写真のデータはそれほど重要なものではなかったということだ。

一番大事なのは、僕がそこに行って体験すること。そして、その写真を伝えたい人に送ることであって、送ってしまえばあとはもう僕にとって写真はただの記録でしかなかった。

僕にとって写真はコミュニケーションなんですって適当なこといってたが、まさにそういうことなのか!と今さらながらに実感した。そして、僕はこんなんだからどうにもプロの写真家にはなれそうもない。

この旅の記録はこちら。

Related Post

ルアンパバンから夕陽をながめるならメコン川岸がおすすめ... ルアンパバンって夕陽がきれいな町でメコン川のかなたに沈んでいく夕陽とか、だんだんと紫色にそまっていく古い町並みとかをみるのがいい。ああ・・こうやって時間は流れているんだなって思ったりする。 ガイドブックでは旧市街の真ん中にあるプーシーの丘に登って眺めるのをおすすめされるのだけど、もはや大混雑過...
バガンの夕暮れを船で過ごすサンセットクルーズのすすめ... バガンに来ると、朝陽と夕陽をどこでみようかというのは悩ましい問題である。で、夕陽のポイントとして僕がすごいよかったのはこの船旅で船から眺める夕陽の風景。 別に船からみたって・・と思ったのだが、これがすごいきれいでのんびりしてしまった。 エーヤワディー川(イラワジ川)のサンセットクルーズ船...
にゃおしま cat cafe と直島の猫たち 直島の本村地区で南寺をみるために整理券をもらったのだが、待ち時間をつぶすために近くにあった雰囲気のいい古民家カフェに入ってみたら、それが猫カフェだった。 店内は普通の民家のダイニング部分をカフェにしたような感じでかなりアットホーム。猫たちは間仕切りされたリビングエリアにいて、彼らとたわむれるた...
和田浦海岸 – 隠れ家的ビーチ 「春の海 ひねもすのたり のたりかな」 という句がぴったりくる和田浦海岸のビーチ。 学生時代を過ぎてだんだんと感じるのは、何もしないことに時間を費やすことが少なくなっているということなのだが、和田浦海岸のほとんど人のいない護岸に腰掛けて、青い海と白い砂浜、のんびり打ち寄せている波をのんび...
Mountain Resortのレストラン(リペ島) リペ島での滞在中はランチはMountain Resortのレストランで海を眺めながら冷たいビールを飲んで、エビのBBQを食べるというのがお気に入りだった。 ちなみに、チャンビールの大ボトルが1本150THBでエビのBBQは250THB。これだけで午後のけだるいひとときをのんびり過ごすのには大満...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください