浅間だいたい日本酒が飲みたくなると来るのが四谷三丁目の浅間。

日本酒に対する店主の講釈には好き嫌いがあるみたいだけど、日本酒についてあまりよくわかっていない僕としては勉強になるし、話を進めていくことによって自分好みのお酒を選んでくれるというこのお店のスタイルは結構好きだったりする。

たぶん、自分でも知識があって語りたい人とか一緒に来た人との会話を大事にするような人はこのお店とはあわないのかもしれないけれど、ワインとソムリエみたいな関係性から考えると全然ありじゃないかなって思うんだよな。

お通しからして結構豊富
お通しからして結構豊富

そして、僕の好きな佐賀のお酒が揃っているというのもこのお店の評価が高い点のひとつ。

また料理についてもお通し代金の元が取れちゃうくらいの付け出しが出てくるし、それ以外にはおでんと刺身を頼んでおけばお酒のあてはそれで大丈夫って感じ。

とくにお刺身はそこらへんの和食店もかなわないくらい活きがよくてうまい。比べちゃいけないんだが、魚金とかいって喜んでいる場合じゃないと思う。この刺身を食べているだけでも結構幸せ。

刺身の盛り合わせ
刺身の盛り合わせ

グループで来て騒いで飲むというスタイルじゃないけれど、きちんと美味しい日本酒を料理と一緒に楽しむということであればこのお店はうってつけだと思う。きっと、日本酒が苦手な人にも飲めるお酒が見つかります。

日本酒もうまい
日本酒もうまい

浅間
住所:東京都新宿区四谷3-7

Related Post

新宿の赤ちょうちんで生肉を食べてきた、というか出世料理ってなに... 友人と新宿で食事することになって、ちょっと面白いところ行くかと探し当てたところ。 お店入って友人が「あ、ここ他のやつも気になってたところだよ、ネタ的に」ということで、まあ僕のまわりには似たようなのが集まってくるんだなって改めて感じる次第。 お店の名前が「出世料理 赤ちょうちん」という名前...
六品小館 – シンプルで優しい家庭の中華料理が食べられる... 今回宿泊していて、大安エリアから歩いて行ける金華街にある中華料理店。 お店の前にびっくりするくらいの高級車がとまっていて、見た目と違う高級店なのかと思って入ったのだが、見た目通りの大衆店でごく普通の中華料理店みたいな感じだった。 日本でも田舎にありそうなごく普通の中華料理店の雰囲気。 ...
東京最古の居酒屋「みますや」(淡路町)は雰囲気のいい大衆酒場である。... 東京でもっとも古い居酒屋として有名な「みますや」へ行ってきた。創業は明治38年(1905年)というから、100年以上の歴史がある。建物は昭和初期のものらしく少し新しいけれど、それでも入口の縄のれんに赤ちょうちんは雰囲気があり、店内も映画のセットみたいに趣がある、すごく面白い酒場だと思う。 「み...
すいば(四条河原町)はおしゃれでコストパフォーマンスのいい立ち呑み店... 紅葉をめぐっていてすっかりと陽もくれてきてしまった。 ハイシーズンの京都は観光客が行くようなところはどこも満席すぎるくらいの満席で、とてもじゃないが予約なしで気軽に行けるようなところではない。 ということが分かっていたので、今回の旅で立ち寄っているのは主に地元の人たちが立ち寄ったり、行く...
立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください