旅へ持っていくものというのは、いかに量を減らして、少しでも軽くしていこうと思うのが人の心情というもの。

そんななかで、どういうわけなのか「旅を続けるには全く必要がないのに、自分の満足のためだけに持っていくもの」があって、これ別になくてもいいんだけど・・と思いながらも気がついたらバッグのなかの結構いい位置にしっかり収納されているものっていうのがある。

たとえば・・、ちょっといい万年筆で旅先から手紙を書くとか、エアメール用のスタンプとか、ポラロイドカメラとか、ちょっとした革の小物入れとか、日記用のノートとか別にそれでなくてもっと機能的なものがあるのに、それを持って旅をしているということが好きで持って行ってしまうもの。

中目黒にあるトラベラーズファクトリーって、そうした「これ持って旅に行ってみたいなあ」とか思ってしまうものであふれているお店です。でも、旅を便利に進めてくれるというよりも旅を豊かにしてくれるものたちなので、普通の旅行用品店とはおもむきがだいぶ違う。盗難防止財布セットとかは置いてないし。

もともとはトラベラーズノートの専門店で、ここでしか買えないカスタムグッズなどもあってかなりテンションあがります。なんかこう小学生のときの工作をしているかのようにノートをカスタマイズしていくのが楽しくて、はやくこのノートもって旅に行きたくなる。

それ以外にも、ノートと同じタイの田舎で作られた素朴な革製品や、真鍮のグッズ、そしてどこか懐かしいデザインのスタンプとか・・海外から絵はがきを書くのが好きなのだけど、そのときに使いたくなるスタンプがたくさんあって買い込んでしまった。場所は中目黒駅から徒歩5分くらいの住宅街のなかにあって、すぐ近くにはシンガポール料理を出すカフェもあるので、散歩がてらに買い物するのにうってつけです。

TRAVELER’S FACTORY
東京都目黒区上目黒3-13-10

東京都目黒区上目黒3-13-10

Related Post

青家(中目黒)で健康的なおばんざいランチ... お店は一軒家で雰囲気ある 前から気になっていた創作和食的なお店にランチで訪問。場所は中目黒駅からも結構歩くので遠かったが、目黒川を散歩しながら来ればそれほど大変でもないし、一軒家レストランという雰囲気いい感じは歩いてくる価値あると思う。 古い民家を改造した感じのお店で、ちょっと通りから...
目黒川の桜散歩 2016年の春の話。目黒川の桜並木をみるのに、だらだらと上流へ向かって散歩をしてみた。天気はちょっと汗ばむくらいの晴れた昼下がり、まだまだ花は盛りの時期で散っているものも少ない。まさに、この世の春の中心のようなところを歩いていた気がする。 出発は恵比寿で、そこから目黒の清掃工場の方に丘を越えて...
Taste AND Sense はゆっくりした時間を過ごすのにおすすめのカフェ... 中目黒界隈にはランチにも有効なカフェがいくつかあるのだけど、ランチから夜まで通しで営業していて、そして居心地のいいカフェということであれば、Taste AND Senseをおすすめしたい。 場所は中目黒からだと目黒川を渡ったあたりの裏通りにあって、セレクトショップなども併設されているので一瞬カ...
中目黒のオニバスコーヒーはロケーションもよくて最高の一杯が楽しめるところ... 以前から名前だけは知っていて気になっていたロースターカフェであるオニバスコーヒー。「ONIBUS」とはポルトガル語で公共バスという意味で「万人の為に」という語源からとられている。そういえば、リオデジャネイロで空港から乗ったバスがオニバスだったのだけど、あれはバス会社の名前じゃなかったのか・・と数年越...
驀仙坊で味わう中目黒の絶品蕎麦 中目黒駅から10分くらい歩いたところ、青葉台にある蕎麦屋さんの驀仙坊。「ばくざんぼう」と読むのだが、最初は絶対わかんないよな。 ちょっとカフェみたいな外観のお店なのだけど、店内はアンティークショップみたいな感じで調度品とかもおしゃれ。席の間隔にゆとりがあるのがいいなって思う。 お店の外...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください