今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。

ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。

それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で拍子抜けしたし、東洋のモナリザとかいってもあまりにも小さなレリーフでここまでやってくる労力に対するインパクトが少ないとか思ったものだ。

規模としては小さな寺院遺跡
規模としては小さな寺院遺跡

今回、ひさびさにこの遺跡にやって来て、全然期待もせず入口のショップ(というかすごい整備されていた!)でビールとか飲んじゃったりしてたのだが、このラテライトと砂岩でできた赤い遺跡にすごい感動した。

寺院全体に精緻なレリーフが施されていて、石から掘り出したとは思えないほどだ。まるで細部まで細かく作られた宝石箱みたいな感じすら思える。

20140719-1328-36-07967

寺院の南北にあるテヴァダー像も、すごい優雅できれいで、今回近寄れないことに落胆した。前はすごく近くで見られたのに・・。

なんだか、昔気楽に接していた女の子がアイドルになって遠い存在になったかのような寂しさを感じるくらいだ。あの子・・あんなきれいだったのか!と後悔する感じ。

20140719-1331-50-0417

ここで思ったのは、若いときはバイヨンとかの分かりやすいインパクトを求めてしまって、きっと僕はバンテアイ・スレイのよさを分かっていなかったんだな。

しかし、人生を経過して改めてみると、この寺院のもつ慎ましいながらも力強い美しさに気づき感動したということなのだろう。

たとえば絵画や音楽、本を読むときもそうだけど、そのときの自分の背景や、人生経験によって感じ方が全然違うように、みるものや体験することについても、自分の背景が影響してくるのだろうなと、考えてみれば当たり前のことだけど、改めて感じた次第。

20140719-1332-34-07978

こう考えると、旅行というのは同じ場所に何回か行くというのは自分の価値観の差異を感じたり、色んな確度からものをみるためにやってみるのが楽しいのだなと思った。

このバンテアイ・スレイってそういう深い遺跡なのだと思う。

Related Post

アジアソサイエティーセンター香港で写真展をみてきた... 旅先でみる現代アートってその国がもっている感性の一端がみえるようでなんだか楽しい。同じものを扱っていても情報のまとめ方なんかが違っていて、ちょっと新鮮な感覚がある。それが全てなわけではないけれど、少しその国に対して理解が深まったような感じがする。 今回の旅では金鐘にあるアジアソサイエティセンタ...
木崎湖を眺める 安曇野から信濃大町を通りすぎて木崎湖まで。ここは、「おねがいシリーズ」というアニメのモデル(聖地)となっていて、結構前のアニメらしいのだがいまだに多くのファンがやってきている。僕は見たことないけれど、ここの風景は美しくて好きな場所。今回は湖を見下ろす場所を通ってぐるっと一週してきた。 ...
京都国際マンガミュージアムの展示は楽しい... 今回の旅行について、ギアとともに旅のハイライトとなった京都国際マンガミュージアム。とはいえ、事前情報があったわけではなく、京都について「なにしようかな・・・」とFacebookに書いたら友達が教えてくれたからなんだけど。 ということで、ここがたぶんマンガに関する博物館なのだろうくらいの印象とと...
最後の教室 – ちょっと恐くて幻想的な世界観... 越後妻有で開催されている大地の芸術祭でオープンしている美術館。このあたりの定番である廃校を再利用した建物にさまざまな作品やインスタレーションが展示されている。 入場料金は芸術祭のパスポートを利用しない場合は1回500円。 駐車場を降りると、建物から「どんっ、どんっ」と心臓の鼓動みたいな音...
美瑛の絶景「青い池」はお昼くらいに行くのもいいかと思う。... 美瑛にある奇跡のように美しい「青い池」。前にいったときには全然人がいなくて、こんな狭いところ入っていくのかよと思ったのだが、いまではカーナビに場所が示されているし、観光バスが止まれるような駐車場まで整備されている。すっかり美瑛の観光地として定着している。 今回ひさびさに訪れたけれど、みやすいよ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください