今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。

ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。

それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で拍子抜けしたし、東洋のモナリザとかいってもあまりにも小さなレリーフでここまでやってくる労力に対するインパクトが少ないとか思ったものだ。

規模としては小さな寺院遺跡
規模としては小さな寺院遺跡

今回、ひさびさにこの遺跡にやって来て、全然期待もせず入口のショップ(というかすごい整備されていた!)でビールとか飲んじゃったりしてたのだが、このラテライトと砂岩でできた赤い遺跡にすごい感動した。

寺院全体に精緻なレリーフが施されていて、石から掘り出したとは思えないほどだ。まるで細部まで細かく作られた宝石箱みたいな感じすら思える。

20140719-1328-36-07967

寺院の南北にあるテヴァダー像も、すごい優雅できれいで、今回近寄れないことに落胆した。前はすごく近くで見られたのに・・。

なんだか、昔気楽に接していた女の子がアイドルになって遠い存在になったかのような寂しさを感じるくらいだ。あの子・・あんなきれいだったのか!と後悔する感じ。

20140719-1331-50-0417

ここで思ったのは、若いときはバイヨンとかの分かりやすいインパクトを求めてしまって、きっと僕はバンテアイ・スレイのよさを分かっていなかったんだな。

しかし、人生を経過して改めてみると、この寺院のもつ慎ましいながらも力強い美しさに気づき感動したということなのだろう。

たとえば絵画や音楽、本を読むときもそうだけど、そのときの自分の背景や、人生経験によって感じ方が全然違うように、みるものや体験することについても、自分の背景が影響してくるのだろうなと、考えてみれば当たり前のことだけど、改めて感じた次第。

20140719-1332-34-07978

こう考えると、旅行というのは同じ場所に何回か行くというのは自分の価値観の差異を感じたり、色んな確度からものをみるためにやってみるのが楽しいのだなと思った。

このバンテアイ・スレイってそういう深い遺跡なのだと思う。

Related Post

バゴー寺院巡りの旅 ヤンゴンからぎりぎり日帰りできるところにあるチャイティーヨーのゴールデンロックへの参拝。これにあわせて行けるのがヤンゴンの東70kmにあるバゴーという町。 ここでは寺院巡りをするというのが旅のスタイルとなる。結構駆け足で巡ったので数時間の滞在となってしまったが、のんびりした雰囲気のところなので...
圧巻の風景、三春の滝桜 花見山と同じくらい、福島を代表する桜の風景は三春の滝桜なのではないかと。岐阜の淡墨桜、山梨の神代桜と並び三大巨大桜と呼ばれている。桜の樹に名前がついているというのが古くから愛されてきた何よりの証拠ではないかと思う。 根回りは11メートルを超えた巨木で近くでみると圧倒される。樹齢は100...
夏の鞆の浦を散歩 夏の鞆の浦を散歩してきた。平日だったせいか人通りもあまりなくて、うだるような暑さのなか散歩して夏休みを過ごしたーって感じの午後だった。 鞆の浦までは福山からトモテツという会社のバスで30分くらい。平日はあまり混んでいなかった。休日は観光客で混むのかもしれん。帰りは平日の朝だったのだが少し渋滞に...
モエレ沼公園に行ってきた イサムノグチが晩年に設計した公園。札幌郊外にあって、公共交通機関でのアクセスは悪いのだが来てみる価値はある。 公園の入場に関しては無料なのだけど、あまりにも広い公園なので見てまわるにはレンタルサイクルを借りるのがおすすめ。というか歩いて見てまわるよりもずっと気持ちがいい。 人工的につくら...
いちはらアート×ミックス2014「飯給のトイレ」編... のどかすぎる飯給駅前 実質「世界一大きなトイレ」が千葉の田舎にひっそりとあるのです。今回のアートミックスがはじまる前からあって、この壁に囲まれたものは・・トイレなのか?と思っていたのだが、今回のアートミックスの開催でこれが作品なのだと初めて分かった。 ちなみに女子トイレで男性の利用は不...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です