アンコール遺跡巡りで時間があれば言ってみるのがいいかなと思っているところ。シェムリアップの街からは結構離れいて、アンコール遺跡群を巡るのとは別の日程を組む必要がある。見学料金も別に必要となっているので注意が必要。

20080724-1022-21-5508

入口には警備員とか、自称ガイドみたいなのがいて、僕はこの人たちを雇ってガイドしてもらうことをおすすめします。

ほんの数ドルの料金で、安全と適切な遺跡のルート案内とちょっとした知識や写真撮影ポイントを得ることができるのは、このベンメリアにおいては結構重要だと思う。

20080724-1103-46-559020080724-1106-25-5596

というのも、やはりこの遺跡はクメールルージュの拠点だったこともあり、いまだに反政府勢力が付近にいるし、地雷原も除去が進んでいるとはいえなにがあるか分からないということ、あとは崩壊した遺跡のなかを歩くときにどこを通るのが安全なのか、適切なルートを教えてくれるから。

ここではガイド雇うことは無駄じゃないし、ケチるところでもないかなって思う。

ベンメリアは蓮の花の池という意味らしく、むかしは蓮が浮かぶ池の上に立っている優雅な場所だったらしい。

いまでは池は干上がり、建物は崩壊していて宮崎駿のラピュタみたいだというのが有名なのだが(現地のクメール人もなにかと宣伝してて・・なんだかな)、まあとにかく迫力ある遺跡だと思う。昔のタ・プロームとそれ以上のインパクトがある。

ちょっと遠いのだが、時間があれば訪れてみて欲しいなという遺跡です。

20080724-1036-33-5533

Related Post

五色沼でボートを漕いできた 会津若松をあとにして少し裏磐梯の方へと行ってみることにする。このあたりは6月に来た東北旅で立ち寄りたかったところなのだが(2016年6月 行くぜ、東北。初夏のさくらんぼ狩り編)やはり行程には無理があったかもしれないなって思えるくらいに広いエリアだった。 気になっていたのは裏磐梯にある五色沼とい...
潮岬と橋杭岩:紀伊半島をぐるりとまわる... 潮岬灯台 アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。 僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。 そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適...
赤城自然園で圧倒的な紅葉を堪能する... 利用しているクレジットカードの会員誌で紹介されていて、気になっていた赤城自然園に行ってみた。 紅葉のシーズンにあわせて訪れてみたのだが、ピークには少しはやいもののそれでもところどころで圧倒的な美しさを実感した。 渋川の町を見下ろすところにある 紅葉するというのは花が色づくとはちが...
中之条ビエンナーレ2013(六合編) 季節はすっかり秋めいてきて、芸術の秋っていう雰囲気。 ということにつられてってことではないのだが、群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観に行ってきた。僕のなかでは、数ある地方芸術祭のなかでは最も好きなもののひとつ。 美しい秋の里山風景とともにホスピタリティを感じ...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です