アンコール遺跡巡りで時間があれば言ってみるのがいいかなと思っているところ。シェムリアップの街からは結構離れいて、アンコール遺跡群を巡るのとは別の日程を組む必要がある。見学料金も別に必要となっているので注意が必要。

入口には警備員とか、自称ガイドみたいなのがいて、僕はこの人たちを雇ってガイドしてもらうことをおすすめします。

ほんの数ドルの料金で、安全と適切な遺跡のルート案内とちょっとした知識や写真撮影ポイントを得ることができるのは、このベンメリアにおいては結構重要だと思う。

というのも、やはりこの遺跡はクメールルージュの拠点だったこともあり、いまだに反政府勢力が付近にいるし、地雷原も除去が進んでいるとはいえなにがあるか分からないということ、あとは崩壊した遺跡のなかを歩くときにどこを通るのが安全なのか、適切なルートを教えてくれるから。

ここではガイド雇うことは無駄じゃないし、ケチるところでもないかなって思う。

ベンメリアは蓮の花の池という意味らしく、むかしは蓮が浮かぶ池の上に立っている優雅な場所だったらしい。

いまでは池は干上がり、建物は崩壊していて宮崎駿のラピュタみたいだというのが有名なのだが(現地のクメール人もなにかと宣伝してて・・なんだかな)、まあとにかく迫力ある遺跡だと思う。昔のタ・プロームとそれ以上のインパクトがある。

ちょっと遠いのだが、時間があれば訪れてみて欲しいなという遺跡です。

Related Post

ペナン街歩き クアラルンプールからペナンまでは飛行機で40分くらい。すぐのところにある。 マレーシアのペナンはクアラルンプールから飛行機で40分くらい。結構大きな島でクアラルンプールに次いで第二の都市になっている。200年くらい前はジャングルだったとか信じられないが、島の東側はまだまだ緑が多い。 リ...
花見山はやっぱり桃源郷だと思う 今年のお花見はかなり充実している。千鳥ヶ淵で花見をして(桜ほとんど咲いてなくてインド大使館でビリヤニ食べたけれど)、目黒川に沿ってお花見散歩をして(これは豪華だった)、さらには浅草の隅田公園に行って、幕張のさくら広場ではまるであの世みたいな不思議な桜の光景を眺めていた。 そして、わずか一週間ほ...
鎌倉高校前の踏切は鎌倉屈指の観光スポットになっていた... 一直線の坂道が海までつづいていて、踏切を通る江ノ電とのコントラストが美しい風景。映画とかにもたまに出てきて、すごくフォトジェニックな場所になっている。スラムダンクで台湾や香港での人気が高まったみたいで、いまこの踏切に来ている旅行者って日本人よりも、台湾の旅行者が多いくらいだ。 踏切は江...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
プーシーの丘で夕陽を眺める ルアンプラバンで夕陽を眺めるのであれば、一度くらいはプーシーの丘に登ってみてそこからルアンパバンの風景を眺めたりしながら、メコン川の向こうに沈む夕陽を眺めるのがいい。 たとえ、登った先の丘の上はえらい騒ぎであっても、曲がりなりにも世界遺産に登録されているこの丘から眺める風景は感動する。ただ、場...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください