アンコール遺跡巡りで時間があれば言ってみるのがいいかなと思っているところ。シェムリアップの街からは結構離れいて、アンコール遺跡群を巡るのとは別の日程を組む必要がある。見学料金も別に必要となっているので注意が必要。

入口には警備員とか、自称ガイドみたいなのがいて、僕はこの人たちを雇ってガイドしてもらうことをおすすめします。

ほんの数ドルの料金で、安全と適切な遺跡のルート案内とちょっとした知識や写真撮影ポイントを得ることができるのは、このベンメリアにおいては結構重要だと思う。

というのも、やはりこの遺跡はクメールルージュの拠点だったこともあり、いまだに反政府勢力が付近にいるし、地雷原も除去が進んでいるとはいえなにがあるか分からないということ、あとは崩壊した遺跡のなかを歩くときにどこを通るのが安全なのか、適切なルートを教えてくれるから。

ここではガイド雇うことは無駄じゃないし、ケチるところでもないかなって思う。

ベンメリアは蓮の花の池という意味らしく、むかしは蓮が浮かぶ池の上に立っている優雅な場所だったらしい。

いまでは池は干上がり、建物は崩壊していて宮崎駿のラピュタみたいだというのが有名なのだが(現地のクメール人もなにかと宣伝してて・・なんだかな)、まあとにかく迫力ある遺跡だと思う。昔のタ・プロームとそれ以上のインパクトがある。

ちょっと遠いのだが、時間があれば訪れてみて欲しいなという遺跡です。

Related Post

時間を忘れて香港をクルージング – スターフェリー乗船記... 香港島の中環と九龍半島の尖沙咀の間を、100年以上にわたり運航してきた歴史ある航路。1970年代には沢木耕太郎も「優雅な航海」と表現している。 香港島と九龍の間はいまでは高速道路のトンネルもあるし、地下鉄も通っていて、この航路よりも便利になっている。 それでもこの航路には観光客だけじゃな...
最後にみた「再構築」の風景、越後妻有「大地の芸術祭」... 今回の旅でもっともみたかったものを観に行く。使われなくなった小屋をリノベーションしたこの作品は2006年にうまれて、それから冬の間は雪囲いで保護されて、夏はまわりの風景をうつしだしてきて、越後妻有の作品群のなかでも最も有名なもののひとつになっている。 思っているよりだいぶ小さな小屋は遠くからみ...
中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...
対潮楼 – 鞆の浦のビューポイントでの絶対的なおすすめ... 鞆の浦に行く前にはほとんど事前の予備知識がなくて訪れて、道に迷って辿りついたところが、ここ福禅寺の対潮楼だった。 拝観料に200円とられるのか・・とあまり乗り気じゃなかったのだが、入ってみて200円払ったことを感謝したくらいの絶景。建物内にある座敷の一角が全て開け放たれていて、そこからみえるミ...
花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル... 千鳥ヶ淵の桜を観に行ったら、まだあまり咲いていなかった。しかし、九段下のインド大使館では「さくらフェスティバル2016」をやっていたので、これはいかなくては!と訪問。 これってまさに花より団子みたいな状態。とはいえ、インド大使館のこのイベントは面白いので外せない。都内のインド料理の名店が大使館...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください