カンボジアで機織りをやっているNGOの組織があって、それが結構面白くて僕も少しだけそこに関わっている。僕自身はたいしたことはしていないのだが・・・。(前回の訪問はこちら

自家製のレモンと蜂蜜のドリンク
自家製のレモンと蜂蜜のドリンク

今回はバンテアイスレイから伝統の森までわりと近いこともあり、ランチを食べるがてら立ち寄ってみたのだが、折しもスコールに降られてしまい夕方までゆっくり滞在することになった。

伝統の森には何回か来ているけれど、雨に降られたのははじめて。

いつもはあまりの暑さに風の通り道を探して昼寝していたりするのだが、雨が降ると随分涼しくなるなあっていう印象。

のんびりとお茶でも飲みながら過ごしてみたり、雨の合間に池で涼んでみたり。

また、ここでは村としての機能があるので学校もある。学校では子ども達が勉強をしていて、この子ども達が大人になる頃はカンボジアという国はどんな風になっているのかなあって思う。

でも、きっとこんな東屋の学校ではなくなっているのだろうな。

20080722-0818-33-5420

僕らのNGOでの面白い働き方としては、子どもと職場の距離が近いってことだと思う。託児所はなくて、みんな職場に子どもを連れてきている。

学校に行く子どももいれば、小さな赤ちゃんはハンモックで揺られていたり、みんなで子育てしている感じ。

20140719-1630-27-08003

主な通勤が村内を徒歩とか・・スタイルの違いはあるにせよ、最近いわれている「みんなで子育てする社会」ってこういうことなんじゃないかなって思う。

しかし、こういうところで子ども時代を過ごしたら、毎日夏休みみたいですごい楽しいだろうな。

20080721-1813-11-5405

Related Post

夜の高台寺のライトアップは美しい ちょうど京都旅の直前に万城目学の書いた「とっぴんぱらりの風太郎」を読んでいたので、北政所が住んでいた高台寺のことは気になっていた。 高台寺は旦那である豊臣秀吉の冥福を祈るために建立した寺院であり、寺の前は仏門に入った際につけられた「高台院」という名にちなんでいる。豊臣秀吉って飽くなき権力者であ...
バンコクとチャオプラヤ川に沿って旅する... 今回のタイ旅行では水辺の近くを旅することが多かった。バンコクでは渋滞を避けてチャオプラヤ川に沿って移動をしていたのだが、川から眺める街はいつもと違う雰囲気でまた美しいものだった。なにより、川を通り抜ける風が気持ちいい。 OCTAVE Rooftopbarから眺めるスクンビットの夜景 今...
【現在は立ち入り不可】近未来感があるのに懐かしい雰囲気がある、香港の「超密集住宅」をみてきた。... 香港らしい建物が入り組んで密集した風景といえば、かつては九龍城砦だったり、尖沙咀にある重慶大厦の四階から入り込む風景とか、いろいろとある。 そんななかで、最近注目されているのは、鰂魚涌(クオリーベイ)と太古(タイクー)の間にあるマンション群で「海景樓」「福昌樓」「海山樓」「益昌大廈」「益發大廈...
福島 夜の森にある桜のトンネル 福島の原発事故があってから立ち入ることができなかった福島県富岡町にある夜ノ森地区にある桜並木。樹齢100年を越える桜の並木道は圧巻の風景で観に行ってみたいと思いつつも、当分いけないんじゃないかと思っていたのだが2017年から一部が開放されて立ち入りができるようになったこともあり、花見山から向かうこと...
中之条ビエンナーレ2015 – 六合エリア編... 2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。 前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。 2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください