シェムリアップで一番好きなバーは? ごはん食べたあとまったり過ごすところは?と聞かれれば、このASANAを即答で答えたい!・・と思っている。聞かれたことないけれど。(前回の訪問

場所はパブストリートからちょっと離れたところだが、まあ近いので徒歩圏内。深夜まで飲んでいても治安には問題ないエリアにある。バーストリートの辺りでちょっと変な客引きがつきまとってくるかもしれないが、放っておけばいい。

お店のサイトなどで公式のオープン時間は24:00までなのだが、今回25:00くらいまでいてしまった。寛容だな・・。全然忘れていたが、もっと大人しく過ごさなければと、このテキストを書きながら思った。

このバーではモヒート、またはサングリアを頼むのがおすすめ。モヒートは黒糖で作られていてコクがあってうまい。そして、サングリアはピッチャーに入ってやって来るのだが、これが自家製で甘さが控えめでうまいのです。そして、酔っ払いの深みにはまっていく・・。

モヒート
モヒート

食べ物はほとんど頼んだことないのだが、まあそれなりだと思う。席のタイプは色々あるのだが、僕が好きなのは写真にも2階の米袋ソファー席。ここで米袋(中身はクッション)でぐだぐだしながら飲むのが最高に気持ちいい。

おすすめしないのは変な球体な椅子の席。音が響いてしまって、会話もロクにできない感じだった・・。

asana

すごい楽しいバーなので、シェムリアップに来たら遺跡巡りだけじゃなくて、こういう楽しみも満喫してほしい。

Asana Bar
時間:12:00 – 24:00

Related Post

ベンタイン市場に行ってきた 入口 ホーチミン シティの中心であり、バスターミナルもあるのでこの街を旅するものであれば誰でも一度は来るんじゃないかというところ。 観光客向けだけでなく、いろいろなものがあるので、客引きをあしらえる気持ちがあれば是非ともうろうろしてみて欲しい。 腕つかまれるほどの客引きはちょっと...
CHE MY 2(チェー ミー ハイ)でベトナムスイーツ... 外観 日が暮れたベトナムで食後のカフェ的な存在といえば、僕のなかではChe(チェー)という、ぜんざいのようなスイーツを食べること。 いまは昔、ベトナムをうろうろと旅行をしていたとき、現地の女の子につれられて薄暗い街角で一緒にチェーを食べていたことがある。 そのときはなに食べている...
シェムリアップのゴミ山へ行ってきた... 以前よりシェムリアップへ訪れているのだが、すごい不思議に思っていることがある。 これだけ急激に人口が増えてきて、観光客も激増している。そして、僕もふくめてやたらと浪費をしている。そんな場所でありながら、この街のゴミはいったいどこでどうやって処理されているのだろうか? 考えるほどに疑問がふくらむ...
Kowloon Taproom は尖沙咀で便利な立地のクラフトビールのバー。... 香港に引っ越してきた知人と飲む約束をして、九龍半島側の尖沙咀にあるビアバーにやってきた。 池記からほんのすぐのところにあって、ちょっと裏通りだけどこんな便利な立地にあるのかって新しい発見だった。昼からやっているのもポイントが高い。僕が思う香港のいいところは、こうして昼飲みを楽しめるというところ...
気軽に立ち呑みできるが本格的「The Northern Lights Corner」で京都の夜を締め... 今回の京都旅のラストは河原町のバーで過ごしてみることにする。 四条河原町の裏通りにあるThe Northern Lights Cornerは、祇園にある「FINLANDIA BAR」(フィンランディア・バー)や、今回も訪れたThe Common One Bar Kyotoと同じ系列でもっとカジ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください