前回の訪問
前回の訪問

シェムリアップの中心街にあるAMATAK(アマタ)というお土産物屋さんに再訪。アマタとは永遠という意味らしい。

まあたしかに、ここにある織物たちは僕らがこの世から去っても、後世まで永遠に残るものもあるかもしれない。それくらい気合い入ったものもある。(前回の訪問

前回来たときに、店頭に置かれていた鳥の刺し子のバッグ。

このお店の象徴のように置かれていて、すごく手がかかっている感じだし高そうだな・・と思っていたのだが、値段を聞いてみたら拍子抜けするような手軽な感じだったので、用途も考えずに買ってしまった。

もともとはマザーバッグとして考えて作られたものみたいで、ざっくり肩掛けして使う感じ。肩紐は結んで調整するというシンプルさで、着る服のスタイルは選ぶけれどインパクトあっていいと思う。

これ
これ

刺し子についてはお店のお姉さんが、お店の奥で一針一針ていねいに縫い込んでいてすごいちゃんと作っているなあ・・と思う。

前にも書いたが、配り土産を買うようなお店ではないのだが、自分用に旅の思い出を買うということであればオールドマーケットよりも、ここの方が断然おすすめです。

【2016年3月5日追記】2016年2月をもって閉店されたとのこと。今後はオーダーメイド中心で店舗を持たずやっていくということです。残念。。

AMATAK(アマタ)
時間:9:30 – 21:00

Related Post

ひさびさの合成帆布行へ行ってきた ひさびさの台南ということもあり、合成帆布行へ行ってみることにした。台南には帆布バッグのお店がいくつかあるのだけれど、合成帆布行がもっとも手頃で使い勝手のセンスもよく手頃だと思う。 以前の訪問 合成帆布行 – 手頃な帆布バッグならここ 合成帆布行はお土産に最適 アクセス 国鉄...
廣富號 – 台南帆布バッグでは最もおしゃれ... 台南で帆布バッグ巡りの旅。合成帆布行、永盛帆布行とならぶ台南メジャーブランドの廣富號は、もっとも商業的に成功しているバッグ屋だと思う。台北に支店があるくらいだし。 廣富號手製帆布包 忠義店 廣富號ではきちんと店員さんが接客してくれる 他の二店が工房を兼ねたショップで、店先でミシ...
宮原眼科で楽しむスイーツ 台中でどこか一カ所だけ訪れることができるというのであれば、僕としては彩虹眷村よりもこちらの宮原眼科を推薦したい。お店の雰囲気も店内の豪華な装いも必見。 ちなみに、眼科というのは名前だけで、お店の業態としてはスイーツ店とカフェが併設されている。ものすごい昔は眼科だったらしいのだが、こんな日本橋三...
ArtYard 小藝埕 – センスのいい台湾雑貨のセレクトショップ... 乾物とお茶だけじゃない迪化街の楽しみ方。 台湾発の「印花楽 in Blooom」(布製品)と「台客藍(HAKKA BLUE)」(茶器)やその他書籍などを扱っているセレクトショップで、とくに印花楽の雑貨は超絶かわいい。ランチョンマットがおすすめ。誠品にも取り扱いがあるのだけど、こちらの方が品揃え...
岡山媽媽雜貨舖でまた買い物 台北に来ると立ち寄っているお店で、クオリティが高い製品がそろっているし、訪れるたびに新しい発見とか新しい製品があって見逃せない存在。(前回の訪問はこちら) 今回の訪問では、台湾とは関係ないけれどモリスコレクションのテキスタイルを使ったものが出来てきていて、これがどれも圧倒的な存在感があった。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください