今回の旅で出会ったこの街で一番きれいだと思う女性。さすが高級レストラン。。

僕にとってホーチミンというのは、バックパッカーとして旅行に来ても美味しい料理が食べられる街という印象だったのだが、今回の旅では友人にマンダリンでの食事を招待してもらい訪れてみた。こんなところがあったなんてと、新しいベトナムを発見した感じがする。

レストランはドレスコードがビジネスカジュアルくらいのこといわれたので、襟付きのシャツに長いパンツを履いていったくらいだ。

場所は1区の裏通りにあって、タクシーで向かうと一方通行をぐるぐる巡る感じになる。

ホーチミン シティ屈指の高級店だけあってアンティーク調にまとめられた店内は格式があって、どこかでピアノとベトナム音楽の生演奏が聞こえてくる。スタッフも洗練されているのだけど、どこかちょっと面白い人がいたりするのはベトナムらしいなって、僕としては少し安心できる。

マンダリンは営業開始したのはそんな古くないのだけど、クリントン大統領も食事をしたレストランとして歴史に名を残している。

それくらい格式あるところなので、店内でみかけた日本人が短パン履いているのをみかけても「あ!あの人はドレスコード守れてないんだな」と雰囲気をまもれない人として、生暖かい目で見守ってあげるのがいいと思う(どどうもツアーに組み込まれているのか、そういう人をみかけるのです)。

料理はコースでもアラカルトでもいけるのだが、今回はアラカルトで色々頼んでみた。春巻きについては、揚げてあるのも生春巻きも絶品なので食べ比べてみてほしい。これは二品とも食べる価値あり。

このほか、豆腐の揚げものや、春雨とか・・どれ食べても美味しい。さすがベトナムでは信じられないくらいの値段だけのことはある。ベトナム料理だけど、ベトナムでもここでしか食べることができないものがある。

なので、逆にベトナムではよくある「フォー」なんてものはこのレストランでは食べることができないのです。これは重要なポイント。

揚げ春巻き
生春巻き
エビ料理
揚げ豆腐
春雨の料理

ということで、デザートまで一気に食べすすんでしまったのだが、デザートに頼んだクレープ的なものは席の横で作ってもらえるので、ちょっと恥ずかしいけれど楽しいので頼んでみるのがいいかもしれない。

デザート作ってもらっているところ

ディナーのみの営業となっていて、人気店なこともあるので訪問には予約をしていくのが無難。

この国を旅していると、こういう高級店で食べなくても充分美味しい物に巡り会うことはできるけれど、こんなベトナムもあるのかって旅のいい思い出になると思う。

Mandarine (マンダリン)
住所:11A Ngo Van Nam Street,Dist.1,Ho Chi Minh
時間:17:30 – 22:45
休日:無休(ただし訪問には予約が安全)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です