世界でトップクラスに有名で、「狂ったディズニーランド」ともいわれているスイティエン公園にいってきた。

場所はホーチミン シティの北東9区にあって、ベンタイン市場のバスターミナルから19番のバスに揺られること60~90分ほど。バスの車掌に「スイティエン」っていうとバス料金教えてくれるのでそのまま乗り込める。

バスにゆられていく

ベンタインからスイティエン公園までは下町を通り抜け、川を渡り、どこだかわからない工業地帯を抜けてさらに町を通り過ぎ・・似たような高速のロータリーをまわっていく・・という自分が向かっている方向がよくわからなくなるので、スマートフォンで地図を確認しながらいけると安心感がかなり増すと思う。

ちなみに、19番のバスに乗っていくと、何度目かの立体交差のカーブを通り過ぎると進行方向右手に巨大で不自然なな岩山がみえるので、それがスイティエン公園となる。周囲の風景は牧歌的というより殺伐とした郊外といった趣で、東京の湾岸エリアにたとえるならば、舞浜というより市川塩浜みたいな感じ。

公園周辺

入口でロクに列に並ばないベトナム人と戦いながらチケットを購入して入口に向かうわけだが、なんかもう入口からして大きさがおかしいし、そのあとも、もうずううっと奇妙な光景が続いていく。

ツッコミどころが多すぎていちいち自分の心でツッコミをいれたりしながら写真を撮っていくのだが、だんだん感覚が麻痺して写真撮る回数が減っていった・・。

チケットブース

ということで、いちいちツッコミどころと僕の気持ちを書いていてもキリがないので、以下にざっくりとした見所を書いておく。

あとはそれぞれ自分にあった楽しみ方があると思うので、適当にみてまわってほしい(すごい疲れるけれど)。

巨大なプール
スイティエン公園と、そしてこのテーマパークのおかしなコンセプトをもっとも表しているコンテンツ。のどかなプールの向こう側には巨大な人面の巨像があって、なんだかもう宗教施設のような荘厳さすら感じてしまう。実際、この人面像はベトナムという国の創設に関して重要な人物らしい。さすが、このテーマパークを運営しているのはお寺というだけのことはあって勉強になる。

ジェットコースター
浅草花やしき並のクオリティであるジェットコースターなんだけど、信頼性の観点からいうと結構なスリルを味わえることは保証できると思う。

なんか・・走り抜けるときにすごい音してたもの。僕はそもそも生き急ぐタイプじゃないんでジェットコースターはパスしておいた。このほか、観覧車というものもあるのだが、僕が訪れたときは「今日は休み~」っていわれて、残念やらホッとしたやら複雑な気分。

ワニ釣り
一見するとかなりやる気にとぼしいワニを肉で釣り上げるアトラクション。実際は肉を巡ってワニとの駆け引きをするのだが、これがものすごいドキドキする。

何故ならば、ワニまでの距離がすごく近くてすぐそこでワニが肉にがっついてくるときに釣り竿に感じるテンションとか、ちょっとした動きとか・・駆け引きが楽しいと同時にどきどきがハンパない。これは、このテーマパークで体験した方がいい遊びだと思う。

ちなみに、このほかにも色んな遊びがあって、都度料金を払うシステムになっている。まあ・・興味あれば色々試してみてください・・。

入口からして過度に仰々しい
入口入ってすぐ、この巨大な像がいるんですよ・・
森の木陰で龍が水ふいている
蓮の葉の木陰を通り抜けて・・
超巨大な仏像
死んだ魚のオブジェ・・?
プールどーん!
ウォータースライダーの出口は龍の口から吐瀉物扱いで出てきます

熱帯のお気楽さと地獄絵の際を描いている
自信満々過ぎてこわい・・
野菜のお化け
ここで桃太郎が生まれたのだと思う・・
象牙街道
本物より迫力あるニセモノ
ワニ釣り
ワニ釣りの駆け引きにどきどきする
ジャンプした!すごいコワイ。
食いつかれたときの力強さは恐怖です
しかし、ワニつりの横でこれ売っているのはせつない・・
ベトナム人たちはこの長いテーマパークをハイキングのように楽しんでいます
そして僕はバスでホーチミン シティに戻りました・・。

Suoi Tien Amusement Park

Related Post

夏の安曇野の廃線跡を歩いてみる 1980年代後半まで使われていた篠ノ井線の廃線跡をハイキングしてきた。ここは、冬に訪れて雪に埋もれた廃線跡もよかったのだが、なにせ歩きづらく季節を変えて来てみたいなと思っていたところ。 冬の訪問:安曇野の廃線跡を歩いてみる 現在は「国鉄篠ノ井線廃線敷遊歩道」として整備され...
チャオプラヤ エクスプレスでいくバンコク水辺の旅... 今回の旅ほどチャオプラヤ エクスプレスを活用したことはなかった。 バンコクを流れるチャオプラヤ川に沿って運行されている渡し船。こんな便利なのに、なんでいままであまり使ってこなかったのだろうと思ったのだが、スクンビットのあたりにいると必要がないということもある。 しかし、今回泊まったプラナ...
バンコクホテル泊まり歩き旅 バンコクの醍醐味はグルメ、ショッピングとホテルライフじゃないかと思う。 ということで、今回のバンコク旅では少し長めの滞在だったのと、ひさびさにプラナコーン ノーンレンに泊まりたかったので、ちょっとホテルライフを楽しむべく泊まり歩いてみた。 泊まったのはドゥシット地区のプラナコーン ノーン...
リペ島での過ごし方 リペ島への旅の記録。 リペ島ではなにをしてきたのかといえば、それは「毎日、朝陽と夕陽をみていた」ということになる。そして、それ以外の時間は部屋で本を読んで過ごしていた。外、暑いし。 島での滞在においては、一度も靴を履くことがなく(ビーチサンダルでさえも!)、常に裸足だった。 理...
バガンの夕暮れを船で過ごすサンセットクルーズのすすめ... バガンに来ると、朝陽と夕陽をどこでみようかというのは悩ましい問題である。で、夕陽のポイントとして僕がすごいよかったのはこの船旅で船から眺める夕陽の風景。 別に船からみたって・・と思ったのだが、これがすごいきれいでのんびりしてしまった。 エーヤワディー川(イラワジ川)のサンセットクルーズ船...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください