外観
外観

日が暮れたベトナムで食後のカフェ的な存在といえば、僕のなかではChe(チェー)という、ぜんざいのようなスイーツを食べること。

いまは昔、ベトナムをうろうろと旅行をしていたとき、現地の女の子につれられて薄暗い街角で一緒にチェーを食べていたことがある。

そのときはなに食べているのかよくわかっていなかったのだが、数年後に昼間食べてみて、色んな種類があったりすることを知った。これはすごく幅広いスイーツで面白い。

ホーチミン シティに滞在しているときに、あれこれネットで調べてみて、ファングーラオにもチェーのお店があるというので食後の腹ごなしかねて行ってみた。ひさびさに食べるなあ。

店内
店内

お店はデタム通りから数分のところにあって、安宿街からのアクセスはかなり簡単でらくちん。店構えも店内も清潔で、ちょっとしたジューススタンドみたいな雰囲気でもある。

che my2チェーは色んな種類があるのだが、このお店の定番でってお願いして出てきたのはこれ。

かき混ぜながら食べすすめていくのだが、見た目はどす黒くて不穏な感じもするが、これが小豆だったり、ちょっとしたフルーツだったり、あんみつのような、ぜんざいのような、かき氷のような複雑な味わいで食べていて面白い。

僕としては薄暗いところで、ぼそぼそおしゃべりなんかしながら食べるっていうのも風情があって好きなのだが、時代はこういう清潔で明るい方向に進んでいるのだろうなって思う。

そんな旅情的なことはさておき、ここのチェーは結構おいしいのでベトナムローカルなスイーツを食べるということであればおすすめできる。

CHE MY 2(チェー ミー ハイ)
住所:107 Nguyen Thai Hoc,F Cau Ong Lanh,Dist1 Ho Chi Minh

Related Post

シンタマニホテルで優雅な朝食 外観 シェムリアップで朝食を食べる定番に加えてもいいんじゃないかって思える素敵なレストラン。宿泊者でなくても朝食を食べることは可能なので、一度は行ってみてもらいたいところ。 僕としてはシェムリアップで朝食といえば、ローカルフードならばミーケウ・シェムリアップでクイトゥーを食べる。または...
VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
シラハマアパートメントのカフェで過ごすひとときは贅沢な時間... 南房総をドライブしているなかで必ず立ち寄ってみてもらいたいところのひとつは房総半島の南端である野島崎から少し離れたところにあるシラハマアパートメントというところ。 パワースポットである野島崎もいいところだと思うけれど、そこしか行かないのはもったいない。近くにあるここのカフェで過ごすひとときは最...
salo cafe(サロカフェ) – 新宿での喧噪を逃れた癒やしカフェ... フィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。 森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もあ...
El Galettoはガレット以外も含めたブラジル料理店... ガレットとはリオデジャネイロの名物料理で、生後30日以内の若鶏を炭火焼きにする料理。シンプルだけど、これが美味しい。 有名店なのは今回とまっているアウグストス ホテルのそばにあるガレット サットで、ここは抜群に美味しかったのだが、ほかで食べたらどんなものなのかとコパカバーナビーチから少し入った...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください