外観
外観

日が暮れたベトナムで食後のカフェ的な存在といえば、僕のなかではChe(チェー)という、ぜんざいのようなスイーツを食べること。

いまは昔、ベトナムをうろうろと旅行をしていたとき、現地の女の子につれられて薄暗い街角で一緒にチェーを食べていたことがある。

そのときはなに食べているのかよくわかっていなかったのだが、数年後に昼間食べてみて、色んな種類があったりすることを知った。これはすごく幅広いスイーツで面白い。

ホーチミン シティに滞在しているときに、あれこれネットで調べてみて、ファングーラオにもチェーのお店があるというので食後の腹ごなしかねて行ってみた。ひさびさに食べるなあ。

店内
店内

お店はデタム通りから数分のところにあって、安宿街からのアクセスはかなり簡単でらくちん。店構えも店内も清潔で、ちょっとしたジューススタンドみたいな雰囲気でもある。

che my2チェーは色んな種類があるのだが、このお店の定番でってお願いして出てきたのはこれ。

かき混ぜながら食べすすめていくのだが、見た目はどす黒くて不穏な感じもするが、これが小豆だったり、ちょっとしたフルーツだったり、あんみつのような、ぜんざいのような、かき氷のような複雑な味わいで食べていて面白い。

僕としては薄暗いところで、ぼそぼそおしゃべりなんかしながら食べるっていうのも風情があって好きなのだが、時代はこういう清潔で明るい方向に進んでいるのだろうなって思う。

そんな旅情的なことはさておき、ここのチェーは結構おいしいのでベトナムローカルなスイーツを食べるということであればおすすめできる。

CHE MY 2(チェー ミー ハイ)
住所:107 Nguyen Thai Hoc,F Cau Ong Lanh,Dist1 Ho Chi Minh

Related Post

バイロンベイ発のオーガニックコーヒー、市ヶ谷のBunCoffeeは狭いカフェだが貴重な存在... 世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。 バンコーヒー バイロンベ...
Bloom Caféはプノンペンでは古めかしいカフェだけど落ち着ける... プノンペンで涼しくゆっくりと過ごせるカフェのひとつ。普通の邸宅のようでもあり、ちょっと不思議な感じなラウンジみたいな空間はプノンペンらしいといえばそうかもしれない。 あえてここまで来るかといわれると微妙なところだが、近くを通りかかれば立ち寄ってみるのもいいと思う。 Bloom Caféへ...
アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...
お土産だけじゃない、フラノマルシェの魅力について... 札幌から富良野までやってきて、そこから美瑛まであと少しのところ。唯我独尊でランチを食べて国道へ戻るところにショッピングモールみたいなものがあり、それがフラノマルシェというところだった。少し離れたところに二カ所あって、僕が訪れたのはオリジナル?の方みたい。 地産地消というか、富良野の特産物をあつ...
寮國咖啡で楽しむラオスコーヒー 台南でラオス産のコーヒーを楽しんできた。結論からいうと、とてもうまい。 ラオスに行ったことは何度かあるのだが、まさかこんなちゃんとしたコーヒー作っていたとはね。でもまあ、フランス領だったこともあるし、食事に対しては感度が高いエリアではあった。コーヒーがあっても不思議じゃない。 しかしまあ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください