今回、数年ぶりにホーチミン シティへ来たのだけれど、高層ビルが何本も建っている風景には驚いた。

初めて来たときは高層ビルは作りかけがひとつあったかどうか・・。

20140722-0933-25-08663

でも、ビルへ向かう道には飛び交うようにバイクが走っていて、その風景には変わりがない。

街中にはアオザイ来た女の子をたまにみかけることもあるし、新しいものと古いものが混じり合っているなっていうところ。

郵便局

この街を移動するには、徒歩もいいのだけど、一度くらいはバイクタクシーに乗ってみるのもいいかもしれない。

あのバイクの波は外からみるのと、中にはいって体験するのとではだいぶ迫力が違う。

料金的にもデタム通りからベンタイン市場までなら100円もしない金額だったので、ちょっと試してみてほしい。

20140722-0931-53-0865420140722-0932-19-08658

夕方から夜にかけての街歩きもまた面白い。

とくに公園の散歩。学校や仕事を終えた人たちだろうか、みんな公園に集まってきていて、スポーツをしていたり、踊りをおどっていたり・・不思議な感じ。でも、本来の公園ってこういうものだよな。

ホーチミン

ヨーロッパの街並みって、古きよきものを大事にしていて、いついっても変わらない風景が残っているのだが、日本や東南アジア圏ではどんどん風景が変わっていく。

これは、僕としてはこのエリアは「枯れるにはまだ早い」ってことなんじゃないかと思う。きっとこれからも変わっていく街並みというのを楽しみにして、また来てみたいなと感じた。

Related Post

信濃大町呑み歩きの旅。2016年秋編 信濃大町で行われている「北アルプス三蔵呑み歩き」に今年(2016年)も行ってきた。もうここ4-5年は毎年行っているのだけど、変わらずにのんびりしたいいイベントだなあって思う。お酒が好きであればこのイベントのためだけに旅をする価値がある。 過去の旅の記録 2013年:秋の信州、サイトウ・キネン...
小樽運河と散歩 小樽まで来たので、北一硝子からちょっと足を延ばして小樽運河まで。歩いて5分もかからないところにあってかなり近い。レンタルサイクルとかもあるけれど、坂の多い町なので歩いて回ってもいいんじゃないかなって思う。 運河沿いは幹線道路が走る郊外といったところで、写真でよく見る風景の反対側は全然情緒がない...
アンコール遺跡巡り(マイナー編) アンコール遺跡群巡りについて、メジャーどころをまわってみて、興味が出てきた!とか、もっと他にもみてみたいと思ったときに僕がおすすめしたい遺跡の紹介。 学術的とか、パワースポット的とかそういうのは抜きにして、僕が居心地いいなと思える場所なので偏りはあるし、そもそもそんなにマイナーでもない遺跡なの...
逢甲夜市は懐かしい感じで好きな夜市... 台中で泊まった文華道會館 In One City Innホテルは夜市の近くにあったので、晩ごはんがてらに散策してみた。 ここの夜市は逢甲大学という学校を中心にして広がっている夜市で学生街ならではの活気とか、ユルい雰囲気があって、なかなか楽しい。 学校の入口にとめられている沢山の自転車とか...
錦繍の松本旅 秋も深まってきている松本へのショートトリップ。奈川の紅葉は穴場で圧倒的な美しさ。シーズンがはまれば絶対おすすめできるスポットだと思った。 旅の記録としては、夕方に松本市内へ到着していつもの居酒屋で日本酒を堪能。ここはもう、いつ来ても暖かいいい店だよなあ。旅先に行きつけのお店があって、名前で呼ば...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください