今回はファングーラオの安宿に泊まった
今回はファングーラオの安宿に泊まった

この夏の旅行はベトナム経由でカンボジアに行ってきたのだが、ひさびさにトランジットで降りたホーチミン シティが思いのほか楽しかった。

タンソンニャット空港はあまりにもなにもなさ過ぎて、トランジットには不向きだし空港内の物価の高さには閉口するが、街中まで比較的近いのはありがたい。

そして、空港でSIMカードを買うのも簡単なので便利。

通信速度は結構はやいので、ホーチミンに関してはSIMフリー携帯もっているとかなり便利だと思う。詳しい情報は「ホーチミンの空港(タンソンニャット)でSIMカードを購入、通信事情など」にて紹介。

今回の旅で出会ったこの街で一番きれいだと思う女性。さすが高級レストラン。。
今回の旅で出会ったこの街で一番きれいだと思う女性。さすが高級レストラン。。

ベトナムはなんといっても料理が口にあうなって思う。

僕としてはタイ料理よりベトナム料理の方があっている。

おすすめされていったCuc Gach Quanのおしゃれな家庭料理もよかったし、マンダリンレストランでの高級ベトナム料理は、こんなに繊細な味の料理があるのかって驚いた。

マンダリンレストランは、自分のお金で行きたいかどうかは別として、ここの料理はすごい。

ファングーラオにあるローカルフード的なフォークインで食べたフォー・ボー・コーも新しいフォーのジャンルですごい楽しめたしベトナム料理は幅広くて奥が深い。

今回の旅では、宿は決めていかずにファングーラオで目についたThan Guest Houseという安宿に泊まった。

まあ、こういうのが気楽でいいよね。まわりもひとり旅ばかりなので食事も楽だし。

なにかと立ち寄ることの多いベンタイン市場
なにかと立ち寄ることの多いベンタイン市場
スウォイティエン公園のテーマパークのシンボルだよな・・。
スウォイティエン公園のテーマパークのシンボルだよな・・。

この旅のメインは世界でもっともおかしなテーマパークのひとつであるスイティエン公園にいくこと。

ベンタイン市場で朝食を食べてからバスに乗って向かっていたのだが、本当に狂気のディズニーランドという感じでおかしかった・・。

それも、でかくておかしい。

僕としてはワニ釣りでのリアルな緊張感というのは味わってみてもらいたいところ。

ワニ釣りの駆け引きにどきどきする
ワニ釣りの駆け引きにどきどきする

そして、ホーチミン シティでやってみてもらいたいのはバイクタクシーでの移動かなあ。まあ、多少の危険と価格交渉の面倒くささはあるものの、バイクの波に飛び込む感覚はいまのホーチミンならではという感じがする。

20140722-0933-25-08663

この感覚は結構面白いので、ちょっとした移動でタクシー意外に利用してみるのもいいかもしれない。

LCCとかの就航が決まってくると、さらに近場の観光先としてリピートしちゃうだろうな・・って思えるところだった。

この旅の記録:ホーチミンへテーマパーク巡礼の旅

Related Post

宮島小旅行と厳島神社、広島から移動について... 広島まで来たので、ちょっと宮島まで足を伸ばしてショートトリップをしてきた。広島から宮島まで移動して、厳島神社をみてきて、うえので穴子飯を食べて約半日の旅行という感じ。 広島~宮島間の移動 広島と宮島の間を移動するには、JR、市電、広島港からのフェリーという三種類があるけれど、よほどのこだ...
篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の犬島編)... 瀬戸内国際芸術祭の夏編をみてきた。犬島までは直島からは途中豊島に寄港する高速艇で1時間ほどかかる。 当初の予定では、豊島にいってから犬島に行くルートを計画していたのだが、四国汽船に高速艇の混雑具合を電話で質問したときに「豊島から犬島への航路はたまに乗れないことあるから、まずは犬島まで行くべし」...
フランクフルトをトランジットで小旅行... フランクフルト空港のなかにあるATM 年末年始をブラジルで過ごすにあたってトランジットはフランクフルト経由。 行きはフランクフルトで8時間くらいの時間があったので、街へ少し散歩に出てみた。 フランクフルトに着いたのはたしか15時くらいで、リオデジャネイロ行きのフライトは23時くら...
蘭桂坊(ランカイフォン)で夜を楽しむ... 香港でナイトライフといえば、男人街や女人街での夜市とかネイザンロードの電飾とか、香港の夜景とか・・いろいろある。 ぼくも夜市は嫌いではないが、何度か行くと「なぜここが楽しかったんだろうか」と思うことがある。まあ、夜市ってそういうものなのだろうな。 で、今回は蘭桂坊に行って飲みあるいてきた...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください