成田空港にて
成田空港にて

この夏の旅は再びのカンボジアと久しぶりのベトナムへ。ベトナム航空のトランジットで向かった。

成田からのベトナム航空のフライトは1時間くらいの遅延があったけれど、どうせタンソンニャットでのトランジットも待つことになるしまあいいかってところ。

それより、もう何回でも書くけれどタンソンニャット空港はなにもなくて物価が高くて居心地の悪い空港。

時間をつぶせるものや、相手をみつけておくことをおすすめする。

タンソンニャット空港
タンソンニャット空港
シンタマニレストランは開放的な雰囲気が気持ちいい
シンタマニレストランは開放的な雰囲気が気持ちいい

ベトナムとカンボジアの間はカンボジア・アンコール航空というエアライン。

空気運んでいるかのようにガラガラなので、楽ちんなんだが大丈夫かな・・とも思ってしまう。

シェムリアップでは相も変わらずのグルメ旅のような感じ。

前回来たところとあわせて、僕なりのおすすめをまとめてみることにする。上から順番におすすめを並べていきます。

おすすめ朝食編

なんといってもシンタマニの朝食は高いけれど価値がある。ベトナム行ってなければスープドラゴンを上にしてもよかったのだが、やはり本場食べちゃうとね・・。

ミーケウシェムリアップは僕が認める(何様だってところだが)数少ないクメール料理のお店です。

シンタマニの朝食
シンタマニの朝食

ランチ&ディナー編

これはすごい悩ましいところだが、手軽さとかも考えてBarrioのフレンチがもっともおすすめ。ここでたっぷりのムール貝と白ワインを楽しむというのはカンボジアじゃないみたいだが、これが美味しいのです。

ムール貝はフランスから空輸してきているみたいだし。イタリアンだと、L’Osteriaで食べた前菜盛り合わせは美味しいし、リゾットは絶品。

Barrioのムール貝!
Barrioのムール貝!

その他

バーでいえばAsana Bar、カフェでいえばブルーパンプキン。どちらもゆったりとしたソファ席があってまったりとした時間を過ごせるのが楽しい。

Asanaバー
Asanaバー

ちなみに、今回はひさびさにアンコール遺跡群巡りもしてきていて、それらについてもちゃんとまとめている。

僕は遺跡マニア・・っていうほどの知識もない人間なので、専門的意見とすればこれはありえない!と感じる方もいるかと思いますが、素人意見ってことでご容赦願いたい。

20140720-1242-05-08373

ガイドブックなどに書かれているように三日間もあれば見てまわれるのだけど、そこまで頑張らなくても充分に一生の思い出になる旅になると思うので、1日しか時間がなくても楽しいと思う。

おすすめルートなど

今回は雨季のはじめの訪問となったシェムリアップ旅は、雨で緑が美しくて、雨季の旅も悪くないなって思える新しい発見となった。

20140718-1022-03-07711

シェムリアップの街角にいたドクターフィッシュ。大きい・・。
シェムリアップの街角にいたドクターフィッシュ。大きい・・。

20140722-0932-19-08658そして、カンボジアをあとにしてベトナムへ。

かなり久々のホーチミン シティは高層ビルが建ち並びつつある大都会になっていて、交通渋滞のひどさなども本当にびっくりした。

変わらないのはバイクの波と食事の美味しさだなってところ。

宿はファングーラオの安宿にとってみた。もはや安宿に泊まる理由もないのだけど、なんとなくたまに泊まってみたくなるんだよね。よれよれのバスタオルとかをみると「そうそう、こうなんだよな・・・。でもバスタオルあるなんていい宿だな」ってややげんなりしつつ楽しくなってきたりする複雑な気持ち。

安宿のあつまるデタム通り
安宿のあつまるデタム通り
今回の旅で出会ったこの街で一番きれいだと思う女性。さすが高級レストラン。。
今回の旅で出会ったこの街で一番きれいだと思う女性。さすが高級レストラン。。

ベトナムにも何度も来ているのだが、だいたいは屋台で食べたりすることが多くて、それはそれで美味しいのだが、今回はじめて高級レストランであるマンダリン レストランに行ってみた。

アンティーク調でまとめられたインテリアとか、どこからか聞こえてくるベトナム民族音楽の調べとか、いままで僕が経験してきたのとはまったく違うベトナムがある。

食事にしても、こんなアレンジがあるのかって思える料理が多くて自分でも作ってみたいと思うところが多かった。

とくに、レストラン名がマンダリンというだけあってミカンの葉の使い方が印象に残った。

スウォイティエン公園のテーマパークのシンボルだよな・・。
スウォイティエン公園のテーマパークのシンボルだよな・・。
食いつかれたときの力強さは恐怖です
食いつかれたときの力強さは恐怖です

そして、もうひとつ。今回の旅行のメインとなるスイティエン公園へ行ってみた。

ネットなどにもあるように本当に狂気のディズニーランドというか、巨大至上主義というか全てが予想すらしないイマジネーションで作られていて、そして大きい。ベトナム人ってカオダイ教もそうだけど、ときとしてちょっと不思議な指向性をもっているよな・・・。

このテーマパークでは、僕としてはワニ釣りでのリアルな緊張感というのは味わってみてもらいたいところ。

ベトナム滞在は賞味2日半くらいで短いものだったのだが、やはりこの国は面白いなと改めて感じるところがあったので、また時間を作ってきてみたいと思った。

この旅の記録:雨季のシェムリアップとサイゴンへの旅 2014年7月

Related Post

バンコク トランジット小旅行、2016年6月編。... 相変わらずしょぼいドンムアン空港 2016年の初夏はカンボジアまで蟹を食べに旅をしてきていた。2016年6月時点でカンボジアへの直行便はないので、そのトランジットとしてまずはバンコクまで。 半年ぶりに来たバンコクだけど、空港に降り立った瞬間の蒸し暑さとか、街を歩いているときに感じる香辛...
台北ビエンナーレ アート旅 2014年12月末の飛び石連休を利用して台北に行ってきた。12月末の台北は結構涼しいというか、朝晩は寒いくらいで東京の11月くらいの格好で歩いていた。日差しが出てくると暑いくらいなのだけど。 台北市立美術館 旅の目的は台北ビエンナーレをみてみることだったのだけど、意外にも小規模であっと...
小布施散歩 小布施堂で朱雀をあじわうとともに、小布施を散歩してきたのでその記録。 早朝(というか深夜)に、家を出発して朝には小布施堂に到着。すでに何人か並んでいたが、無事に食べることができた。小布施堂の朱雀は究極のモンブランというよりも、究極の栗和菓子といったところで、これはこれで絶品の香り高さとおいしさ...
年末年始のリオデジャネイロ旅 2014-2015の年末年始はリオデジャネイロのファベーラで迎えてきた。日本からブラジルまでは行きは2日がかり、帰りは3日がかり。 リオデジャネイロに着いたときには、あまりの遠さに疲労困憊だったのだけど、毎日夜中まで出歩くうちに街の感覚がつかめてきて馴染んでくる感じが楽しかった。 そう、...
カンボジアまで蟹を食べに行ってきた。... 2016年初夏の旅はカンボジアで夏を先取りしてきた。カンボジアとはいえ、アンコールワットではなくプノンペンへ。そして、カンボジア南部のリゾートであるケップという小さな街へ。 カンボジアでリゾートといえばシアヌークビルが有名だけど、ケップは旧フランス領時代に作られた鄙びたリゾートという感じ。なに...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください