スワンナプームからドンムアン空港までの移動について

タイのエアアジアは2012年10月から バンコクの拠点をスワンナプーム空港からからドンムアン空港に移転したことにより、スワンナプームからドンムアンまで移動することとなった。

23:30にスワンナプームについて、そのままタクシーでドンムアンまで移動。ちなみに、スワンナプーム~ドンムアン間について、AOTのリムジンサービスだと一番安いクラスで1,500THBとのこと。高い。

タクシーだと、出発階にたむろしている白タク連中は500~600THBくらいとふっかけてくるが、1階のタクシー乗り場から乗るとだいたい400THB(+高速代が100THBくらい)なので、まあそこらへんはタクシー並ぶの面倒ならば白タクもありかなって感じ。

アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテル (Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel)

Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel

ドンムアンではアマリ ドンムアン エアポートに宿泊。1泊4,500円くらい。デラックスルームにアップグレードされたが、とくに感動はないくらい古ぼけたホテルだった。その昔、ドンムアン空港全盛期には結構強気の価格で高級ホテルだったのだが、いまではすっかりかつての栄光という感じ。僕には成田の日航ホテルを思い出させる60年代っぽい雰囲気があるので嫌いではない。

ということで、アマリ ドンムアン エアポートの宿泊について。まわりにコンビニらしきものはなく、深夜にホテルにつくとまわりはなにもない。部屋のミニバーではビールが100THBなので、まあ取りあえずそれ飲むか・・くらいしかやることがない。昼間であればソンテウで近くのショッピングモールに行ったりすればいいと思うが、そこまでして泊まりたいホテルでもないな。

Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel

部屋のなかは、古いホテルだけあってゆったりとしている。デラックスルームには広いベランダもついているので、気持ちがいいかもしれない(深夜到着だったのでまったくわからないが)。ベッドもキングサイズで大きく、ライティングデスクもあったので、ちょっとした仕事もこなせる。

しかし、水回りに関しては致命的に悪い。ぱっとみた感じはきれいなのだが、シャワーのお湯の調整が絶妙に難しい。そして、トイレが全然流れない。ペーパーが流せないのはまあいいとしても、自分の排泄物すら流れないのはどうなんだ・・。ゴミ箱に水ためて一気に流したが・・そんなことまでしないとトイレ流せないホテルってちょっとどうかと思う。

それ以外の部屋の広さとか快適さはいいだけに、水回りのリノベーションくらいしたら随分変わるのに惜しいホテルだ。

Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel

このホテルの唯一にして最大の利点はドンムアン空港までコンコース一本で、歩いて数分で行けるところ。

ホテルのロビーの前にあるエレベーターを上がってコンコースを進めばもうドンムアン空港です。なので、早朝便などを利用する際には活用してもいいホテルだと思います。それ以外では全く利用する気になれないけれど。

深夜~早朝にかけてちょこっと寝るだけのホテルであれば、値段も手頃だしいいかと思います。

<a href=”http://blog.littlestardweller.com/efqx” target=”_blank” rel=”nofollow”><img src=”//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3318679&amp;pid=884561962″ width=”0″ height=”1″ border=”0″ /><strong> アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテル</strong></a>

Related Post

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセスはタクシーが便利... ドンムアン空港からバンコク市内までのアクセスは、リムジンサービスから妙に値段の高いエアポートバス、なかなか来ない鉄道まで色々あるけれど、タイのタクシー料金の物価を考えると空港からの移動では大きな荷物を持つことになるし、やはりタクシーでの移動が便利だよなって思う。 タクシー乗り場は空港の最も南側...
バンコク~ホアヒンの移動について 今回のホアヒンへの旅は、行きはスワンナプームから向かって、戻りはバンコクの市街地に向かう移動をしたのだけど、紆余曲折あって、行きはタクシー、帰りはロットゥーというミニバスを利用した。 ということで、今回の移動で検討していたものも含めてバンコク(スワンナプーム)とホアヒン間の移動についてのまとめ...
Hotel Muse Bangkokは手頃だけどスモールラグジュアリー感のあるいいホテル... 前回の旅でバンコクのルーフトップバーを巡っていたのだけど、そのなかで最も気に入ったのはサイアムの端っこにある Speakeasy という古めかしい雰囲気のバー。ここが入っているHotel Museが意外と手頃な価格帯で泊まれるので行ってみることにした。 Hotel Muse Bangkokへの...
おしゃれだけれどおすすめする人を選ぶホテル「プラナコーン ノーンレン ホテル(Phranakorn ... バンコクのホテルは安宿から高級ホテルまでいろいろ泊まったけれど、結局はスクンビットにあるシタディーンか、ドゥシットにあるここ「プラナコーン ノーンレン」のどちらかに泊まるというのが僕の定番になっている。 利便性よく清潔な滞在が約束されていてコストパフォーマンスのよい万人におすすめできるシタディ...
シャンハイマンション(バンコク)宿泊記... 今回の旅において、新しいホテルに泊まってみるかと利用してみたところ。 バンコク中央駅ともいえるフアランポーン駅からは徒歩10分くらいの場所にあって、ヤワラートという中華街のど真ん中にあるチャイニーズスタイルなホテル。 正直、バンコクの中華街に用事がなければ立地がいいとは言いがたいのだが、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください