この夏の国内旅行は近畿への旅。家から車でアドベンチャーワールドまで行ってみた。すごい遠かった・・運転した自分にびっくりだ。

しかし、紀ノ川サービスエリアで迎えた夜明けや、アドベンチャーワールドを堪能できたのはよかった。次はもっとのんびり行きたいが、まずはこれはこれで楽しい。

アドベンチャーワールドには開園前に到着できたので、せっかくならばとパンダラブツアー申し込みをチャレンジしてみることにした。

1日15人限定でかなり人気のツアーなのだがなにしろ1人5,000円と高額。隣に並んでいた家族連れのお父さんが子どもに「今日は”パンダラブ”じゃないからな、あっちの”いるかのおやつ(300円)”だからなっ」と説得しているのがせつなくて、ちょっと申し訳ない気持ちになる。

入口ゲート
入口ゲート
たまにこういうのが横切る
たまにこういうのが横切る

ちなみに、パンダラブツアーを申し込むためには複数あるゲートの最前列かつ、向かって左側の2つのゲートに並ぶことが重要。申し込み窓口に一番近いのは一番左から2番目のゲートだった。

並ぶ際はかなりヒマなので簡易チェア、ざぶとん、暇つぶしの会話のネタや本などがあった方がいい。あまりにもヒマだったので一緒に旅したやつらと動物名縛りのしりとりとかしてしまった。

パンダ以外もいる
パンダ以外もいる

アドベンチャーワールドは動物園、水族館、遊園地が一体になったテーマパークで、希少動物を一気にみられる点、そして沢山のパンダがみられる点で有名となっている。

有名どころの動物は他の動物園でもみているので今回はパンダをメインで、というかほぼパンダだけをみてきた。

あれ、家にいたらすごい大変そうだが和みそうだ。

朝イチで入園とともにパンダラブツアーの申し込みを完了させて(すごい僥倖ともいえる出来事だ)、あとはふらふらとパンダ舎へと向かう。

地図でみるとすごい大きなテーマパークのように感じるのだが、実際歩いてみるとそうでもなくて結構こじんまりとしていると感じるのは、ホーチミン シティのスイティエン公園と比べてしまっているからかもしれない。

噴水でペンギンがお出迎え
噴水でペンギンがお出迎え

朝イチだとペンギンがお出迎えしてくれる噴水を通り過ぎて(あとで考えると、あれかなり面白かった)、朝食を食べに出てきたパンダを眺める。

パンダはかなり視力が悪いらしくて、ぼけたおじいさんみたいにうろうろ徘徊しながら歩いて食事に近づいていく。毎日同じところに置かれているっぽいから覚えるだろうに・・。

芝生に座ってばりばり音を立てながら笹かじっている姿はほんとうに奇妙。あれが着ぐるみじゃないだなんて。

着ぐるみみたいだ
着ぐるみみたいだ

このあとのパンダラブツアーで知ったのだが、パンダは体質的には雑食でなにも笹だけしか食べられないということではないらしい。

よって、笹を食べてもほとんど消化せずに糞として出てしまうとのこと(実際に糞をさわって匂い嗅いでみたが笹の固形物だった・・)。

そして、複数のパンダをみてみて気づいたのだが、個々のパンダはかなり性格に差があって穏やかなパンダとか、サービス精神旺盛で活発なのとか、ひたすらだらだら寝転がっているのとか・・同じ両親から産まれているのにあの性格の差はどこから出てくるのだろう。

活発なパンダ
活発なパンダ
寝てばかりなのもいる
寝てばかりなのもいる

アドベンチャーワールド

ちなみに、パンダラブのときは活発な子だったので、サービスに前のめり感があって面白かった。

パンダラブツアーについては、5000円もするので家族連れには確かに大変な負担にはなるかと思うけれど、成都まで行って間近にパンダみるくらいなら、ここでお金払った方が・・という選択肢もある。しかし、僕みたいにここでパンダ愛に火がついて「成都に行かねば・・」となる場合もあるので注意が必要。

メシよこせーってやってるとこ
メシよこせーってやってるとこ
笹食べてる
笹食べてる
でも、すぐ寝転がって食べるんだよね・・腰悪いんだろうか
でも、すぐ寝転がって食べるんだよね・・腰悪いんだろうか
ぬいぐるみじゃないです、ホンモノです
ぬいぐるみじゃないです、ホンモノです
パンダラブはここで記念撮影できる
パンダラブはここで記念撮影できる

もう一点。食事については早めの行動がおすすめ。レストランを利用する場合には11時には食べておかないと11時半過ぎには満席で待つことになる。おすすめは、一番奥にある「サファリレストランJambo」。

トラカレー
トラカレー

サファリ感というよりファミレス感が強いのだが、結構かわいいランチをそれなりのお値段で出しているが、まあテーマパーク内で食べる食事としては無難で手頃じゃないかと思う。早めに入ればゆっくりできるし。

パンダ以外についてはほとんどなにも見ていないので、なんともいえないのだが、動物園としてもそこそこ有名だし、遊園地の機能も取りあえずあるので、1日中遊べるテーマパークだと思う。これが近ければもっと通うんだけれど、もし近い人は通った方がいいくらいおすすめしたい。

レッサーパンダももこもこしててかわいかった
レッサーパンダももこもこしててかわいかった

アドベンチャーワールド
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地
時間・休み:最新情報はウェブサイトにて確認してください

Related Post

千葉にあるバラの名所、谷津バラ園で存分にバラを浴びるほどみてきた... 関東圏においてバラの名所っていくつかあるみたいなのだけど、千葉の谷津というところにあるバラ園が相当に有名らしい。バラにそれほど思い入れがあるわけじゃないのだが、近くに蛍明舎という気になる喫茶店もあるので、ちょっと足を延ばしていってみることにした。 バラの見頃は春は5-6月、秋は10-11月くら...
割烹の宿 美鈴(尾鷲)に泊まってきた... アドベンチャーワールドから紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲に到着。遠かった・・。このコースを1日で巡ることはもうないな。 それはさておき、尾鷲で泊まったのは美鈴というオーベルジュ。 料理が有名な民宿で日本トップクラスとのこと。割烹料理が有名で、ご主人はか茂免出身、そしてあの祇園「丸山」のご...
さわやかのげんこつハンバーグは静岡のローカルフード... 浜松までやって来て、うなぎも食べずにこちらに住んでいる友人と行ったのは、郊外にあるファミリーレストラン。 外観も内装もファミリーレストランという感じなのだが、なんと友人はここを予約していて席をおさえていた。すごい人気なので予約しておかないと待ち時間があったりして面倒らしい。 店内はどう...
伊勢神宮での赤福は支店でいただくのがおすすめ... 伊勢神宮へ参拝にやってきて、食べるものといえば伊勢うどんと赤福ってことなんじゃないかと思う。 伊勢うどんについては、全然おすすめしないし僕はもう二度と食べたいと思わないのだが、赤福は結構好き。あのお団子は見た目は強烈に甘そうなのに、食べてみるとそれほどでもなく、夏場に食べても爽やかな余韻があっ...
安曇野屈指の観光スポットはわさび尽くし!「大王わさび農園」へ行ってきた... 大王わさび園というところは、安曇野を旅していると一度は必ず訪れるし、行くところに困ったらとりあえず行ってみるところという感じがある。そんなメジャーな観光地ではあるし、わさびだらけと思うかもしれない。しかし、意外にも黒澤明の映画ロケ地に使われていたりして美しい風景がある場所だったりする。今回久々に訪れ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です