潮岬灯台
潮岬灯台

アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。

僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。

そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適なドライブにならないのも予想外だった。

でも、通り過ぎる風景は抜群に美しいし、なにより規模の違いはあれど房総半島の雰囲気によく似ている。なんていうか町の構成というか、建物とかの配置とか、町がもっている空気感みたいなものが房総半島の南側によく似ている。

どうも、江戸時代とかに紀伊半島から漁師が遭難などによって房総半島に流れ着くケースがあったみたい。なので、白浜とか同じ地名もあるし、雰囲気もなんとなく似ているのだな。

潮岬灯台
潮岬灯台

房総半島でいう野島崎的な先端の潮岬は国道から少し離れているのだが、ちょっと立ち寄ってみた。灯台の雰囲気が犬吠埼にすごく似ている・・。

あちらは本州の東端だし、こちらは本州の南端であるという端感みたいなものがそうさせているのだろうか。すごくきれいな灯台で、270度くらいの視野で広がる海は圧倒的。ここが地の果てなんじゃないかと思ってしまう。

すごい余談だが、この近くを歩いているときに動きの軽い犬が横切ったと思ったらタヌキだった・・・。

潮岬
潮岬灯台からみえる太平洋

そのあと国道に戻って車を走らせていると岩がならぶ不思議な光景。

岩手の浄土ヶ浜みたいだと思って車をとめてみたのだが、橋杭岩という景勝地だった。パンダに気をとられすぎてそれ以外なにも調べてなかったからな。まさか、こんな面白い風景あったとは。ちなみに、ここには弘法大師の逸話が残っていて、ここの逸話はちょっとうっかりさんな感じだったな・・。

橋杭岩
橋杭岩

潮岬

天然マグロのメンチバーガー
天然マグロのメンチバーガー

橋杭岩のすぐ横には道の駅があって、トイレもきれいだし売店で食べるものも美味しいので立ち寄ってみるのがおすすめ。

とくに!天然マグロのメンチカツバーガーとか、ソフトクリームとか地元産の食材を使ったここならではのものがあったりして楽しい。

天気いい日なんかはのんびりするのもいいかも。

紀伊半島はこれ以外にもあれこれあるのだが、潮岬と橋杭岩ののどかさは楽しかった。

潮岬

Related Post

ゴールデンウィークの台湾旅2014 2014年のゴールデンウィークは昨年に続いての台湾旅行。今回は、台南と台中も行ってみて盛りだくさんの旅となった。 スクートで台湾へ 台湾へのフライトはいつものごとくスクートを利用。 間際になってのフライト変更などがあったりして急遽予定変更をしなければならなくなったりと、LCCの弱...
ヤンゴンからバガンへ夜行列車の旅 今回のミャンマー旅行で一番気になっていたのはヤンゴンからバガンまで夜行列車の旅。 日本では列車の旅というと、新幹線で単なる移動か、豪華寝台列車でセレブ旅という二極化がすすんでいる感じだが、ミャンマーはまだまだ旅情ある夜行列車の旅というものが味わえる。 ヤンゴン~バガン間の夜行列車は定時で...
源光庵のふたつの窓「迷いの窓」「悟りの窓」をみてきた... 京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。 ...
小布施散歩 小布施堂で朱雀をあじわうとともに、小布施を散歩してきたのでその記録。 早朝(というか深夜)に、家を出発して朝には小布施堂に到着。すでに何人か並んでいたが、無事に食べることができた。小布施堂の朱雀は究極のモンブランというよりも、究極の栗和菓子といったところで、これはこれで絶品の香り高さとおいしさ...
中之条ビエンナーレ2015 – 伊参エリア編... 中之条ビエンナーレで巡る里山の旅。四万温泉の東側にある伊参エリア編。この辺りは、伊参スタジオが有名なところだけど、今回は新たな廃校が増えていたのが、ビエンナーレとしてはいいのだろうけれど、地域としてはどうなんだろうって思うところ。 旧伊参小学校 旧伊参小学校にあった作品。なんかぞわぞ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください