潮岬灯台
潮岬灯台

アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。

僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。

そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適なドライブにならないのも予想外だった。

でも、通り過ぎる風景は抜群に美しいし、なにより規模の違いはあれど房総半島の雰囲気によく似ている。なんていうか町の構成というか、建物とかの配置とか、町がもっている空気感みたいなものが房総半島の南側によく似ている。

どうも、江戸時代とかに紀伊半島から漁師が遭難などによって房総半島に流れ着くケースがあったみたい。なので、白浜とか同じ地名もあるし、雰囲気もなんとなく似ているのだな。

潮岬灯台
潮岬灯台

房総半島でいう野島崎的な先端の潮岬は国道から少し離れているのだが、ちょっと立ち寄ってみた。灯台の雰囲気が犬吠埼にすごく似ている・・。

あちらは本州の東端だし、こちらは本州の南端であるという端感みたいなものがそうさせているのだろうか。すごくきれいな灯台で、270度くらいの視野で広がる海は圧倒的。ここが地の果てなんじゃないかと思ってしまう。

すごい余談だが、この近くを歩いているときに動きの軽い犬が横切ったと思ったらタヌキだった・・・。

潮岬
潮岬灯台からみえる太平洋

そのあと国道に戻って車を走らせていると岩がならぶ不思議な光景。

岩手の浄土ヶ浜みたいだと思って車をとめてみたのだが、橋杭岩という景勝地だった。パンダに気をとられすぎてそれ以外なにも調べてなかったからな。まさか、こんな面白い風景あったとは。ちなみに、ここには弘法大師の逸話が残っていて、ここの逸話はちょっとうっかりさんな感じだったな・・。

橋杭岩
橋杭岩

潮岬

天然マグロのメンチバーガー
天然マグロのメンチバーガー

橋杭岩のすぐ横には道の駅があって、トイレもきれいだし売店で食べるものも美味しいので立ち寄ってみるのがおすすめ。

とくに!天然マグロのメンチカツバーガーとか、ソフトクリームとか地元産の食材を使ったここならではのものがあったりして楽しい。

天気いい日なんかはのんびりするのもいいかも。

紀伊半島はこれ以外にもあれこれあるのだが、潮岬と橋杭岩ののどかさは楽しかった。

潮岬

Related Post

中之条ビエンナーレ2015 – 四万温泉エリア編... 積善館 2015年の中之条ビエンナーレ。四万温泉にやって来た。 以前のビエンナーレでは積善館のなかまで開放していて結構楽しかったのだが、いまは入口にある小さな建物くらいで、ちょっと規模が小さくなっちゃったなというところ。 しかし、「千と千尋の神隠し」のモデルを自称するだけあって趣...
旧朝倉家住宅で紅葉を楽しむ 都心で紅葉を楽しむということで、穴場的な存在なのが代官山にある旧朝倉家住宅。 もう去年のことになるけれど・・行ってきたので記録しておく。訪れたのは12月初旬で、紅葉は終わりかけていたのだけど、それでも平日は静かで人も少ないし、もともと静かな代官山の街の中でもひときわ落ち着いている。 &n...
川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...
まさに「秋はもみじの永観堂」という必見の豪華さ... 南禅寺から10分くらい歩いて行くと禅林寺という名前が本来の呼称だが、永観堂の通称で知られているお寺にやってくる。ここは「秋はもみじの永観堂」として有名なお寺らしい。僕はもともと京都にすごく詳しいわけではないが、ここには初めてきた。 拝観料は特別展だか特別期間とかで1,000円(2017年現在)...
下町お花見のんびり散歩「あらかわ遊園」へ行ってきた... 小石川植物園と同じくらい「東京にこんな場所があったんだ」と思ったのが荒川区にある「あらかわ遊園」。区営の遊園地で夕方には閉まっちゃうのだが、ふるきよき遊園地の雰囲気があり、そして入園料も安くて観覧車とか結構楽しい。浅草の「花やしき」がさらにアットホームになったかのようだ。住宅地の真ん中にこんなところ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください