潮岬灯台
潮岬灯台

アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。

僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。

そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適なドライブにならないのも予想外だった。

でも、通り過ぎる風景は抜群に美しいし、なにより規模の違いはあれど房総半島の雰囲気によく似ている。なんていうか町の構成というか、建物とかの配置とか、町がもっている空気感みたいなものが房総半島の南側によく似ている。

どうも、江戸時代とかに紀伊半島から漁師が遭難などによって房総半島に流れ着くケースがあったみたい。なので、白浜とか同じ地名もあるし、雰囲気もなんとなく似ているのだな。

潮岬灯台
潮岬灯台

房総半島でいう野島崎的な先端の潮岬は国道から少し離れているのだが、ちょっと立ち寄ってみた。灯台の雰囲気が犬吠埼にすごく似ている・・。

あちらは本州の東端だし、こちらは本州の南端であるという端感みたいなものがそうさせているのだろうか。すごくきれいな灯台で、270度くらいの視野で広がる海は圧倒的。ここが地の果てなんじゃないかと思ってしまう。

すごい余談だが、この近くを歩いているときに動きの軽い犬が横切ったと思ったらタヌキだった・・・。

潮岬
潮岬灯台からみえる太平洋

そのあと国道に戻って車を走らせていると岩がならぶ不思議な光景。

岩手の浄土ヶ浜みたいだと思って車をとめてみたのだが、橋杭岩という景勝地だった。パンダに気をとられすぎてそれ以外なにも調べてなかったからな。まさか、こんな面白い風景あったとは。ちなみに、ここには弘法大師の逸話が残っていて、ここの逸話はちょっとうっかりさんな感じだったな・・。

橋杭岩
橋杭岩

潮岬

天然マグロのメンチバーガー
天然マグロのメンチバーガー

橋杭岩のすぐ横には道の駅があって、トイレもきれいだし売店で食べるものも美味しいので立ち寄ってみるのがおすすめ。

とくに!天然マグロのメンチカツバーガーとか、ソフトクリームとか地元産の食材を使ったここならではのものがあったりして楽しい。

天気いい日なんかはのんびりするのもいいかも。

紀伊半島はこれ以外にもあれこれあるのだが、潮岬と橋杭岩ののどかさは楽しかった。

潮岬

Related Post

庄内の豊かさを実感する「山居倉庫」... 酒田市における観光スポットの目玉のひとつが、この山居倉庫。江戸末期から20世紀初頭にかけて建てられていて、いまだに現役で使われている。倉庫のうち西日があたる部分にはケヤキが植えられていて、そのケヤキ並木はフォトジェニックな散歩コースとなっている。ちなみに、この並木道で倉庫と反対側は普通の住宅地なんだ...
ヴァンクリーフ&アーペルのプロジェクションマッピングをみてきた... 去る2013年12月11日、12日の2日間、恵比寿にあるジョエル・ロブションの建物を利用したプロジェクションマッピングが上映されていたのでみてきた。 クリスマスシーズンだったこともあり、ロブションがある恵比寿ガーデンプレイスも巨大なツリーやイルミネーションの並木道があってかなり煌びやかな雰囲気...
姨捨駅から眺める善光寺平の夜景(そして翌朝も訪れた)。... 冬に通った松本から長野までの篠ノ井線。途中でとおった姨捨駅からの風景は「日本三大車窓」というだけあって雄大で美しいものだった。 前回の旅:篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅 今回は青春18きっぷも使えることだし、ちょっと夜景を見てみようではないかと、松本から姨捨まで...
山居倉庫は酒田のシンボル的な存在、必見の建物... 以前に書いたブログでは、山居倉庫に行くには午後がよいと思うって書いていたのを思い出した。 しかし今回、朝に行ってみて樹齢150年を越えるケヤキ並木は朝に行くとものすごく気持ちいいなと感じた。なので、山居倉庫に行くには朝のうちか午後からがおすすめってことにしたい。でも、朝の方が気持ちよかったな。...
羽田発のLCCで行き、Airbnbに泊まる週末香港旅... 近未来な羽田空港 羽田発のLCCである、香港エクスプレスでのフライトを使って週末の土日で香港へ行ってきた。これだと有給を消化することなく、土曜日の朝から日曜日の夕方までみっちりと旅を満喫できる。 それでいて、航空代金は燃油とか税金いれても、東京から関西へ行くより安くなるというのはすごい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください