パワースポットのことはよくわからないのだが、伊勢という土地にはなにかこうパワーのようなものがあると思う。

とくに、伊勢神宮の前にひろがる禍々しい参道の賑わいと、そこから橋を渡ると突然の圧倒的な自然と静かで怜悧な雰囲気のコントラストは人のもってる二面性を現しているんじゃないだろうか。きっと昔のお伊勢参りの頃からこの光景は続いていたんだろうな。

今回は外宮には行けず、内宮のみを参拝した。駐車場については伊勢神宮の門のすぐ横の駐車場もあるけれど、僕としては参道道をふらふら歩いていくのが好きなので第三駐車場とかの方が好き。

通りをひやかして、伊勢うどんの看板をみて「あれはもう決して食べるまい」と思ったり。

伊勢神宮の入口のあの橋を渡ると、僕としては気分をリセットして、圧倒的な自然と対峙していた古代に思いを馳せつつ僕らの祖先のやっていた形式美にふれるわけだが、すごい不思議な感覚がある。

とはいえ、それだけ自然や外的な脅威が大きいものだったから同じくそれに対するように神様への心遣いのようなものもすごい感じる。これがパワースポットたるものなのかも。

なので、いま僕らがここでこうして参拝できていることは感謝に値することなのだが、お参りしている家族連れなんかが「ほら、ちゃんと受験に合格するようにお祈りした?」とかやっているとちょっとせつない気持ちになる。

たぶんだけど、ここはそういう実利的な話をする場所じゃなくて、目に見えないモノに対して考える場所じゃないかって気がする。

パワースポットのことはよくわからないけれど、この場所のもっている目に見えない力って、そういうように気持ちをリセットして俯瞰的になれることなんじゃないかな。

Related Post

週末台北弾丸ツアー2016年夏編 この旅のきっかけは、4月に行った台北旅行だった。どこかのレストランでご飯食べながら、土日で台北を旅してきたという話しをしていて「そんなことができるなんてずるい!」みたいなことになり、その場でまた行くかということで台北の旅行を手配。そして、本当に行くことになった。 2016年になって2度目の台北...
言葉で尽くせない猫パラダイス、台北の猫村を散歩... 猫を売りにした町って、日本では宮城の田代島とか広島の尾道とか、世界に目をむけるとギリシアのサントリーニ島とか・・いろいろあるのだけれど、ここ台北郊外の侯硐の猫パラダイス度合いっていうのは、これはもう世界で戦えるレベルだと思う。 もともとは炭鉱の町で古い寂れた町だったのだけど、きっとたま...
ハノイ トランジット旅 ルアンパバンへの旅のついでにトランジットでハノイをちょこっと旅してきた。 朝について深夜に出発するようなスケジュールなので、本当にちょこっとした旅だったのだが、ひさびさのハノイはホーチミン・シティに比べて落ち着いたいい街だなあというところ。 ただし、空港から街までは遠いのが難点。そして、...
篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...
埼玉の地下神殿、那須の紅葉。 じつは去年も観に行ってきたのだけど、なぜか地下神殿にいる間はカメラが壊れていて、まったく写真が残っていなかった。地上に戻ったら直っていて、家に帰って写真がないことに気がついた。 結構ショックな出来事だったのだが、地下神殿にまたやって来る理由ができたというものだ。地下神殿とはいうものの、実際には...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください