伊勢神宮へ参拝にやってきて、食べるものといえば伊勢うどんと赤福ってことなんじゃないかと思う。

伊勢うどんについては、全然おすすめしないし僕はもう二度と食べたいと思わないのだが、赤福は結構好き。あのお団子は見た目は強烈に甘そうなのに、食べてみるとそれほどでもなく、夏場に食べても爽やかな余韻があって好き。

赤福 本店
赤福 本店
赤福 五十鈴川支店
赤福 五十鈴川支店

とくに、夏場は赤福氷といって、抹茶のかき氷のなかに赤福が入っていて、そのお団子が冷たいのに、どうやってこんなもちもちの状態にできるんだろうって不思議に思ってしまうほど。

ということで、その赤福をどこで食べるかってことなのだが、本店については大混雑でのんびり食べることも出来ない。なので、僕は市営駐車場の方にある五十鈴川支店という方で食べた。

お店の作りは本店に似ていて、ござがひかれた店内とか風が通って気持ちがいい。日本の正しい夏の日を過ごしているなって気分になる。

赤福

 

そして、本店と違って人もすくなくて静かでのんびりできる。並ぶことなんてないし、ゆっくり自分のペースで食べられる。食べたあとも、ゆっくり休めるし、それでいて気持ちのいい空間。本店で食べる理由はもはや見つからないのだが。

伊勢の雰囲気がありつつゆっくり赤福を楽しむには支店の方がおすすめです。

赤福 五十鈴川支店
住所:伊勢市宇治浦田1丁目11-5
時間・休みはWEBサイトで確認してください。

Related Post

プノンペンでの朝食はここ!Khemaでの朝食は美味しいパンがありおすすめ... Pavilionの朝食も悪くないのだが、プノンペンでもっとも美味しい朝食とパンはここにあるんじゃないかと思う。 パスツール通りから少し入ったところにあるKhemaはフランスのカフェっぽい作りで一見すると敷居が高そうにも見えるけどドレスコードもなくてカジュアルなレストラン。値段も手頃なのでおすす...
いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
台北之家 – 古い建物を利用した複合商業施設... 台北の下町風なところとおしゃれなところがうまく融合した街だなと思っている中山区エリアにある複合商業施設「台北之家光点台北」。もともとアメリカ大使館邸だったものを改装した建物だそうで、入り口の門から建物までのスロープや建物の全体的な雰囲気を含めてとても趣がある。建物を観にいくだけでも価値がある。 ...
浅草浪花家は「鯛焼き」だけじゃもったいないかき氷の名店... 夏になれば食べたくなるのがかき氷。おしゃれだったり、素材にこだわったりしている「クラフトかき氷」みたいなものも増えてきている。 そのなかで、シンプルな昔ながらなかき氷を出してくれるのが浅草にある「浅草浪花家」だと思う。ここは鯛焼きも絶品なので、アツアツと冷え冷えをどちらも楽しみたい。 浅草浪...
一二三亭(高雄)で昔の日本の雰囲気を知る... 台南第二の都市である高雄の街は台北の小型版みたいな感じで、街中ではあまり印象が残るようなところがなかった。 そんななかで、高雄の港に近いエリアは独特のゆったりとした世界が流れていて見どころの多い、高雄の街では数少ない印象に残る場所。 そんな港の近くにある一二三亭は昔の日本統治時代に料亭と...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください