伊勢神宮とならび、フォトジェニックな神社ですごく好きなのが二見浦にある二見興玉神社。車で行くと、海岸沿いに駐車場があるので、そこで停める場所をなんとかみつけてアクセスできる。

海岸沿いの神社でちょっとした散歩道としても気持ちがいい。ここで祀られている神様のつかいはカエルとのことで、境内のあちこちにカエルがいてかわいい。カエル好きにはたまらないだろう・・たぶん。

もうひとつ、海岸からすぐのところにある夫婦岩はすごくフォトジェニックなので好きなポイントなのです。晴れた日も気持ちがいいし、雨降ったりしていても雰囲気あって結構好き。

二見浦

行った日はすごくよく晴れていて、夏の終わりの空気が気持ちよかった。しかし、遠くの方では空がふたつにわかれていて、片側では曇りなのか太陽の加減なのか・・という不思議な光景がみられた。僕がいた側では美しく気持ちのよい風がふいていたのだけど。

二見浦 しかし、僕の独断による感覚なのだけど、ここはなんだか美しく正しい空気に満ちている感じがしてすごく居心地がいい。伊勢神宮とセットでいくなら、この二見興玉神社はおすすめしたい。

それにしても、伊勢神宮もそうだし、僕がよくいく香取神宮などもすごい立派だけど境内入るのに拝観料とかとらないのがいいよなって思う。京都の寺院でよくあるアレはなんなんだろう。まあ、拝観料とりたくなる気持ちはわからないでもないが。

二見浦

二見興玉神社
住所:三重県伊勢市二見町江575

Related Post

中之条ビエンナーレ2013(六合編) 季節はすっかり秋めいてきて、芸術の秋っていう雰囲気。 ということにつられてってことではないのだが、群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観に行ってきた。僕のなかでは、数ある地方芸術祭のなかでは最も好きなもののひとつ。 美しい秋の里山風景とともにホスピタリティを感じ...
独立記念塔で日曜日の夕方を過ごす いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。 そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思...
「たくさんの失われた窓のために」越後妻有、大地の芸術祭... 越後妻有で3年に一度行われるトリエンナーレとは別に毎年夏に小規模ながら大地の芸術祭を開催している。そして、この夏で「再構築」という僕の好きな作品が公開終了するということもあり、この夏も越後妻有へと行ってきた。 早朝に家をでて、まずやってきたのは「たくさんの失われた窓のために」という作品。越後湯...
星峠でみた夜明け 前から気になっていた星峠で夜明けをみてきた。 アクセスは松代の奥の方なので、泊まっていたベルナティオからだと、車で1時間近くかかる。はっきりいってすごく遠い。夜明け前にホテルを出発するときには、なんで大変な思いして行くんだろうかと自問自答したりもしたが、星峠からみえる景色をみたらそんなこと忘れ...
アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください