今回の旅では伊勢から友人の住んでいる浜松まで移動する必要があり、高速道路という選択肢もあったのだが迷わず伊勢湾フェリーを選んで旅することにした。

フェリー理由としては、むかしのお伊勢参りでもこのルートが使われいたこと、そしてそもそも僕が船旅が好きだということ。船旅とはいっても、客船でいく半ば船に滞在することが目的の旅というのではなくて、去年の瀬戸内海での旅などでもそうだけど、移動のための船旅というのが好き。

日常のなかで突然大自然が飛び込んできてものすごい優雅な気分になるんだけど、やがてまたすぐ日常にもどるっていう、この不思議な感覚を愛しているのだと思う。

伊勢湾フェリーは鳥羽港と伊良湖港を55分で結んでいる。車でフェリーに乗り込むことや、待ち時間なども考えると高速道路で行った方がはやいのだろうけど、そんな誤差みたいな時間を競う必要もなかろうって思える。なにせハンドルから手を離して思う存分に風景の空気のなかへ身を投じられるのが気持ちいい。

フェリー

このフェリーでは通常客室ではなく、追加料金払って特別室へ行くことをためらってはいけないと思っている。何故ならば、特別客室の方が静かだし、ゆったりしているし、外に出られるスペースが多いから。トイレもきれいだし大した金額じゃないんで特別室をおすすめしたい。

鳥羽から伊良湖港への旅は、鳥羽の賑やかさに反して伊良湖港の静かさの対比がすごく印象的。フェリーでの旅ってこういうくっきりした土地のコントラストが強いところが多くて、東京湾フェリーの浜金谷と横須賀なんかを思い出す。

いまにして思えば鳥羽で水族館行ってもよかったかなとも思ったりするのだが、それもセットでこのフェリー旅という非日常な感じはおすすめです。

なんかどうも存亡の危機にあるらしく、たしかに結構空いていた。車でぎりぎりについてもフェリーに乗り込めたりしたので、ぜひ使ってみて欲しい。

伊勢湾フェリー

Related Post

鞆の浦から直島までの移動について 瀬戸内海旅行のなかで、鞆の浦から香川の直島まで移動したのでその記録。朝7時半過ぎに出て、直島についたのはお昼13時過ぎ。はっきりいって結構遠いので、あまりおすすめするコースでもなかったのだが・・。 移動ルートは、鞆の浦から福山駅まではバス、福山から岡山までは新幹線、岡山から宇野まではJRのロー...
時間を忘れて香港をクルージング – スターフェリー乗船記... 香港島の中環と九龍半島の尖沙咀の間を、100年以上にわたり運航してきた歴史ある航路。1970年代には沢木耕太郎も「優雅な航海」と表現している。 香港島と九龍の間はいまでは高速道路のトンネルもあるし、地下鉄も通っていて、この航路よりも便利になっている。 それでもこの航路には観光客だけじゃな...
伊勢神宮への参拝 パワースポットのことはよくわからないのだが、伊勢という土地にはなにかこうパワーのようなものがあると思う。 とくに、伊勢神宮の前にひろがる禍々しい参道の賑わいと、そこから橋を渡ると突然の圧倒的な自然と静かで怜悧な雰囲気のコントラストは人のもってる二面性を現しているんじゃないだろうか。きっと昔のお...
伊勢神宮での赤福は支店でいただくのがおすすめ... 伊勢神宮へ参拝にやってきて、食べるものといえば伊勢うどんと赤福ってことなんじゃないかと思う。 伊勢うどんについては、全然おすすめしないし僕はもう二度と食べたいと思わないのだが、赤福は結構好き。あのお団子は見た目は強烈に甘そうなのに、食べてみるとそれほどでもなく、夏場に食べても爽やかな余韻があっ...
東京水上バスに乗ってビールを飲みながら浅草までのクルーズ旅... 新橋・汐留あたりから浅草までの移動って、地下鉄を使えば20分くらいで行けてしまう距離なのだけど、そこをあえて「わざわざ」ゆりかもめで日の出桟橋まで行き、そこから水上バスで向かう小旅行というのもなかなかいいものなのです・・・、ということを、Instagramでフォローしている @akaballoon ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください