浜松で泊まって翌日は、ついに掛川花鳥園に行くことができた。

東名高速道路の掛川インターから結構近いところにあるのだが、電車で行っても駅から徒歩20分くらいみたい。

ごく普通の郊外型な感じのエリアに突然に下の写真にある屋敷みたいな建物があって、それが掛川花鳥園。なんかすごい仰々しいテーマパークだな。

入口
入口
花であふれている
花であふれている

掛川花鳥園とは、花に囲まれた巨大な温室のなかで鳥が放し飼いにされていて、そこで餌やりをしてみたり、フクロウなどの猛禽類もいたりして限定的ではあるけれど彼らとふれあうこともできるという鳥類、猛禽類好きにはこれ以上ないあこがれの場所なのです。

近所にあるフクロウカフェで、週末には猛禽類とふれあっている僕としては、ついに大物とのふれあいができるんじゃないかとテンションあがる。

フクロウ、あたまよさげ
フクロウ、あたまよさげ

で、結論としては、ふれあい度合いでいうと、うちの近所のカフェにいるフクロウたちのあの「されるがまま」の人慣れは驚愕に値するものなのだなと改めて思った。

うちの近所のフクロウカフェのは、羽根のところをなでたりすると猫みたいに喜んだりするのだが、僕としてはこんなユルいフクロウって・・とかいう感じだもの。

それに比べると、ここのはまだ壁があるな。しかし、ここにいるフクロウは種類も数も多いし、これはこれで楽しいしすごい。

フクロウって本当アタマ良さそうで知恵の象徴として表されるのもなんとなくわかる。目がくりっとしててかわいいし、好みのタイプだな。うん。

フクロウショーはぜひ最前列にいって、彼ら(彼女ら)のすごさを感じてみて欲しい。

かなりフレンドリーな鳥たち
かなりフレンドリーな鳥たち

掛川花鳥園掛川花鳥園

鳥たちへの餌やりについては、えさ箱に小銭をいれて購入するのだけど、これはついついあげたくなっちゃうので、お得なチケットをまとめ買いしてしまった方がいいと思う。

鳥によってあげる餌が違うのだけど、チケットはどのえさ箱でも利用ができる。

巨大な温室のなかを色鮮やかな鳥たちが滑るように飛んでいく姿は美しく、見ていて飽きることがないし、日本にこんなところがあったのかと不思議な気分になる。

それほど大きなテーマパークということはないのだが、気づくと半日以上経っていたりするので、時間に余裕をみて来るのがいいんじゃないかと思う。

掛川花鳥園
住所:静岡県掛川市南西郷1517
時間:9:00 – 16:30(土日祝日繁忙期は17:00)

Related Post

掛川の「いも汁処本丸」で自然薯を食べる... お店の外観 掛川花鳥園でフクロウとか色鮮やかな鳥たちと心ゆくまでふれあって、ものすごいお腹空いてしまった。 掛川花鳥園でランチを食べるという選択にはどうにもならなかったので、ちょっと地図を検索してきてみたのは花鳥園から車で数分のところにある「いも汁処本丸」というお店。 お店の雰囲...
割烹の宿 美鈴(尾鷲)に泊まってきた... アドベンチャーワールドから紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲に到着。遠かった・・。このコースを1日で巡ることはもうないな。 それはさておき、尾鷲で泊まったのは美鈴というオーベルジュ。 料理が有名な民宿で日本トップクラスとのこと。割烹料理が有名で、ご主人はか茂免出身、そしてあの祇園「丸山」のご...
鬼平江戸処はパーキングエリアの枠を越えたグルメスポット... 今回の東北旅でちょっと早めに戻ってきた理由は東北自動車道の羽生パーキングエリアにある鬼平江戸処へ来てみたかったから。 池波正太郎の「鬼平犯科帳」の世界観をテーマにしたスポットになっていて、規模は小さいながらもかなり楽しいテーマパークみたいなところになっている。駐車場に車をとめて江戸の街並みの雰...
安曇野屈指の観光スポットはわさび尽くし!「大王わさび農園」へ行ってきた... 大王わさび園というところは、安曇野を旅していると一度は必ず訪れるし、行くところに困ったらとりあえず行ってみるところという感じがある。そんなメジャーな観光地ではあるし、わさびだらけと思うかもしれない。しかし、意外にも黒澤明の映画ロケ地に使われていたりして美しい風景がある場所だったりする。今回久々に訪れ...
「炭焼うなぎ 加茂」で食べる関西焼きな絶品の鰻... 今回のテーマは浜松方面に行くのであれば、うなぎを食べるということ。この前、台北に行ったときに帰りのピーチで食べた近大ナマズのうなぎ風が衝撃の「うなぎじゃない」感だったので、よりうなぎへの欲望が増したような気がする。 前回、浜松に来たときには「鰻もいいけれど、さわやかのハンバーグが気になる!」と...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です