日本にある美術館でもっとも好きなところのひとつ。春から夏にかけて定期的に訪れているのは、沼津にあるクレマチスの丘というところ。

ここは、スルガ銀行を作ったいくつかの美術館が集まっていて、とくにクレマチスが咲く春~夏は通り過ぎる風すら美しく香っているかのようで居心地がよくて好きな場所。沼津って漁港で魚食べるだけが観光じゃなくて、こんな素敵な場所もあるのです。

敷地内にあるレストランもすごく好きなのだが、今回はちょっとパスして美術館をみてまわることした。行ったのは、クレマチスガーデンが併設されているヴァンジ彫刻庭園美術館と、そこから少し離れたところにあるベルナール・ビュフェ美術館。

クレマチスの丘についたときは、夕方前でまだ太陽は高いところにいたのに、ちょっと涼しさを感じる空気は秋の気配がした。空もくっきりした夏の色じゃなくて、淡い青磁色の秋の空で、もう秋が近いのだなと感じてしまい、とくに理由はないけれど、なんとなくさびしい気持ちになる。

ヴァンジ彫刻庭園美術館のエントランス
ヴァンジ彫刻庭園美術館のエントランス
壁をよじ登る男
壁をよじ登る男

ヴァンジ美術館は彫刻がメインになっていて、かなりゆったりとした空間のところどころに作品が置かれている。

途中で作りやめたかのような、これから石から産まれてくる途中のような作品もあったりして、彫刻という表現方法の不思議さを感じる。

あんな鉱物から、こんなになめらかで艶っぽいものが産まれてくるなんて。

クレマチスガーデンについては、すでにクレマチスの花の盛りは過ぎているのだけど、それでも美しい庭園は芝生の弾力を感じて歩くだけでも気持ちがいい。なんども書くけれど、こんな場所があるのだなあ・・って思ってしまう。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
ヴァンジ彫刻庭園美術館
ヴァンジ彫刻庭園美術館
ヴァンジ彫刻庭園美術館

ヴァンジ彫刻庭園美術館から歩いて10分くらいのところに、ベルナール・ビュフェ美術館がある。

ビュフェは生前のうちに成功した芸術家で日本への来日経験もあるのだが、この場所にこんな大きな専門美術館があって大量の作品をみることができるのがすごい。

ベルナール・ビュフェ美術館
ベルナール・ビュフェ美術館

僕としては初期と後期の陰鬱とした(ように思えてしまう)雰囲気の作品はあまり好きになれない部分はあるのだが、全盛期のちょっとシニカルでシンプルなタッチの作品群はおしゃれで、いかにもフランス的な感じが好きだったりする。

由比パーキングエリアからの風景
由比パーキングエリアからの風景

そして、富嶽三十六景の特別展をやっていて、ちょうどここへ来るときにみた由比パーキングエリアからみた景色が富嶽三十六景の由比の景色と同じで、改めてびっくりする。

僕がみたときには富士山は雲に隠れていたけれど、すごい景色のシンクロがあって時間が飛ぶような面白さがあった。

それにしても、絵画に何千万円もかけたり、プレミアがつくというのはもはや絵のもっているパワーじゃなくて、お金の流れのバランスをみた投機的なものだったりするのが不思議な感じがしている。

しかし、それでも。アーティストという社会的な貢献ではなく、自分の命を削るかのように表現をしているものに対して、みんなが価値をつけてアーティストもふくめた社会をつくっているというのは人間がもっている美しい特色のひとつなのかもしれないな。

クレマチスの丘
住所:静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1

Related Post

VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
美しい森の奥に神秘的な池がある – 龍ヶ窪... 津南の奥の方にあるのは知っていて、その水の美味しさから気になっていた龍ヶ窪へ行ってみた。 津南の市街地からだとクルマで10分くらいだろうか。それほど奥地というわけでもない感じ。意外に開けているなっていう場所にあった。駐車場も整備されていて、協力費を支払う必要がある。 ゴールデンウィーク...
幕張の「さくら広場」は本当の意味でのお花見ができる場所... 幕張にある桜だらけのちょっと変わった公園。パナソニックが運営をしており、2006年に開園して今年で10周年。 ゆっくりとした時間を過ごせるいい場所なので気に入っているところ。なにより、園内では食事、飲酒、喫煙が禁止されているので、変なのがいないし煙草の煙もないのがいい。 ...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...
棚田の夜祭り(鴨川)をみてきた 会場で食べる地元の味も楽しみのひとつ 去年訪れてすごく寒かったけれど、すごく美しい風景が心に残った棚田の夜祭りを今年もみてきた(去年のイベントはこちら)。 去年は台風で順延となってしまったので11月のもう寒い時期に行われたのだけど、今年は例年通り10月末に行われた。 場所は千葉の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.